友だち追加

関東の子連れお花見スポット10選!バーベキューや動物園も

シェアする

寒い冬を乗り越えて待っているのは、うららかな春。ほころぶ桜を眺めるのが楽しみな季節がやってきます。

関東には各地にお花見ができるスポットがあります。

子連れで楽しめるお花見スポットを公園以外の場所も交えながら、セレクトしました。ご覧あれ~!!

2017年の桜の開花時期は?

sakura-725800_640

日本気象株式会社が2月2日にソメイヨシノの開花予想を発表しました。

それによると、東京は3月22日。10月~12月の気温が平年より高かった為、平年より数日から1週間ほど桜の成長過程である「休眠打破」が遅れる見込みになっています。

情報は更新されるので、直近の開花予想もぜひチェックしてみてくださいね!

1.六義園(東京都)

五代将軍・徳川綱吉の下屋敷だった地に造られた日本庭園。見事な枝ぶりを誇る大きなしだれ桜が見もの。樹齢50年以上と言われており、そう長い歴史を誇っているわけではないものの、知名度と人気度は抜群です。

ソメイヨシノとはまた違った風情を見るために、多くの見物客が訪れます。

【住所】
東京都文京区本駒込六丁目
【問い合わせ】
03-3941-2222
【開園時間】
午前9時~午後5時
【入園料】
一般 \300 (小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
【アクセス】
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分

2.飛鳥山公園(東京都)

こちらは八代将軍徳川吉宗によって造成された桜の名所。江戸時代、庶民の娯楽のために作りあげたという場所です。

時を経て、今でも春には650本もの桜が満開になり、訪れる人々の目を楽しませてくれます。

園内には蒸気機関車が展示してあったり、新幹線を見下ろせる高台があったりで、鉄道好きキッズも喜びそう!

【住所】
東京都北区王子1丁目1−3
【問い合わせ】
03-3908-9275
【開園時間】
24時間
【入園料】
無料
【アクセス】
JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子」駅下車 徒歩3分

3.目黒川沿い(東京都)

2c32629032400eb618cd1af386c712de_s

川面に向かって枝が伸びる桜は、目黒川ならではの風景。

目黒川沿いにはおしゃれなカフェやレストランが多くあるので、窓辺の席からお花見なんていうことも可能!

人気のお店の窓辺は争奪戦の可能性が高いですが、この時期ならではの楽しみ方ができますね。

【住所】
東京都目黒区東山3-1付近から下目黒2-9付近
【問い合わせ】
03-5722-6850
【開園時間】
常時
【入園料】
無料
【アクセス】
東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅から徒歩約2分

4.小田原城址公園(神奈川県)

天守閣と桜。この風景は、日本人の心に沁みるもの!外国人観光客もその美しさを堪能しようと多く訪れます。

桜の時期には、「きもので街歩き」や「稚児行列」といったイベントも開催されます。華やかな雰囲気のお花見スポットです。

【住所】
小田原城天守閣:神奈川県小田原市城内6番1号
【問い合わせ】
0465-23-1373
【開園時間】
午前9時00分~午後5時00分
【入園料】
天守閣単独券(個人)一般 500円、小中学生 200円
【アクセス】
小田原駅から徒歩10分

5.赤城南面千本桜(群馬県)

「日本のさくらの名所百選」に選ばれてるのがこちら!約1.3kmの道沿いには、1400本の桜が咲き並びます。桜色のトンネルの中をくぐっていく感覚は、なかなか味わえないもの。

桜の開花時期に合わせて、物産市やステージパフォーマンス、イベント等が楽しめる「赤城南面千本桜まつり」も開催されます。

【住所】
群馬県前橋市苗ヶ島町2511-2
【問い合わせ】
027-235-2211
【開園時間】
24時間
【入園料】
無料
【アクセス】
上毛電気鉄道大胡駅から車約15分

6.六本木ヒルズ 毛利庭園・さくら坂(東京都)

六本木ヒルズ周辺も桜の名所なんですよね!商業施設なので、カフェやレストランがたくさんあるのはもちろんのこと、授乳室やおむつ替えシートが完備されているのが赤ちゃん連れに便利。

桜の時期はまだまだ肌寒い日も多いので、小さなお子さん連れにはぴったりのお花見スポットでしょう。出店やイベントも出展する桜まつりも毎年恒例。

【住所】
東京都港区六本木6
【問い合わせ】
03-6406-6000
【開園時間】
ライトアップ 17:30~23:00
毛利庭園開園時間7~23時
【入園料】
無料
【アクセス】
東京メトロ六本木駅→地下コンコース直結。または都営地下鉄六本木駅→徒歩4分

7.上野恩賜公園(東京都)

cherry-tree-984545_1280

※写真はイメージです

関東を代表するお花見スポットといえば、上野恩賜公園は外せないでしょう。

知名度、人気共に抜群です。シートを敷いてお花見を楽しむ人も多数。

オープンエア席が充実したスターバックスもあるので、そちらでプチお花見も楽しそう。

【住所】
東京都台東区上野公園5−20
【問い合わせ】
03-3828-5644
【開園時間】
24時間
【入園料】
無料
【アクセス】
JR各線、東京メトロ上野駅下車徒歩6分

8.元荒川の桜並木(埼玉県)

吹上地域の中央を流れる元荒川の両岸2.5kmには、桜並木が連なります。県内でも有数の桜の名所。

夜には、提灯によるライトアップがありふんわりと夜の闇に浮かぶ桜の花は情緒豊かで美しさもひときわです。

【住所】
埼玉県鴻巣市吹上本町 他(元荒川沿い)
【問い合わせ】
048-501-6860
【開園時間】
24時間
【入園料】
無料
【アクセス】
JR吹上駅から徒歩15分

9.清水公園(千葉県)

広大な敷地を誇る自然豊かな清水公園。フィールドアスレチックやキャンプ・バーベキューなど、アウトドア体験も楽しめる憩いの場です。

かわいいポニーに乗れるポニー牧場もあり、お花見だけでは飽きてしまうような小さなお子さんがいるファミリーにおすすめのスポットです。

【住所】
千葉県野田市清水906
【問い合わせ】
04-7125-3030
【開園時間】
24時間
【入園料】
無料 ※一部施設は有料
【アクセス】
東武アーバンパークライン(東武野田線)「清水公園駅」下車 西口徒歩10分

10.日光街道桜並木(栃木県)

16kmもの街道に連なる桜並木は、全国でもなかなかありません!桜の木の本数は、1500本にも及びます。

宇都宮市から日光市まで続きます。

車窓から桜を眺めるというのもいいですよね。

【住所】
栃木県宇都宮市上戸祭3丁目~日光市山口付近
【問い合わせ】
028-632-2445
【開園時間】
24時間
【入園料】
無料
【アクセス】
宇都宮IC降りてすぐ

桜の名所があちこちに!

関東にはご紹介したスポット以外にも、お花見ができる場所がたくさんあります。公園やカフェ、商業施設、街道。どんなシチュエーションで桜を見たいですか?昼間?夜桜?見たい時間によってもセレクトが変わってきますよね。

何ヶ所も観に行くのももちろんアリ♪今年もお花見で、春を思い切り満喫しましょう!

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
[PR] comolib x TABICA 728×90
スポンサーリンク
Responsive
スポンサーリンク
Responsive