今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

2019年7月に関西で開催される子ども向けイベント10選

外での活動も増える7月。

夏休みも始まり、子どもたちもいろいろた体験や経験をしてますます大きくなりますね。

夏は身長も伸びやすい時期とのことですが、心身ともに成長のチャンスといったところでしょうか。

そこで、今回は関西地方で7月に開催される、親子で楽しめるイベントをご紹介したいと思います。

初めての令和の夏を家族みんなで楽しみましょう。

1.天神祭2019

大阪の夏の風物詩である「天神祭」。

東京の神田祭、京都の祇園祭とともに日本三大祭りの1つとされるほど全国的にも有名な祭です。

約1か月間にわたりいろいろな行事が執り行われます。

注目は、7月25日本宮に行われる、陸渡御と船渡御、そして奉納花火大会。

大阪の夏を華やかに彩ります。

【日時】2019年6月下旬~7月25日(木)

【会場】大阪天満宮 他

【問合せ先】06-6353-0025

【アクセス】JR大阪天満宮駅/地下鉄南森町駅から徒歩5分

2.住吉祭

大阪の夏祭りを締めくくる住吉祭は、大阪中をお祓いする「お清め」の意義があるといわれています。

7月海の日には「神輿洗神事」が行われ、7月30日に「宵宮祭」、翌日「夏越祓神事・例大祭」、そして8月1日にはいよいよ「神輿渡御」が行われます。

夏越祓神事は大阪府指定民俗文化財にも指定される歴史と伝統のある文化です。

また、大阪一の神輿渡御も大迫力。

大阪市と堺市を隔てる大和川では神輿が川の中を勇壮に練り回ります。

【日時】2019年7月30日(火)~8月1日(木)

【会場】住吉大社

【問合せ先】 06-6672-0753

【アクセス】南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分

3.レプタイルズフィーバー2019

小さな恐竜たちの世界というテーマで爬虫類を集めた展示会。

大人気の即売会が開催され、豊富な種類の爬虫類が一度に見ることもできます。

また、爬虫類の購入を考えている家庭には店舗で買うよりも安いイベント価格で販売されているので人気があります。

両生類、猛禽類、昆虫、ほ乳類(犬・猫以外)なども集まり、ふれあいコーナーも設けられています。

【日時】2019年7月6日(土) – 2019年7月7日(日)

【会場】大阪南港ATCホール

【問合せ先】075-332-4369 06-6947-1912

【アクセス】「トレードセンター前」駅下車直結

4.マンダイプレゼンツ とびだせ!昆虫だいぼうけん

日本初!アメリカからやってきた遊んで学べる昆虫アドベンチャー。

アメリカからやって来る11体を含む14体の巨大昆虫ロボットが一堂に集結します。

子供たちにとって好奇心をグイグイと刺激する存在の昆虫の不思議に迫ります。

触れたり、撮影したりと遊びながら、昆虫について学べる、体験型イベント。

生きた昆虫に触れる昆虫採集体験コーナーやリアルに再現された森の中でのアスレチック体験などメニューも充実しています。

【日時】2019年7月23日(火)~9月1日(日)

【会場】大阪南港ATCホール

【問合せ先】06-6615-5556

【アクセス】「トレードセンター前」駅下車直結

5.チームラボ★学ぶ!未来の遊園地 in 阪急うめだ本店

2013年にスタートし、2019年3月には累計入場者数が1,000万人を突破した人気イベント。

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」が大阪の中心地にある阪急うめだ本店9F阪急うめだホールにて開催されます。

「お絵かき水族館」をはじめとした3作品と、描いた絵をその場で缶バッジにできる「缶バッジファクトリー」。

他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ、「共同的な創造性、共創(きょうそう)」をコンセプトにした教育的なプロジェクトです。

【日時】2019年7月18日(木)~ 8月21日(水)

【会場】阪急うめだホール

【問合せ先】06-6313-2991

【アクセス】「梅田」駅から徒歩約3分

6.六甲山光のアートLightscape in Rokko ~夏バージョン「夏は夜」~

六甲山光のアート「Lightscape in Rokko」は、1000万色以上の色彩表現ができるLED照明を使って、限りなく自然光に近い光で展望台全体を覆うフレームを内側から照らす光のイベント。

照明デザイナー伏見雅之氏による演出で、今年のテーマは<枕草子>となっています。

清少納言が記した、日本人が昔から親しんできた四季折々の情景を、季節毎に春・夏・秋・冬の4パターンで表現しています。

夏バージョン「夏は夜」では、夏の夜の、月が明るい情景の中、暗闇に蛍がぼんやりと光って飛んでいく姿や、雨の日の様子を表現しています。

【日時】2019年6月1日(土)~8月31日(土)

【会場】六甲ガーデンテラス

【問合せ先】078-894-2281

【アクセス】六甲ケーブル「六甲山上」駅から六甲山上バス約10分

7.芦屋サマーカーニバル

芦屋の花火は、花火と炎と音楽を使った、エンターテインメント3D花火ショー。

「未だかつて経験したことのない、大迫力の花火体験を!」という合言葉のもと花火激戦区の関西において、いち早く2009年からコンピューター制御の音楽花火技術を導入しています。

超至近距離から撃ちあがる花火が、空一面をまるで昼のように明るく照らし吹きあがるファイアータワーは、観覧席の最前列を熱気で包みます。

1/30秒間隔で設計された音楽と花火のシンクロと、奥に手前に打ちあがる3D花火で感動の一夜が演出されます。

【日時】2019年7月27日(土)

【会場】芦屋市総合公園・潮芦屋緑地・潮芦屋ビーチ

【問合せ先】0797-35-0871

【アクセス】湾岸線芦屋浜出口より車約3分

8.祇園祭

祇園囃子とともに、7月の京都は祇園祭一色に染まります。

祇園祭は千年以上の歴史を持ち、7月1日(吉符入)から31日(疫神社夏越祭)まで、1か月にわたって多彩な祭事が行われる八坂神社の祭礼。

なかでもハイライトとなる17日(前祭)と24日(後祭)の山鉾巡行、そしてそれぞれの宵山には大勢の人々が訪れ、京のまちは祭りの熱気に包まれます。

「京都祇園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

【日時】2019年 7月1日(月)~7月31日(水)

【会場】八坂神社

【問合せ先】 075-561-6155

【アクセス】206系統市バス「祇園」下車すぐ

9.貴船神社 七夕笹飾りライトアップ

夏の京都で夕涼みにピッタリなイベント。

縁結びのパワースポットでも名高い洛北の貴船神社が「七夕笹飾りライトアップ」という夜間特別拝観を開催します。

京の奥座敷と呼ばれる貴船神社は、山間部に位置するため、市内中心部と比べても温度が数度低く、真夏でも京都にいるのが嘘のような清涼感が溢れています。

京都の夏の夜、笹に願いを託してみるのも素敵ですね。

【日時】2019年7月1日(月)~8月15日(木)

【会場】貴船神社

【問合せ先】075-741-2016

【アクセス】叡山電鉄鞍馬線「貴船口」下車、京都バスに乗り換え「貴船」下車すぐ

10.かぶと虫の家

かぶと虫の家は、比叡山ドライブウェイ内中腹『夢見が丘』にあります。

450㎡の雑木林をネットで覆った中にかぶと虫を放し飼いにしているので、自由にかぶと虫を手で触って観察できます。

敷地内には随時200〜300匹のかぶと虫がいて、飛んでいる姿やオス同士がケンカしている様子などが見られます。

隣接する展示場『森のなかまたち館』では、かぶと虫の一生のパネル展示や、外国の珍しいかぶと虫・クワガタムシの生体や標本を展示しています。

、希望者には国産のかぶと虫の販売もあります。

【日時】2019年7月20日(土)~8月15日(木)

【会場】比叡山ドライブウェイ内中腹『夢見が丘』

【問合せ先】077-529-2216

【アクセス】下鴨大津線(山中越)→田の谷峠ゲート

夏のお出かけ

外での活動も多くなるこの季節。

暑さとの戦いでもありますね。

熱中症には充分気を付けましょう。

風通しの良い服装や日除け、そしてこまめな水分塩分補給が大切です。

また、日焼けや虫除けなどのトラブルも増えるので、そちらの対策もしっかり行いってあげたいですね。

日も長く、また、花火大会など夜のイベントも増えるこの時期。

快適にお出かけタイムを満喫しましょう。