今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

2015年やっとオープン!高尾599ミュージアムで、高尾山観光を最大限楽しもう!

世界一登山客が多いといわれている「高尾山」。都心からのアクセスも良好、ケーブルカーもありちょっとした旅行気分の味わえる観光スポットです。
そんな高尾山に、新たな観光名所が誕生しました!その名も「高尾599ミュージアム」。
どんな施設なのか、ワクワクが止まりませんね!今回は新スポット高尾599ミュージアムの概要や見どころについて迫っていきたいと思います。

高尾599ミュージアムとは?

高尾599ミュージアムの名前の599って、何だかご存じですか?実は、高尾山の標高599mからとったものなんです。けっして高い山ではありませんが、歴史や自然が息づいており、ここでしか出会えない魅力い溢れています。
この高尾山についてみんなでシェアするのが、このミュージアムのコンセプトです。

4つのシェア

どんな魅力をシェアしているのでしょうか?チェックしてみましょう!


1: 高尾山の魅力を共有する

高尾山の魅力を紹介いたします。豊かな生態系や、周辺に伝わる歴史や文化を映像や展示を通じて発信します。


2: 高尾山の未来を共有する。

50年先、100年先の高尾山を考え、想像していく。山の全てを体験できる環境施設で、子供たちも無理なく学べます。


3: 高尾山の情報を共有する

高尾山の季節ごとの見どころや、観光ポイント、緊急情報など高尾山の歩き方を学びます。


4: 高尾山の広場として共有する。

観光客や市民、登山客などすべての人に開かれたコミュニケーションの場所です。

どんな楽しみ方ができるの?

高尾599の楽しみ方は、美しく展示された高尾山の生物を観察したり、プロジェクトマッピングのような映像で四季の移り変わりを疑似体験したり、モニターを通じて学習もできちゃいます。
また、まだ登山が難しい小さな子供たちも楽しめるような、1歳から登山できる小さな山の遊び場で気軽に高尾山を体験することができます。

カフェもあるので、ちょっと歩き疲れたら休憩もできますよ。

ちょっとそこまでの感覚でOK

都心からも近くて、自然を味わえる場所としておすすめスポットの高尾山。小さな子供たちでも楽しめる施設ができたなら、行ってみなきゃですね!授乳室もあるで、赤ちゃんたちも心配いりません。
本格的なコーヒーも楽しめるカフェや、お土産にもピッタリで、自分でも欲しくなっちゃうグッズが売っているミュージアムショップも必見!

 

【住所】
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2435番3
【アクセス】
京王電鉄(京王線)高尾山口駅から、徒歩約4分です
【営業時間】
8:00~17:00(4月~11月)、8:00~16:00(12月~3月)
【料金】
入場無料