20世紀、オランダのモダン・デザインは、社会的な影響力をもって世界中の人々に受け入れられてきました。中でもオランダ、ユトレヒトが生んだモダニズムを代表する建築家ヘリット・トーマス・リートフェルトと、「ミッフィー(うさこちゃん)」の生みの親として知られるディック・ブルーナ。そして、サナトリウムに療養する患者を指導し、玩具「ADO(アド)」を生み出したコー・フェルズー。彼らはその代表的デザイナーと言えるでしょう。本展では、オランダの歴史や風土に育まれた、偉大な三者による作品を通して、現代人の思想や生活スタイルに今なお大きな影響を与え続けるオランダ・モダン・デザインの精髄に迫ります。

会期

2016年12月2日(金)~2017年1月22日(日)

開館時間

10:00~19:00 ※金曜日・土曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで) ※初日12/2(金)は14:00開場

休展日

2016年12月19日(月)、2017年1月10日(火) ※コレクション展は開展

観覧料

当日券:一般 ¥1,000 大学生・高校生 ¥800 前売/団体券:一般 ¥800 大学生・高校生 ¥600 ・団体料金は20名以上 ・中学生以下は無料 ・大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料(同伴者1名半額)、TAKASAGO無料、UME団体料金 ・障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料 ・学生の方は入館の際、学生証をご提示ください。 ・本展観覧券の半券で、本展の会期中に限りコレクション展も併せてご覧いただけます。 ・前売券販売期間:2016年12月1日(木)まで

チケット(前売券・当日券)販売場所

大分県立美術館、iichiko総合文化センター 1F インフォメーション、トキハ会館 3F プレイガイド、中央町プレイガイド、ヱトウ南海堂、大分市府内五番街商店街振興組合、大分フォーラス 1F ACID GALLERY、大分県芸術文化振興会議、ローソンチケット(Lコード:83822)、チケットぴあ(Pコード:767-978)

主催者

大分県立美術館、公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団

共 催

大分合同新聞社

後 援

オランダ王国大使館、大分県、大分県教育委員会、大分県芸術文化振興会議、西日本新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、エフエム大分、OCT大分ケーブルテレコム

企画協力

セントラル・ミュージアム・ユトレヒト

特別協力

CODA ミュージアム、大阪新美術館建設準備室、KLMオランダ航空

協 力

株式会社ディック・ブルーナ・ジャパン、Mercis bv、株式会社福音館書店、グリーンポイント株式会社、全日本空輸株式会社

助 成

一般財団法人地域創造

お問合せ先

大分県立美術館 Tel: 097-533-4500