友だち追加

千葉にある温水プール子連れにおすすめ10選!ウォータースライダーやスパも!

シェアする

家族での休日レジャーにおススメしたいスポットのひとつにプールがあげられます。

海は夏場に限られますが、温水プールなら一年中楽しめます

また、公営施設も充実しているのでレジャープールに比べて利用料金が破格

それでも、ウォータースライダーや幼児用プール、滑り台など家族みんなで楽しむにはぴったりの施設内容が揃っています。

そこで今回は千葉県内にあるおススメの温水プールをご紹介したいと思います。

温水プールに出掛けよう

温水プールはレジャー施設として開設されているところももちろんありますが、意外なおすすめスポットは公営のプールです。

住民の方々の運動不足の解消や健康増進を目的に設立されているため、いわゆる競泳用の25mプールのイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、実は幼児用プールや滑り台があったり、本格的なウォータースライダーまであったりとレジャー感覚で遊びに行っても十分楽しめるところばかり。

ぜひご家族で足を運んでみてください。

1.こてはし温水プール

こてはし温水プールは天井がガラス張りで、陽射しを感じる開放的な屋内プール

25mプール、流水プール、ウォータースライダー、ジャクジーなど様々なプールがあり、スイミングに限らず、泳げない人もウォーキング、水遊びなど、目的に合わせて楽しめます。

【住所】
千葉県千葉市花見川区三角町750
【電話】
043-216-0090
【アクセス】
東関東自動車道「千葉北」I.C.から0.8km

2.北谷津温水プール

25mプールの他、スライダー付きの子ども用プールもある北谷津温水プール

2時間以内で通常大人300円、中・高校生200円の利用料金が、7・8月はそれぞれ220円、100円とお得に利用できます。

スイミングだけでなく、子どもたちの水遊びにもピッタリの施設です。

【住所】
千葉県千葉市若葉区北谷津町327-1
【電話】
043-228-5000
【アクセス】
千葉都市モノレ-ル「千城台駅」からバス「若葉いきいきプラザ」下車徒歩1分

3.リフレッシュプラザ柏

南増尾にある南部クリーンセンターのごみ焼却余熱を利用した余熱利用型健康増進施設

屋内温水プール、温浴施設、トレーニングルームを中心とした公営のスポーツ施設となっています。

1周約58mの流水プールも楽しめるのも魅力。

また、市内在住、在勤、在学者には割引サービスもあります。

【住所】
千葉県柏市南増尾58-3
【電話】
04-7173-5900
【アクセス】
東武野田線「逆井駅」から徒歩約15分

4.浦安市運動公園屋内水泳プール

浦安市の運動公園総合体育館の中にあるプール施設です

屋内に8本のコースが並ぶ25mプールのほか、多目的プール、健康プール、リハビリプールなど、バラエティー豊富なプールがあります。

毎週月曜日には、親子のふれあいや水なれを目的にしたアクアパークも開かれています。

【住所】
千葉県浦安市舞浜2-27
【電話】
047-304-0030
【アクセス】
JR「舞浜駅」から徒歩10分

5.和名ケ谷スポーツセンター

松戸市のクリーンセンターに隣接した和名ケ谷スポーツセンターの中にある市営プールです。

ごみの焼却で発生した熱を使った温水プールで流れるプールや、25メートルプール、滑り台付きの幼児用プールがあります。

子ども用の更衣室の設置や、授乳室もあり、子ども連れの家族も安心です。

【住所】
千葉県松戸市和名ケ谷1360
【電話】
047-391-5990
【アクセス】
JR、新京成線「松戸駅」より「新東京病院行き(松3)」または、「新東京病院経由三矢小台行き(松5)」バス乗車、「和名ケ谷スポーツセンター」下車、徒歩すぐ

6.富津公園屋内温水プール

富津公園内にある一年中利用できる温水プール。

体力づくり、健康維持、コミュニケーションの場としてさまざまな世代の方から親しまれています。

25mプールのほか直径10m水深80cmの子ども用のプールも完備。

トレーニングルームやサウナ室も併設されています。

【住所】
千葉県富津市富津2280
【電話】
0439-87-8887
【アクセス】
JR内房線「青堀駅」下車「富津公園行き」バス乗車、終点下車、徒歩すぐ

7.クリーンスパ市川

市川市のクリーンセンターからの余熱を利用する環境に配慮した多目的スパ

25m×8コースの本格的なスイミングプールの他、手すりにつかまったり、歩いたりと目的に応じて楽しめるレジャープール、滑り台も楽しめる子ども用プールもあります。

温泉も合わせて楽しみたい施設です。

【住所】
千葉県市川市上妙典1554
【電話】
047-329-6711
【アクセス】
東京メトロ東西線「西船橋」「原木中山」「妙典」「行徳」駅
JR総武本線「本八幡」「西船橋」駅
JR京葉線「市川塩浜」駅より無料送迎バスあり

8.スポーツプラザイースト

長生郡市温水センターのスイミング&スポーツクラブ・スポーツプラザイースト。

通年利用可能な温水プールには市内最大級のスイミングプールのほか、水の力で筋肉をクールダウンする癒しのリラックスプール、滑り台付きのキッズプールも完備

その他ジムやお風呂、サウナなどもあります。

【住所】
千葉県茂原市下永吉1815
【電話】
0475-25-2181
【アクセス】
房総横断道路/国道128号線 経由

9.袖ケ浦市臨海スポーツセンター

年間を通じ利用できる、室内温水プール。

50m8コース(歩行用浅部2コース)のスイミングプールと幼児用プールがあります。

トレーニングルームやアリーナなどもあり、体を動かしてのリフレッシュや健康増進にぴったりの施設です。

また、在住、在勤、在学の方には市民割引もあります。

【住所】
千葉県袖ケ浦市長浦1-57
【電話】
0438-63-271
【アクセス】
JR内房線「長浦駅」下車

10.アクア・ユーカリ&ユーカリボウル

体と心を健康にしてくれる極上の癒し空間アクア・ユーカリ&ユーカリボウル。

1年中楽しめる南国リゾートホテルのような温浴プールエリアのほか、ボウリング場やお風呂、そしてボディケアやエステにレストランまであります。

老若男女問わず一日中遊べるアミューズメントスペースです。

【住所】
千葉県佐倉市ユーカリが丘3-2-1
【電話】
043-488-1001
【アクセス】
京成電鉄 「ユーカリが丘駅」下車、徒歩4分

出掛ける前のチェックポイント

家族でプールに出掛ける際には、事前の準備も大切なポイント。

水泳キャップが必須なところが多いので事前に確認しておきましょう。

場合によってはレンタルや施設での購入が可能なところもあるようです。

また、オムツのとれていない乳幼児の利用ルールは施設によって異なります

おむつが取れていない子は受け入れていないところもあれば、水遊び用おむつ着用していれば可能なところもあります。

該当する小さな子どもがいる方は必ず事前に確認しておきましょう。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!