友だち追加

関西の子連れで行きたい2017花火大会10選!公園やビーチでのんびりできる

シェアする

夏休みには各地で恒例の花火大会が開催されます。日本の夏の風物詩ともいえる花火大会。今年は家族でお出かけしてみませんか。

関西地方でも大小さまざまな花火大会が開催されています。お城をバックにした迫力ある花火大会、または、海上花火と打ち上げ花火の競演など、それぞれ特色ある花火が楽しめます

もちろん小さな子どもと一緒でも楽しめる花火大会も、多数開催されています。

子どもと一緒に花火大会を楽しもう

花火大会の開催は、夕暮れから夜間。暑さだけでなく、などの心配も出てきます。水辺や公園など自然の中での花火大会が多いので、虫除けグッズなどを忘れないようにしましょう。

また、夏とはいえ、気温差や夜風の心配もあります。何か一枚上から羽織れるようなものを用意しておくと安心です。

帰宅時間がついつい遅くなり、生活リズムが崩れがちなイベントではありますが、お昼寝をたっぷりさせたり、眠くてぐずるようなら早目に帰路につくなど、子どもの睡眠リズムには気を付けてあげるとよいでしょう。無理をさせてしまうと、その後体調を崩しやすくなったりすることも珍しくありません。

1.なにわ淀川花火大会

水都大阪を流れる淀川を美しく彩るなにわ淀川花火大会

音楽にぴったり合わせた花火の打上げで、ド迫力のオープニングから、グランドフィナーレは圧倒的なボリュームで、壮大な締めくくりまで、この夏一番の感動と興奮を堪能できます。

【開催日時】
2017年8月5日(土) 午後7時40分から午後8時40分
【開催場所】
新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷
【問合せ先】
06-6307-7765(なにわ淀川花火大会運営委員会)

2.岸和田港まつり花火大会

歴史ある大阪府岸和田市の花火大会で、1500発が打ち上げられます

泉州の夏の風物詩として定着しています。花火の打ち上げ前には、観覧会場前で海上保安庁の巡視船による放水ショーも開催され喜ばれています。

ラストを飾るワイドスターマインも迫力満点で圧巻です。

【開催日時】
2017年 7月29日(土) 午後8時から午後9時
【開催場所】
岸和田市地蔵浜町阪南港南1区岸壁の対岸
【問合せ先】
072-423-9618 (岸和田港振興協会)

3.天神祭奉納花火

日本三大祭の一つ水都大阪の天神祭を彩る天神祭奉納花火は天神祭の一つの見どころとなっています。

船渡御の優美な水上パレードと合わせて打ち上げられるダイナミックな演出。約125万人もの観客が訪れ、約5,000発の花火が打ち上げられます。

【開催日時】
2017年7月25日(火) 午後7時30分から午後8時50分
【開催場所】
川崎公園・桜之宮公園
【問合せ先】
06-6353-0025 (大阪天満宮)

4.宮津燈籠流し花火大会

京都府宮津市の海と空が奏でる火の祭典

宮津湾に「精霊船」と約1万個の灯ろうが宮津湾に流され、夜空には海上スターマインなど数々の打ち上げ花火がはじけます。

海と空を鮮やかに染め上げる見事な光景が広がります。宮津最大のイベントで海に空に美しい光の祭典が展開されます。

【開催日時】
2017年8月16日(水) 午後7時30分から
【開催場所】
京都府宮津市・島崎公園、宮津湾一帯
【問合せ先】
0772-22-5131(宮津商工会議所)

5.みなとこうべ海上花火大会

1万発以上の花火が夜空を彩る兵庫県下最大規模の花火大会。毎年20万人以上の人達を魅了しています。

異国情緒ただよう港町・神戸の夏を鮮やかに照らし出す迫力ある花火が、神戸港の夜に広がります。港という立地条件を生かした水上スターマインなど見どころ満載です。

【開催日時】
2017年8月5日(土) 午後7時30分から午後8時30分
【開催場所】
神戸港(新港突堤~メリケンパーク南側海上より)
【問合せ先】
078-333-3372(神戸市イベント案内・申込センター)

6.浜坂ふるさと夏祭り花火大会

浜坂県民サンビーチで開催される花火大会。浜坂港の防波堤から打上げられ、海上スターマインは、花火が海に映るのをうまく利用した傑作花火と人気を集めてます。

砂浜に寝そべってゆっくりと鑑賞するのもおススメ。但馬の三大祭のひとつ川下祭りが同日開催され、出し物なども合わせて楽しめます。

【開催日時】
2017年7月16日 (日) 午後8時から午後9時
【開催場所】
浜坂県民サンビーチ
【問合せ先】
0796-82-4580(浜坂観光協会)

7.姫路みなと祭 海上花火大会

観覧場所からわずか300メートルの台船から打上げられる花火は迫力満点。

他ではなかなか見られない尺玉(10号玉)も打ち上げる予定となっています。今年は、姫路港が特定重要港湾指定50周年の節目の年ということで、例年より約1,000発増の約5,000発 が打ち上げられます。

【開催日時】
2017年7月下旬 午後7時30分から午後8時45分
【開催場所】
姫路港(飾磨地区)
【問合せ先】
079-221-2506(姫路市役所産業振興課)

8.いこまどんどこまつり納涼花火

奈良県生駒市で、30分間に700発の花火が打ち上げられる花火大会です。

打ち上げ場所が高台に位置するため、市内ほぼ全域での鑑賞が可能。生駒の夏の風物詩です。いこまどんどこまつりでは、模擬店や郷土芸能、歌謡ショーといった各種ステージ、参加者みんなで踊る盆踊りなど様々なイベントも開催されます。

【開催日時】
2017年8月上旬 午後8時から午後8時30分
【開催場所】
生駒健民グラウンド
【問合せ先】
0743-74-1111(いこまどんどこまつり実行委員会事務局)

9.白浜花火フェスティバル

和歌山県の白良浜海水浴場の沖合から打ち上げられ、打ち上げ花火やスターマインなど、多彩な花火と音楽のハーモ二ーが、白浜の夜空を鮮やかに彩る花火大会です。

音楽と花火で一つのストーリーを構成する、ファンタスティックな花火フェスティバルとなっています。

【開催日時】
2017年7月30日(土) 午後8時から午後8時40分
【開催場所】
白良浜
【問合せ先】
0739-43-5511(白浜観光協会)

10.長浜・北びわ湖大花火大会

スターマインを中心とした約1万発の花火が夏の夜空と日本一の湖・琵琶湖を美しく彩ります。

長浜港湾で打ち上がる花火は、真上だけでなく、琵琶湖上を左右に飛び交い、息もつけないほどの金色の大柳が打ち上がります

多彩な花火が夜空に咲き誇り、静かな琵琶湖の湖面を照らす様子は圧巻です。

【開催日時】
2017年8月4日(金) 午後7時30分から午後8時30分
【開催場所】
長浜港湾一帯
【問合せ先】
0749-65-6521(長浜市観光振興課)

夏の夜の思い出に

各地で開催される花火大会は、日本の夏の風物詩に数えられます。見応えある迫力あふれる芸術に子供と一緒に酔いしれましょう。夏祭りなどと合わせて開催される花火大会も多くありますので、是非そちらも一緒に楽しみたいですね。

準備も万端にして、是非、今年の夏の思い出の一つに花火大会に出掛けてみてください。きっとお子さんの心にも鮮やかな思い出として残ることと思います。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Responsive
スポンサーリンク
Responsive