今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

横浜・八景島シーパラダイスが2018年7月リニューアルオープン!

開業25週年を迎えた「横浜・八景島シーパラダイス」が、開業後初となる大規模リニューアルを果たし、2018年7月にオープン。

そこで今回は、新しく生まれ変わった横浜・八景島シーパラダイスをご紹介します。

ぜひ、親子でのお出かけの参考にして下さい。

横浜・八景島シーパラダイスとは?

子どもから大人まで1日中楽しむことができる「横浜・八景島シーパラダイス」は、水族館や遊園地をはじめ、レストランなどのグルメにショッピングモール、さらにはホテルまでもが集結する複合アミューズメント施設です。

なかでも特に人気のスポットは水族館。

イルカなどの生き物たちと直接触れ合うことができる体験プログラムなどもあり、他の水族館よりも海の生きものたちを近くで感じることができると、近隣だけでなく遠方からも多くの人が訪れています。

【住所】

神奈川県横浜市金沢区八景島

【問い合わせ】

045-788-8888

【アクセス】

電車の場合:シーサイドライン八景島駅より徒歩すぐ
車の場合:首都高速湾岸線幸浦出口より約1.5km、横浜横須賀道路並木出口より約2km

【営業時間】

日によって異なります。詳しくはお問い合わせください。

小さな子どもと一緒でも安心

小さな子どもを連れてのお出かけとなると、おむつ替えや授乳のできるスペースがあるかなど、行き先の設備面はどうしても気になるポイントですよね。

横浜・八景島シーパラダイスには、授乳やおむつ替えが可能なベビールームが3か所、ベビーカーの貸出場所は2か所あるので、小さな子ども連れでも安心して楽しめる設備やサービスも充実しています。

また、粉ミルクや離乳食、紙おむつなどの販売も行っているので、自宅から持っていく荷物を少なくできるのもパパやママには嬉しいポイントですね。

そのほかにも、ベビー服・子ども服の販売も行っているので、万が一服を汚してしまったり濡らしてしまっても慌てる必要がありません。

レストランにはベビーフードを提供してくれるところもあるので、子どもが小さくても安心して楽しむことができるんです。

水族館「アクアミュージアム」リニューアル

シーパラダイスの中ではずせないスポットといえば、4つの水族館からなるアクアリゾーツ。

そのなかの「アクアミュージアム」では、今までよりも生きものたちをより身近に感じてもらうために、新しい11種類のLABOがオープンしました。

生きものたちのありのままの姿や、色鮮やかな美しさを楽しむことができるアクアミュージアムは、実に700種類12万点の生きものたちが生息してるという、日本最大規模の水族館なんです。

そんなアクアミュージアムの中から、特に子どもにおすすめのコーナーをご紹介します。

LABO.はじまりの海

幅約10メートルの巨大な水槽群が新たに登場し、ダイナミックなウェルカムスペースになったLABO1。

シーパラのキャラクターフィッシュである「キイロハギ」や「カクレクマノミ」「チンアナゴ」などの彩り豊かな生きものたちが展示されています。

色鮮やかな海の光景に、子どもたちも釘付けになりますよ。

LABO2.海の宝石 シェルリウム

日本一の飼育展示種数を誇る「海の宝石 シェリウム」は、ウミウシや貝の仲間の展示スペースです。

展示を見るだけでなく、アコヤガイから本物の真珠を取り出す体験など、体験プログラムも充実していて、取り出した真珠をアクセサリーに加工することができる体験もあるんだとか。

オリジナルのアクセサリーを作れば、シーパラダイスに家族で訪れた良い記念の品になりますね。

海からこんなきれいな物が作れるのかと、子どもが喜ぶ姿が目に浮かびます。

LABO4.氷の海にくらす動物たち

海の中でも、冷たい氷の海で暮らす生きものたちに会えるのがLABO4。

ここではホッキョクグマやセイウチ、ペンギンが暮らしています。

「はらぺこレクチャータイム」という解説イベントでは、彼らの食事風景の見学しながら、生きものたちが寒さの中で生き抜いていける秘密を知ることができますよ。

氷の世界で暮らす生きものたちの世界に、子どもたちも心を奪われる注目のブースです。

LABO5.大海原に生きる群れと輝きの魚たち

回遊する魚たちの群れを見ることができるスペースです。

シロワニ、エイ、7万尾のイワシの群泳を楽しめる自然の海を再現しました。

太陽の光を受け、キラキラと輝きながら泳ぐ魚たちはとても美しく、その壮大な光景からは目が離せません。

カラフルなライティングと音楽がコラボレーションした「スーパーイワシイリュージョン」は、絶対に見ておきたいイベントです。

LABO9.紺碧の大海原を旅する生きものたち

青色一色の大海原を優雅に泳ぐ、クラゲやイカの仲間たちのスペースです。

その幻想的な世界は、パパやママもうっとりとしてしまう美しさ。

ふわふわ浮かぶイカやクラゲたちをはとても優雅で、見ているだけで癒しのひと時を与えてくれます。

魚たちとはひと味違う動きに、子どもたちも興味津々。

LABO10.フォレストリウム

カピバラ、コツメカワウソ、ビントロングなどの陸上生物や水辺の生物など、水辺と森に暮らす様さまざまな生きものたちのスペースです。

草木や滝など、生きていくために必要な環境が整えられているので、自然の姿と変わらない生き生きと動き回る姿が子どもたちを魅了します。

コツメカワウソと握手をしたりごはんをあげたりと、直接触れ合うことができる体験プログラムも多数実施していますよ。

アクアシアター

世界中で大人気のドキュメンタリーチャンネル「ナショナルジオグラフィック」と横浜・八景島シーパラダイスがコラボレーションして制作した、オリジナル映像を観ることができます。ダイナミックで大迫力な映像は、見応え抜群で子どもたちの記憶に刻まれます。

その映像に圧倒されながら、大自然の雄大さを学習することができる映像担っていますよ。

カラダを動かす新アトラクション「ロックンロック」

 

八景島の立地を最大限に生かしたアトラクションで、海からの潮風を感じながら、屋外でクライミングを楽しむことができます。

靴やズボンの貸し出しもあるので、気軽に手ぶらで参加することができますよ。

また、専門のスタッフが常駐していてクライミングのレクチャーを受けることもできるので、初めてでも安全に楽しめます。

保護者の付き添いがあれば4歳から挑戦可能で、小学生からは1人でも体験することができます。

お出かけの際の注意

水族館での体験プログラムでは、直接海の生きものに触れることもあるので、体が水に濡れることもあります。

そして、汗っかきの子どもたちはたくさん遊んで洋服が汗でびしょびしょになってしまうこともありますよね。

そんな時でも対応できるように、お出かけの際には着替えを持っていくようにするといいですね。

お出かけの準備を万全に整えて、何も心配することなく親子で思いきり遊びましょう!