今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

親子で楽しめるミュージカル7選。子どもと一緒に!

今年3月に上映されるや否や、全国をレリゴー旋風に巻き込んだ『アナと雪の女王』。

映画館で子どもと一緒に楽しんだ方も多いのではないでしょうか?

劇場ならではの非日常感や歌の迫力に、見終わったあとの親子の会話も弾みますよね。

そこで今年の“芸術の秋”は、劇場でミュージカルを楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は子どもと一緒に楽しめるミュージカルをご紹介したいと思います。

まずはここから!皆が大好きキャラクターミュージカル

小さな子どもとのお出かけは、近所のスーパーでのお買い物でも大変なのに、ましてやミュージカルなんて!

もし「行きたい」と思う公演があっても、「周囲のお客さんに迷惑を掛けてしまわないかしら」、「舞台を最後まで見てられるかしら」、などと考えてしまうと、どうしても一歩を踏み出すのに躊躇してしまいますよね。

そんなミュージカル初心者の方におすすめなのが、子どもなら皆が大好きなキャラクターが登場するもの

大好きなキャラクターが登場した瞬間に、子どもたちの目は釘付けに!

公演の前日などにミュージカル鑑賞のリハーサルとして、お気に入りのキャラクター達のDVDなどを借りて来て一緒に歌を歌ったり、ダンスを踊ったりして気分を盛上げておけば当日のミュージカル鑑賞はより楽しめるでしょう。

 アンパンマンミュージカル

子供に大人気の『アンパンマン』のミュージカルショー。

イベントの流れが、『それいけ!アンパンマン』の主題歌を歌うドリーミングのコンサート、ミュージカル第1幕、休憩、ミュージカル第2幕となっていて、一つ一つのコンテンツが30分程度で区切れているので、「子どもの集中力がもつかどうか…」という点も安心。

詳細はこちらから

不思議の国のハローキティ

ハローキティと不思議の国のアリスのコラボレーションが実現したミュージカル。主役を演じるキティちゃんが「アリス」役をつとめ、キュートな夢の世界に誘ってくれますよ。

実は、脚本・演出を日本ミュージカル界を牽引する演出家の小池修一郎氏が手掛けていて、大人も楽しめちゃいます。

詳細はこちらから。

子どもと一緒でも安心して楽しめるサービスがいっぱい!劇団四季のミュージカル

「ミュージカルと言えば、劇団四季」というイメージありますよね。

でも、「劇団四季で上演される様な本格的なミュージカルに、小さな子どもは連れていけないんでしょ?」と思っている親御さんも多いのでは。

実は、劇団四季のミュージカルの観覧に年齢制限は設けられていないんです

しかし、年齢制限がないとはいえ、やっぱり「周りの人に迷惑かけるんじゃ!?」と不安になりますよね。

そんな時に頼りになるのが、親子観劇室です。

劇団四季の親子観劇室

通常の観覧席後方に設置されたガラス張りの個室となっていて、子供がぐずったり、騒いだりしても少々の事なら大丈夫。

それでも機嫌が悪くなってしまったらロビーに出れば、こちらには大型のモニターが設置されていて、舞台を継続して見ることができますよ。

その他にも身長が130cm以下のお子さんが楽しめるように、無料でシートクッションを貸し出すサービスも

大小7つのクッションが用意されており、子どもが観劇する為のピッタリなサイズに合わせてくれる嬉しいサービスです。

劇場には授乳スペースにオムツ替えスペースなどもあり、子どもと一緒にミュージカル観劇デビューするにはとってもおすすめです。

劇団四季のファミリーミュージカル

さらに、劇団四季の通常の公演以外に『ファミリーミュージカル』もやっています。これなら、より周りに気兼ねなくミュージカルが楽しめると思いますよ。

現在(2014年11月時点)、3つのタイトルのファミリーミュージカルが公演されています。内容や公演場所、時間が気になる方は下記のリンクから劇団四季のWEB サイトをチェックしてみてください。

 魔法をすてたマジョリン

 ふたりのロッテ

 ジョン万次郎の夢

少し大きくなったら行ってみたい!豪華絢爛なミュージカル、宝塚歌劇団

theater-432045_1920

子どもが少し大きくなって、じっと座っていられるようになったら、宝塚歌劇団による舞台はいかがでしょうか。

今年で100周年を迎えた宝塚歌劇団。有名人の中にもファンが多い、豪華絢爛なステージに子供たちもきっと大喜びするはずです。

特に女の子のお子さんなら、きらびやかな宝塚の世界に夢中になってしまうかもしれませんね。おばあちゃん、お母さん、娘と三世代でファンという家族も多いそうですよ。

宝塚歌劇での観劇の際にも、小さいお子さんが観劇出来るように全劇場で無料のシートクッションの貸出があります。また、宝塚劇場では有料での託児サービスもあるので、下のお子さんを預けて上の子と楽しんだりもできますね。

そんな宝塚歌劇団による、この秋おすすめの舞台はこちらです。

エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-

宝塚歌劇を代表するタイトル、エリザベート。今回100周年を記念して上演されています。

詳細はこちらから。

 『PUCK(パック)』/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』

シェイクスピアの「真夏の夜の夢」をモチーフにした、人間に恋をした妖精パックの物語。明るくコミカルでファンタジックなミュージカルで、松任谷由実さんの楽曲も楽しめます。

詳細はこちらから。

さあ子どもと一緒にミュージカルに行こう!

People watching cinema

お子さんと一緒に楽しめるミュージカル、気になるものはありましたでしょうか。

本格的なミュージカルはどうしても行くのを躊躇してしまいそうになりますが、思い切って足を運んでみてはいかがでしょうか。

是非この秋は、いつまでも記憶に残るいい思い出をつくってくださいね。