友だち追加

2018年大阪で開催される子連れで行きやすい夏祭り&縁日10選!

シェアする

夏といえば、お祭りに縁日。

夏祭りは気分を盛り上がらせ、暑さなんて吹き飛ばしてくれます。

暑くなりすぎた時は屋台のかき氷で涼んで一休み。

素敵な夏の思い出になりますね。

そこで今回は、大阪で開催される子連れで行きやすい夏祭り&縁日のおすすめを紹介します。

大阪のお祭り

東の東京に並ぶ西最大の都である大阪は、独特の文化や伝統を数多く伝えており、伝統的なお祭りも多数存在します。

エネルギッシュなお祭りから、風情と趣きが残るお祭りまで、どれも子どもの心に残る体験になるお祭りばかりです。

子どもを成長させてくれる貴重な経験になることでしょう。

1. 住吉祭

大阪最後の夏祭りを締めくくる住吉祭は、大阪中をお祓いする「お清め」の意義があると言われている盛大なお祭りです。

神輿を担いでの「神輿渡御」はとてもエネルギッシュで、子どもも興奮しながら楽しく見ることができます。

茅の輪(草で作られた大きな輪)をくぐることで病気や災いから守ってくれるという行事「茅の輪くぐり」も行われます。

一般市民も行列に参加することができるので、ぜひ親子で体験して下さい。

子どもに貴重な体験をさせることができます。

【住所】
住吉大社
大阪市住吉区住吉2丁目9-89
【日程】
7月30日(月)~8月1日(水)
【問い合わせ】
06-6672-0753
【アクセス】

[車]阪神高速15号堺線「玉出」出口より約10分 阪神高速道路4号湾岸線「大浜」出口より約20分[公共交通]南海本線住吉大社駅から徒歩3分 南海高野線住吉東駅から徒歩5分 阪堺線住吉鳥居前駅から徒歩すぐ

2. 吹田まつり

模擬店の他、イベントが盛りだくさんの夏祭りです。

特におすすめは、本祭りで行われる「吹田スプラッシュパーティー」です。

一般客も自由に参加することができる水かけイベントです。

みんなでびしょびしょになって涼しくなりましょう。

水遊びが大好きな子どもも大盛り上がりです。濡れても大丈夫なように着替えを用意して参加して下さいね。

【住所】
前夜祭 江坂会場:江坂公園、前夜祭 千里南会場:千里南公園、本祭り:JR吹田駅周辺一帯
大阪府吹田市朝日町
【日程】
7月28日(土)・29日(日)
【開催時間】
14:00~21:00
【問い合わせ】
06-6384-2145
【アクセス】
地下鉄御堂筋線「江坂」駅 徒歩約3分、阪急「南千里」駅 徒歩約5分、JR「吹田」駅 すぐ

3. だいがく祭り

「だいがく」とはやぐらの上に79個の提灯をつるした柱を立てたもののことです。

そのだいがくに因んだお祭りです。

だいがく担ぎ・だいがく音頭・だいがく踊りのほか、枕太鼓巡行、獅子舞巡行、神輿渡御式などが賑やかに行われます。

会場内にはたくさんの屋台も並んでいるので、子どもは大喜びします。

音頭に合わせて鈴の音を鳴らしながら広場を歩くだいがく担ぎは大迫力。

迫力の光景は子どもにも忘れられない景色になるはずです。

【住所】
生根神社
大阪府大阪市西成区玉出西2-1-10
【日程】
7月24日(月),7月25日(火)
【開催時間】
本祭 13時~神輿渡御式、夕方~だいがく踊り奉納/両日19時半~だいがく担ぎ奉納、だいがく音頭奉納、だいがく福笹授与
【問い合わせ】
06-6659-2821
【アクセス】
地下鉄四つ橋線「玉出」駅1番出口より3分 南海本線「岸里玉出」駅玉出方面出口より3分

4. 星愛七夕まつり

毎年7月7日に行われる、星愛七夕祭り。

境内には商店街有志による夜店が並び、七夕パレードなどの多彩なステージイベントが開催され、とても賑やかな催しとなっています。

メインは茅の輪をくぐるイベント。

諸願成就や恋愛成就などを願いながら、7つの輪をくぐっていきます。

厳かでファンタジック雰囲気の中で行われ、子どもも楽しめるイベントです。

【住所】
大阪天満宮
大阪府大阪市北区天神橋2丁目1番8号
【日程】
7月7日
【開催時間】
16:00~21:00
【アクセス】
JR大阪天満宮駅/地下鉄南森町駅から徒歩5分
【問い合わせ】
06-6353-0025

5. 玉造稲荷神社 夏祭り

地域の人たちが多数集まる夏祭りです。

元気な子どもたちが練り歩く、こどもみこしは見るだけで元気をもらえます。

無料で食べることができる、なにわの伝統野菜を使用した「くろもん寿司」は、海鮮のお寿司に食べなれた子どもでも美味しく食べることができます。

芸人さんと一緒に楽しむビンゴゲームは、子どもと一緒に参加すれば親子で盛り上がりますね。

【住所】
玉造稲荷神社
大阪市中央区玉造2-3-8
【日程】
7月15日(日)、16日(月)
【問い合わせ】
06-6941-3821
【アクセス】
JR「玉造」駅徒歩9分

6. 道明寺天満宮 天神まつり

無病息災・五穀豊穣・家業繁栄を祈って開催される夏祭りです。

地域を練り歩く神輿や花車の姿は、とっても雄大で圧巻。

姿を見た子どもは圧倒されて興奮すること間違いなしです。

子ども神輿・ギャル神輿など、他のお祭りにはない神輿もあり、見ているだけで楽しくなるお祭りです。

出店も豊富なので、親子一緒に目も舌も楽しむことができるお祭りです。

【住所】
道明寺天満宮
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
【日程】
7月24日~25日
【開催時間】
(24日)宵宮/民謡おどり19:00~22:00
(25日)本祭/みこし・花車巡行14:00~16:30、民謡おどり19:00~22:00
【問い合わせ】
072-953-2525
【アクセス】
近鉄「道明寺駅」から徒歩3分

7. 天神祭

大阪の天神祭日本三大祭りの一つと言われ、毎年130万人もの人が訪れます。

たくさんの露店が並びとても賑やかです。

陸路で氏地を巡る陸渡御・船渡御・奉納花火・ギャルみこしなど、親子で楽しめるイベントも満載です。

花火や船渡御には有料の観覧席があります。

ゆっくりと座って見学できるので子ども連れにおすすめですよ。

【住所】
大阪天満宮
大阪府大阪市北区天神橋2丁目1番8号
【日程】
7月頃
【問い合わせ】
06-6353-0025
【アクセス】
JR大阪天満宮駅か、地下鉄南森町駅からすぐ
【予約/応募】
有料席は予約が必要

8. 堺大魚夜市

鎌倉時代に始まったともいわれる、700年もの歴史を持つお祭りです。

メインイベントは19時から行われる魚のセリ。

豪快で迫力満点な光景に、子どもは圧倒されて盛り上がるはずです。

誰でも参加することができるので、親子で参加してみてはどうでしょうか。

豊富な夜店・よさこいの鑑賞・花火の打ち上げなど、子どもを退屈させる暇を作らせないお祭りです。

【住所】
堺市大浜公園と堺旧港
大阪府堺市堺区大浜北町4丁3-50
【日程】
7月31日
【開催時間】
午後1:00~午後9:30
【問い合わせ】
072-227-8841
【アクセス】
JR「堺」駅徒歩10分

9. 法善寺横丁まつり

なにわ情緒たっぷりの法善寺横丁で開催される、「法善寺横丁夏祭り」。

屋台では、横丁の名店が腕をふるって絶品グルメを提供されます。

屋台だとは思えないような料理ばかりです。

法善寺横丁に縁のある著名な芸能人や作家、タレントとの触れ合い・演芸や文楽(日本の伝統芸能である人形劇)の奉納など、子どもも楽しめるイベントが満載です。

【住所】
法善寺横丁
大阪府大阪市中央区難波
【日程】
8月頃
【問い合わせ】
06-6211-1649
【アクセス】
大阪市中央区難波1(地下鉄「なんば」駅徒歩5分、阪神・近鉄「大阪難波」駅徒歩5分、南海「なんば」駅徒歩8分)

10. 天神天満阿波おどり

天神橋筋商店街と大阪天満宮で行われる、阿波おどりが楽しめるお祭りです。

天神橋筋商店街は、飲食店や洋品店など、約600店のお店が並び、日本一長い商店街として有名。

そんな商店街で食べ歩きをしながら、阿波おどりを体感できます。

フィナーレに行われる参加者全員で踊る総踊りは大迫力です。

ぜひ子どもと一緒に踊って楽しんで下さいね。一体感を味わえます。

【住所】
大阪、天神橋筋商店街(1,2,3丁目と四番街)と
大阪天満宮境内
大阪府大阪市北区
【日程】
8月19日(日)
【問い合わせ】
06-6251-3273
【アクセス】
天神橋筋四番街へは、JR環状線「天満駅」
天神橋筋3丁目へは、地下鉄/堺筋線「扇町駅」
天神橋筋2丁目、1丁目、大阪天満宮へは地下鉄/堺筋線、谷町線「南森町駅」、JR西日本東西線「大阪天満宮駅」

夏祭りにお出かけの時は気を付けて下さい

夏の暑い時期に開催されるお祭りにお出かけする時は熱中症に注意が必要です。

特に新陳代謝が活発な子どもには注意が必要なので、こまめに水分補給をさせるようにしてください。

汗をかいた時のために着替えも持っていきましょう。

また、お祭りや縁日にお出かけすると、気分が盛り上がって子どもは興奮しがち。

気分が盛り上がっている子どもは、疲れていても遊びたがって無理をしてしまうことが多い、もの。

大人がよく見て、無理をさせないように注意してあげて下さいね。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!