今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

2019年北海道の子どもと行ける雪まつり・氷イベント10選

北国の冬は雪と氷の世界。

寒さも本州とはけた違い。

とはいえ、雪も寒さも味方につけて、楽しんでしまおうというのが道産子魂。

北海道在住の方はもちろん、観光で訪れた方々にも楽しんでもらえるようなイベントが盛りだくさんです。

ぜひ、今年の冬は雪や寒さも思いっきり満喫しましょう。

小さな子どもとでも一緒に楽しめるイベントをご紹介したいと思います。

1.さっぽろ雪まつり

札幌の代名詞ともいえるさっぽろ雪まつり。

大通会場がよく知られていますが、子どもと一緒に行くなら是非つどーむ会場へ。

すべり台やスノーラフトなど、子どもから大人までが北海道の自然の中で雪とふれあうことができます。

屋内スペースでは、大規模な休憩所や飲食ブース、小さな子も安心して遊べるアトラクションも。

冬の北海道の魅力を存分に楽しみましょう。

【日時】2019年1月31日(日)~2月11日(月)

【会場】つどーむ 北海道札幌市東区栄町885-1

【問合せ先】011-281-6400

【アクセス】東豊線栄町駅から徒歩15分

2.滝野スノーワールド

国営滝野すずらん丘陵公園の冬のアクティビティ。

全長200mのチューブ滑りは国内最大級。

一気にすべりおりるスピード感と迫力は、こどももオトナも夢中です。

他にも初心者や小さな子どもも安心のファミリーゲレンデやスノーシューに歩くスキーも楽しめます。

【日時】2018年12月23日(日)~

【会場】滝野すずらん丘陵公園 北海道札幌市南区滝野247

【問合せ先】011-592-3333

【アクセス】地下鉄真駒内駅発【すずらん公園東口】行きバス

3.札幌市円山動物園スノーフェスティバル

さっぽろ雪まつり期間に併せて開催される円山動物園のスノーフェスティバル。

可愛い動物たちに会えるだけでなく、超人気のアトラクション・氷のすべり台も楽しめちゃいます。

また、ボウルと水だけで簡単に作ることが出来る雪だるまづくり体験も。

自分だけのオリジナルの雪だるまを作ってみませんか。

【日時】2019年2月4日(月)~11日(月)

【会場】円山動物園 北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1

【問合せ先】011-621-1426

【アクセス】地下鉄「円山公園駅」下車、徒歩約15分

4.小樽雪あかりの路

冬の北海道を代表するイベントで雪とろうそくの祭典ともいわれています。

夕暮れ時からあかりが灯され始め、夜9時まで、ローソクのあかりで埋め尽くされる小樽の街は幻想的な雰囲気に包まれます。

メーン会場である「手宮線会場」「運河会場」、準メーン会場の「朝里川温泉会場」、そして市内各所であかりが灯されます。

雪とあかり、そして人の温もりに触れられるイベントです。

【日時】2019年2月8日(金)〜17日(日)

【会場】小樽市内各地

【問合せ先】0134-32-4111

【アクセス】JR小樽駅下車

5.千歳・支笏湖氷濤まつり

支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹き付け凍らせた、大小さまざまな氷のオブジェが立ち並ぶ、北海道を代表する冬の祭典、支笏湖氷濤まつり。

昼は支笏湖ブルーと呼ばれるナチュラルブルーに輝き、夜は色とりどりのライトに照らされ、全く別の表情の幻想的な世界を演出しています。

会場周辺には、泉質の異なる良質の温泉があり、冷えた体を温めることもできる厳冬のホットスポットです。

【日時】2019年1月25日(金) ~ 2月17日(日)

【会場】千歳市支笏湖温泉

【問合せ先】0123-24-8818

【アクセス】札幌から車で約1時間

6.層雲峡温泉氷瀑まつり

断崖絶壁から流れ落ちる滝さえも凍りつく冬。

滝は巨大な氷瀑となってそそり立ち、石狩川沿いに造られた氷の建造物が、七色の光に照らされて神秘的な表情を見せてくれる層雲峡の代表的なお祭り。

開催期間中は花火も打ち上げられ冬の夜空を彩りをくわえます。

まつり期間中、太鼓演奏、アイヌ民族舞踊、お楽しみ抽選会・餅まき・氷瀑ウェディングなど多くのイベントも開催されます。

【日時】2019年1月25日(金) ~3月17日(日)

【会場】上川町層雲峡温泉

【問合せ先】01658-5-3350

【アクセス】旭川紋別道上川層雲峡ICから、国道39号線経由約30分

7.旭川冬まつり

北海道を代表する冬のイベントの一つで、さっぽろ雪まつりに次ぐ規模の入場者数を誇ります。

日本国内で唯一実施される公式国際大会の氷彫刻世界大会も合わせて開催されます。

夜には作品がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な様子も楽しめます。

雪像や氷の滑り台に加え、毎日、花火とプロジェクションマッピングも開催され人気を集めます。

【日時】2019年2月6日(水)~11日(月)

【会場】旭橋河畔会場 他

【問合せ先】0166-25-7168

【アクセス】旭川駅前より無料シャトルバス

8.洞爺湖温泉冬まつり

洞爺湖温泉中心部にあるにぎわい広場に、電球40万個を使用した、70mのトンネルと、直径9mのドームが登場します。

洞爺湖温泉冬まつり期間中、毎晩洞爺湖上で花火を打ち上げ、本まつりでは地元食材を味わえる屋台や各種イベントが開催されます。

洞爺湖温泉街の夜を彩るイルミネーションストリートも人気を集めます。

【日時】2019年2月3日(日)~12日(火)

【会場】洞爺湖町洞爺湖温泉

【問合せ先】0142-75-2446

【アクセス】JR洞爺駅より車で約20分

9.しかりべつ湖コタン

 

北海道で一番高い場所にある湖、然別湖。

冬になり完全に凍った湖の上は、一面が真っ白な世界。

ここに1月の末から、わずか60日間だけ幻の村、しかりべつ湖コタン。

氷上露天風呂と足湯、アイスグラスで楽しむアイスバー。

湖上のイグルーの中で宿泊できるアイスロッジなど、ここでしかできない体験が待っています。

【日時】2019年1月26日(土)~3月21日(木)

【会場】然別湖 北海道河東郡鹿追町

【問合せ先】0156-69-8181

【アクセス】札幌方面からは国道274号線、旭川・富良野方面からは38号線、帯広方面からは241号線

10.しばれフェスティバル

 

日本一寒い陸別町で開催される日本最寒の祭り。

しばれフェスティバルの代名詞ともいえる人間耐寒テストは日本一の寒さを一晩耐え抜く過酷なイベントですが、全国各地から多くの参加者が挑戦していることでも有名です。

他にも子供と一緒に参加できる寒さを楽しむ多くのイベントが開催されます。

寒さが空気を澄まし、星空が一段と輝きを増して祭にロマンチックな彩りを添え花火も一層輝きます。

【日時】2019年2月2日(土)~3日(日)

【会場】北海道足寄郡陸別町

【問合せ先】0156-27-2141

【アクセス】女満別空港より車で約1時間

冬のお出かけの注意点

北海道の冬、屋外のイベントに参加するときのポイントは、とにかく防寒対策。

子どもはもちろん、大人もスキーウェアなどの全身完全防寒が鉄則です。

手袋や帽子などはもちろんですが、首や耳などを温めるのもポイント。

耳にはイヤーマフ、首にはネックウォーマーでさらに口元まで覆うとぐんと暖かくなります。

雪遊びなどを思いっきり楽しむと子供は案外汗をかくもの。

屋内に戻ったときには上着を脱ぐなどして体温調節をしてあげましょう。

汗をかいてそのまま、、、なんてことになると、余計に体を冷やしてしまいます。

ぜひ、今年の冬は雪も寒さも存分に楽しみましょう。