友だち追加

関東の子連れで行くおすすめ夏祭り&縁日まとめ!屋台グルメも堪能

シェアする

9a62c849c3bba24b420b0624a81dd4c2_m

夏祭りは、花火大会と並ぶ夏の風物詩

子供にとって、縁日でのヨーヨー釣りや屋台の焼きそばを食べた思い出は、大人になっても心に残るでしょう。

関東でも、子連れで行きたい注目の夏祭りが数多く開催されます。

いち早くチェックして、夏のお出かけを計画しましょう。

子供と夏祭りに行く時に持っていくと便利なグッズ3選

213c12e5893997e11babbca7fc9f5089_s

1.ウェットティッシュ

普段も持ち歩いているママは多いと思いますが、夏祭りでは必須です。

たこ焼きのソース、あんず飴の水あめ、綿あめ。とにかく屋台で何かを食べると口も手もベタベタになることが多いもの。

いつもよりも多めを心がけて持っていくと重宝します。

2.ビニール袋

屋台で買ったヨーヨーやグッズを持ち帰るのにも便利ですし、割りばしや容器などのゴミ袋にも。

大きめの袋でしたら、はしゃぎ疲れた子供を座らせたりする簡易的なシートとしても使用可能。何かと便利なビニール袋です。

3.着替えとくつ

浴衣を着ていく場合には必須でしょう。最初は物珍しさに喜ぶ子供も、着慣れない履き慣れない浴衣とぞうりにだんだんと不機嫌になる場合も。

そんな時は、写真撮影だけさっと済ませて着替えさせた方がベターです。

1.入谷朝顔まつり(東京都)

入谷鬼子母神を中心にして、言問通り沿いに60軒の朝顔業者80軒の縁日が並びます!

入谷の朝顔は、江戸時代の末期から入谷の十数軒の植木屋が栽培するようになり、有名になっていったと伝えられています。

瑞々しく咲く朝顔が並ぶ様は、まさに夏そのもの!下町の風情と共にお祭りを楽しめます。

【開催日程】
2017年7月6日(木)、7日(金)、8日(土)
【開催場所】
東京都台東区入谷鬼子母神周辺
【問い合わせ】
03-3841-1800
【アクセス】
JR鶯谷駅南口徒歩3分
地下鉄入谷駅徒歩1分

2.靖国神社みたままつり(東京都)

英霊を慰める祭儀が執り行われる靖国神社のみたままつり。境内には、3万もの数の提灯が掲げられ、幽玄な雰囲気を醸し出します。

縁日や盆踊り、神輿等、夏祭りらしい催しの他、青森ねぶたや各種芸能などの奉納行事も繰り広げられます。

こちらの盆踊りは、東京で一番早く行われるとか。夏らしさを先取りできる祭りです。

【開催日程】
2017年7月13日(木)~16日(日)
【開催場所】
東京都千代田区靖国神社
【問い合わせ】
03-3261-8326
【アクセス】
JR中央線/総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩10分
東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩5分

3.高崎まつり(群馬県)

43回目を迎える観光客に人気の祭り。

だるまが有名な高崎らしく「巨大だるまみこし」や「創作だるまみこし」など、他では見られない出し物が目玉。「山車」と「神輿」と「花火」の競演も大迫力です。

夏祭りの醍醐味を一気に味わえる贅沢な催し!

【開催日程】
2017年8月4日(土)、5日 (日)
【開催場所】
高崎市中心街
【問い合わせ】
027-330-5333
【アクセス】
JR各線・上越新幹線・長野新幹線 高崎駅から徒歩約20分

4.深川八幡祭り(東京都)

見るからに迫力ある雰囲気!ワッショイワッショイという伝統的な掛け声と、沿道から担ぎ手に向かって掛けられる水がしぶきが飛び散る様は圧巻。江戸っ子の勢いを感じさせる夏祭りを存分に味わえるでしょう。

「深川八幡祭り」とも呼ばれる富岡八幡宮の例祭は、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに江戸三大祭の一つとして数えられています。

【開催日程】
2017年8月15日(火)を含む数日間  9:00~20:00
【開催場所】
富岡八幡宮とその近辺
【問い合わせ】
03-3642-1315
【アクセス】
東京メトロ東西線「門前仲町」駅より徒歩3分

5.おえんま様のご縁日(千葉県)

閻魔様から功徳を授けていただくという行事。家内安全、身体清浄を祈願します。

盆と正月の16日は地獄の休日と伝えられていることから、8/16に執り行われます。

木更津駅前で多くの踊り手と観衆が盛り上がるやっさいもっさい踊り大会や、花火大会で構成される木更津港まつりなど、木更津駅周辺で繰り広げられる夏祭りイベントの締めくくりとなる行事です。

【開催日程】
2017年8月16日(水)
【開催場所】
千葉県木更津市 選擇寺
【問い合わせ】
0438-22-2293
【アクセス】
JR木更津駅西口下車徒歩5分

6.みなとみらい大盆踊り(神奈川県)

ライトアップされた横浜ベイブリッジを一望できる絶好のロケーションで行われます。港の開放的な雰囲気の中に、本格的なやぐらが組まれるなんて、他とはちょっと違う盆踊りを楽しめそう。

売店やビアガーデン、縁日など、お祭りグルメも集結!

【開催日程】
2017年8月中旬 ※日程近日発表
【開催場所】
神奈川県横浜市 臨港パーク 南口広場
【問い合わせ】
045-221-2155
【アクセス】
東急東横線みなとみらい駅より徒歩5分

7.ふるさと宮まつり(栃木県)

宇都宮市民の交流心のふれあいの場として誕生したのふるさと宮まつり。

今年で42回目の開催となります。

マーチングパレードや郷土芸能、和太鼓、お囃子にみこしと盛りだくさん軽快な音と踊りを見て楽しめる祭りです。

【開催日程】
2017年8月初旬 ※日程近日発表
【開催場所】
宇都宮市大通り(本町交差点~上河原交差点)
【問い合わせ】
028-633-8766
【アクセス】
JR「宇都宮駅」から徒歩5分

8.まつりつくば2017(茨城県)

つくば市最大の夏祭りです!

特設ステージでのキャラクターショーやコンサート、広場での大道芸人のパフォーマンス、ふれあい広場でのバザーやポニーの乗馬体験など、家族皆で楽しめる盛りだくさんの内容です。

中でも、最大の見どころは大通りを通行止めにして行われる大パレード!つくば博を記念して作られた山車や青森で実際に運行されたねぶた、秋田の竿燈等、つくばにいながらにして東北の祭り体験もできるというお得感があります。

【開催日程】
2017年8月26日(土)・27日(日)
【開催場所】
茨城県つくば市 つくば駅周辺会場
【問い合わせ】
029-883-1111
【アクセス】
つくばエクスプレス「つくば駅」下車 A2又はA3出口より徒歩

情緒溢れる祭りもあればダイナミックな祭りまで!

下町の江戸情緒あふれる昔ながらの夏祭りから、音楽・イルミネーションを駆使した現代的な祭りまで、各地で様々なイベントが繰り広げられます。

子供にとっては、ふだんなかなか見ることのできない伝統行事夜の縁日風景。きっと、心に深く刻まれることでしょう。

夏休みの絵日記の題材にもピッタリですね!

関東の子連れで行くおすすめ夏祭り&縁日まとめ!屋台グルメも堪能
この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
[PR] comolib x TABICA 728×90
スポンサーリンク
Responsive
スポンサーリンク
Responsive