友だち追加

【割引クーポン】子連れスキーは軽井沢スノーパーク!持ち物いらずで温泉も楽しめる!

シェアする

[PR]

「今年あたり、子どもをゲレンデデビューさせてみようかな?」そう思っているパパママに朗報!子連れファミリーに圧倒的に優しい!と各方面から好評を博している「軽井沢スノーパーク」が、comolib限定チケットでさらにリーズナブルに楽しめちゃうのです。

>>comolib限定!2017-2018シーズン 1,200円割引1日リフト券はこちら♪

大人は一日3,500円、子どもは2,500円!55歳以上は子どもと同じ料金で利用できるので、家族三世代でのスキー旅行にもぴったりですね。

「子どもが小さいからたくさん荷物を持つのはムリ」なら、オールレンタルで楽しめる“手ぶらプラン”を使えばOK。「子どもよりむしろパパとママがゲレンデを満喫したい」なら、子どもを預けられる託児所だって完備です。

「ホントは寒いの苦手」なら、ゲレンデの隣にある温泉でのんびりほっこり過ごせます。とにかく、子連れファミリーの“ウインターリゾートあるある”に徹底的に応えてくれるのが軽井沢スノーパークの魅力。ミキハウス子育て総研が運営する「ウェルカムファミリーのスキー場」第1号にも認定されたその詳細と実力を、ここでは余すところなくお伝えします!

1. とにかく、徹底的にファミリー目線!

「ちびっこゲレンデ」は雪遊び専用スペース!

雪遊びをしている子どもとバリバリのスキーヤーが鉢合わせ!勢いあまって衝突!なんてシーンを想像して、子どものゲレンデデビューを躊躇しているパパママはいませんか?

そんな心配ご無用の雪遊び専用エリア「ちびっこゲレンデ」が設置されていることは、軽井沢スノーパークが子連れファミリーに優しいポイントのひとつです。スキーやスノボのコースから離れているのでぶつかる可能性はゼロ。

雪遊びやソリにとどまらず、新登場のミニ雪上アスレチック、スノーストライダー、ちびチュービングなど、アクティビティも大充実で、安心して子どもを思い切り遊ばせることができます。しかも、リフト券があればどれも無料で遊べるうえに、ソリなどの遊具類はすべて貸し出し無料!うれしすぎます!

また、ちびっこゲレンデの隣には、雪上のドッグラン「わんわんパラダイス」も。いつもはお留守番のワンコにも、家族と一緒にウインターリゾートを体験させてあげられますね。

子連れファミリーの「あったらうれしい!」が満載!

授乳室やオムツ交換室などがキレイで充実していることは、子どもが小さいファミリーにとって絶対にマスト。

「軽井沢スノーパークはどうなのかしら…?」その答えは、もちろん「イエス」です!パパママにとって便利な施設は、ふもとにある“センターハウス”に集結。売店では、オムツや離乳食も販売しているので、万一、荷物に入れるのを忘れても、足りなくなってしまっても大丈夫。温めもできるので本当にありがたいんです。

また、ボールプールや簡単な遊具、絵本などを揃えた無料のキッズスペースも昨年から登場。雪遊びやスキーに子どもが飽きてきたら、ここで過ごすのも一興です。

一方、「せっかく軽井沢まで来たんだから、自分たちも思い切りすべりたい!」というパパママは、1時間2,000円で利用できる託児所「KARU★KIDS」を上手に活用してみては?利用は2歳からで予約が必要です。

※「KARU★KIDS」のお問い合わせ:TEL 0279-84-2626

「ファミリー優先席」のあるレストラン!

スキー場で食べるごはんといえばカレーやラーメンが定番ですが、軽井沢スノーパークのレストランでは、ポテトや焼きそばなど、子どもが喜ぶメニューも充実。ちなみに、昨年キッズたちにダントツ人気だったメニューは、ドリンクとデザートがついた“ちびっこオムハヤシ”だったとか。

パパママにとって何よりうれしいのは、すべてのメニューにアレルギー表示がしてあること。外食のたびにドキドキしている家族も、ここなら安心してもりもり食べられます。ほかにも、キッズチェア、ベビーチェアの用意はもちろん、小上がりの“ファミリー優先席”まであって、ここにもウェルカムファミリーの空気感がたっぷりです。

迷子対策もバッチリ!

うっかりしていると、結構簡単に迷子になってしまうのが雪山の怖いところ。一面真っ白なので、自分がどこにいるのかわからなくなるんですよね。軽井沢スノーパークは、そんなパパママの不安にも応えてくれます。迷子になりにくいポイントは3つ!

まずは、リフト券売り場で無料配布されるリストバンドで自己防衛。まだ、自分の名前が上手く言えない子どもでも、これさえ付けていれば見つけた誰かがきっと連絡してくれます。

ポイントその2としては、そもそも迷子になりにくいゲレンデ構造をしているという点。6本のコースが逆三角形に配置されているので、レベルの違う兄弟が別々のコースをすべっていても、最後は同じ場所に戻ってこられるんです。

そして、ポイントその3は、実に90%以上という圧倒的な晴天率!軽井沢スノーパークなら、いつでも視界がクリアなので、少しくらい子どもとはぐれてもすぐに見つけることができそうです。

そもそも「ウェルカムファミリーのスキー場」とは?

現代の子どもたちにとって貴重な体験となる冬の雪遊び。ソリやスノーアトラクション、スキーにスノボなど、普段は体験できない銀世界を家族で安心して満喫できるように、ママの意見や専門家の調査・研究をもとに、ミキハウス子育て総研専属の認定士が認定する取り組みです。

アクセス、授乳対応、おむつ換え・トイレ対応など50に及ぶ項目のうち40以上をクリアした施設が「ウェルカムファミリーのスキー場」として認定されます。

2. そして、リーズナブル!

コスパ最強!割安感たっぷりのリフト券

スキーが趣味という人に「リフトの1日券っていくらくらい?」と聞くと、たいてい「5,000円前後」と返ってくると思います。

軽井沢スノーパークのリフト1日券は?なんと、大人3,500円、子ども2,500円と平均より圧倒的に安いのです。

しかも、55歳以上は子どもと同料金!「家族でスキー旅行」と聞いて、おじいさま・おばあさまが羨ましそうにしていたら、これはもう誘うしかありませんね。リフト券さえあれば、ちびっこゲレンデやチュービングなどすべてのアクティビティが楽しめるという懐の広さも、かなりうれしいポイントです。

パック料金&セット割りでさらにおトクに!

さらにおトクに楽しみたいなら、軽井沢スノーパークの得意ワザ【パック料金&セット割り】を使わない手はありません。

例えば、親子ペアの「ファミリーパックA」なら5,200円(通常6,000円)、大人2人+子ども2人の「ファミリーパックD」なら10,200円(通常12,000円)といった具合に、いろいろな家族構成を想定してさまざまなセット料金が設定されています。

さらに、隣接するホテルとの宿泊セットプランがあったり、温泉やプールが割引料金で利用できるなどコスパの嵐です。

プラン 券種 料金
ファミリーA 大人1名+子供1名 5,200円
ファミリーD 大人2名+子供2名 10,200円

*大人と子供の人数構成によって,プランはAからEまであります。ここでは、基本的な構成である、プランAとDを紹介しております。

なんと大人は一日3,500円、子どもは2,500円!55歳以上は子どもと同じ料金で利用できるので、家族三世代でのスキー旅行にもぴったりですね。

そして、今、comolibでリフト券を購入すれば…

親子ペアのファミリーパック券は5,200円とお得に購入できます。しかも今comolibでファミリーパック券を購入すれば4,000円(税込)!よりお得に購入できます。

>>comolib限定!2017-2018シーズン 1,200円割引1日リフト券はこちら♪

駐車場が24時間100%無料!

軽井沢スノーパークの駐車場はゲレンデのすぐ隣。何かと荷物が増えがちな子連れファミリー。

大荷物を持って、さらに子どもを抱っこしたり手を引いて歩いたりしなければいけない場合、この立地はとてもありがたいですよね。しかも、この駐車場、24時間毎日無料!土日祝日の割増し料金も一切ありません

そして、電車で訪れたいファミリーにもちゃんとサービスが用意されています。JR軽井沢駅から1日4往復のシャトルバスの運行、こちらももちろん無料です!交通費の負担も軽減してくれる軽井沢スノーパーク。

シーズン中、何度も訪れるファミリーが多いというのも、なるほど納得です。なお、シャトルバスの利用には前日17時までの予約が必要です。

※シャトルバスの問い合わせ:TEL0279-84-1441

3. 初心者にも優しい!

リフトが苦手でも安心!のスノーエスカレーター

何度かスキー経験がある人でも、乗るときにはなんだかドキドキしてしまうリフト。

ゲレンデデビューしたての子どもならなおさら、乗り降りのタイミングが合わせられない、高いところでぶら下がっている時間が怖いなど、苦手要素がいろいろ出てきてしまうかも。

そこで、軽井沢スノーパークが採用したのが“スノーエスカレーター”スキーやスノボを装着したまま“動く歩道”のようなベルトにポンと乗るだけ。これなら、気持ち的な負担がかからない分、スキーがどんどん上達しそう。

そして、いよいよリフト必須の中級者向けコースにデビューする際でも大丈夫。なんと、リフト初めてさんのために、“リフト練習機”なるものも用意されているんです。リフト挑戦前に活用すれば、きっと緊張もほぐれるはずです。

コースの80%が初級,中級者向け

スノーエスカレーターが設置されているエッグコース、リフト初心者におすすめのファミリーコース、浅間山を正面に見ながらワイドな斜面を約1kmにわたって滑降できるディアコースなど、軽井沢スノーパークのゲレンデは約8割が初級、中級者向けのコースです。

全体的にコンパクトな作りなので、疲れたらすぐにレストランで休んだり、ちびっこゲレンデで目先の変わったアクティビティを楽しんだりと、移動の負担を感じなくてすむのも子連れファミリーにはありがたいですね。

また、ネイチャーガイドに案内されて雪山ピクニックが楽しめるスノーシュー&クロスカントリーコース(要予約)や日本最大級のチュービングコース、スキーですべると身体が上下する感覚が楽しめるミニウェーブ&キッカーなど、軽井沢スノーパークのゲレンデには、ほかにも雪山を楽しむ仕掛けがたっぷり用意されているんです。1日ですべてを制覇するのは案外むずかしいかもしれませんよ。

レンタル充実!手ぶらでスキーデビューもOK!

子どものゲレンデデビューを考えるとき、パパママの頭を一番悩ませるのが「ウェアや板をどうするか?」だと思います。

「何を選んだらいいの?」という疑問もさることながら、初めての場合はすべてを一度に揃えなければいけない分、「か、家計が…」となりかねませんよね。

そこで利用してほしいのが、“手ぶらプラン”です。スキーorスノボの板とブーツはもちろん、レンタルできるのはウェア、グローブ、ゴーグル、帽子と、まさに頭から爪先までフルスペック。

しかも、軽井沢スノーパークのサービスですから、当然、リフト券とセットのおトクな料金設定になっています(1日券、4時間券から選択可能)

おサイフにも優しいうえに荷物も格段に減らすことができるレンタルサービスは、まさに子連れファミリーの救世主!ぜひ賢く活用してくださいね。子どものウェアは80cm〜、スキー・スノボ板も80cm〜用意があります。

※なお、手ぶらプランの適用には前日17時までの予約が必要です。

4. 楽しい!がいっぱいつまった「冬の遊園地」!

徒歩3分でホテルもプールも温泉も!

軽井沢スノーパークの魅力は、ゲレンデだけではありません。たった3分歩くだけでホテルやプール、温泉など、冬の休日を楽しむための設備がほかにもいろいろあるんです。

セットプランも用意されているプレジデントリゾート軽井沢に宿泊して長期滞在を楽しむもよし、サクッと日帰りで楽しんで、天然温泉「あいおいの湯」で凍えた身体を温めるもよし。

万一荒天の場合でも、ホテルのフロントで水着がレンタルできるので、プール遊びを楽しみながら晴れ間が戻るのを待つといった過ごし方もできちゃいます。

5. 親子で楽しめるイベントも盛りだくさん!

軽井沢スノーパークの特徴のひとつともいえるのが、親子で参加できる無料イベントの豊富さ。今年もたくさん用意されているので、さらにさらにたくさんの思い出を作ってくださいね!ここでは、一部を紹介します。

★元祖!ちびっこ宝探し大会

軽井沢スノーパークで毎年大人気のイベント「元祖!ちびっこ宝探し」が今年も開催されます。

雪の中に隠されたボールを探し出すと、豪華商品がもらえちゃうんです。参加料は無料、現地集合でOKなので、気軽に参加してみましょう。

【開催日】

2018年1月2日(火祝)、2月4日(土)、3月4日(日)

【対象年齢】

小学3年生まで

★親子で駄菓子詰め放題

親子ペアになって、制限時間内に好きなだけ駄菓子を袋に詰め込むイベント

親子協力して、このお菓子を先に詰めた方がいいかも?などと試行錯誤しながら駄菓子を詰めていくのも面白いですね。

【開催日】

2018年1月8日(月祝)、2月18日(日)、3月18日(日)

【対象年齢】

小学3年生まで

★チキチキちびっこレース

こちらはレース未経験の子どもが対象のレース

スキースノボ混合のタイムレースです。無料で参加できて、簡単なコースで開催されるので、スキーやスノボを覚えたての子でも安心してチャレンジできます。

このチャレンジレースをきっかけにスキースノボ魂に火がついちゃうかも!?

【開催日】

2018年3月3日(土)

【対象年齢】

4歳〜小学生

【予約】

ホームページからの予約が必要です。

手間いらず心配いらずで最高のゲレンデデビューを!

「ウェルカムファミリーのスキー場」を認定するミキハウス子育て総研から「子どものスキーデビューには最高である」と太鼓判を押された軽井沢スノーパーク(ウェルカムファミリーのスキー場ホームページより)。

こうして見てみると、子連れファミリー大歓迎な本当に至れり尽くせりのウインターリゾートであることがわかります。パウダースノーで雪質も良好と、言うことなしの軽井沢スノーパーク。ぜひ、冬のバカンスの選択肢に加えてくださいね。

comolib限定2017-2018シーズンの割引リフト券販売中!

1日リフト券の通常価格は、大人一日3,500円、子ども2,500円。親子ペアのファミリーパック券では5,200円のところ、今ならこのファミリーパック券がcomolib限定で1,200円OFFの4,000円(税込)にて販売中です!

>>comolib限定!2017-2018シーズン 1,200円割引1日リフト券はこちら♪

Sponsored by President Resort Karuizawa

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!