友だち追加

2018年8月に東京で開催の子供向けイベント10選!親子参加イベントも

シェアする

夏真っ盛り!子どもたちにとって一番楽しみな夏休み。

暑さもなんのその、毎日子どもたちは元気いっぱい!

夏休み中といえども、遠出は難しいこともありますよね。

そこで今回は日帰り圏内で親子でお出かけできる夏休みならではのイベントをご紹介。

夏ならではの思い出づくりの参考になさってください。

1.野菜をおいしく楽しく摂ろう「カゴメマルシェ」が新宿プリンスホテルで開催[PR]

新宿プリンスホテルの「ブッフェダイニング プリンスマルシェ」と「カゴメ株式会社」がタイアップし、1日の野菜摂取量350gの実現に向けたカゴメマルシェが、カゴメ株式会社の管理栄養士である金野たかね氏監修のもと開催されます。

その中の夏休み特別企画として、会期中の2日間限定でケチャップづくり体験ができます。

子どもを対象としたお野菜セミナーと、カゴメマルシェディナーがセットになった盛りだくさんの企画なので、子どもの夏休みの宿題対策にもぜひおすすめですよ。

【住所】
〒160-8487 東京都新宿区歌舞伎町1-30-1
【日程】
2018年8月1日(水)~31(金)
(夏休み特別企画は13日・14日の2日間のみ開催)
【開催時間】
ディナー/17:00~19:00 (8月11日~15日は90分制となります)
(夏休み特別企画は15:00受付開始/15:30ケチャップづくりスタート)
【問い合わせ】
03-3205-1111
【アクセス】
JR「新宿駅」より徒歩9分
西武鉄道「西武新宿駅」より徒歩2分
【料金】
おとな1名¥4,900/小学生1名¥3,500/幼児(4才~未就学児)1名¥2,500
※料金には消費税が含まれております。
※別途会計時にサービス料10%を加算させていただきます。
【ご予約方法】
ご予約はコチラから!

2.恐竜どうぶつ園 ティラノサウルス×トリケラトプスの戦い?!

男のコが大好きな恐竜。普段は化石や図鑑で見ることが多い恐竜ですが、この夏、目の前で動き回る本物そっくりの恐竜に出会うことができます!

2016年に日本に初上陸した、オーストラリア発ファミリー向けの恐竜ショーで、今年は新たにトリケラトプスが仲間入り。

昨年登場したティラノサウルスとの迫力あるバトルが今年の見所です。

さまざまな恐竜のレプリカや化石を見て触れられる「ミニ恐竜展」のコーナーや、ショーに参加した恐竜たちに触れたり、一緒に写真撮影ができるコーナーも。恐竜グッズの販売もあり。

大昔にタイムスリップした気分で、大迫力の恐竜を体感しよう!

2歳以下のお子さんの膝上鑑賞は無料です。

【住所】
たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール
東京都立川市錦町3-3-20
【日程】
2018年8月1日(水)
【開催時間】
13時00分~、15時30分~※約60分間(休憩なし)
【問い合わせ】
サンライズプロモーション東京
0570-00-3337
【アクセス】
電車の場合:JR中央線「立川駅」南口から徒歩約13分、JR南武線「西国立駅」から徒歩約7分
【予約/応募】
要事前予約

3.ズーラシアンブラス サマー・ミュージック・フェスティバル

年間約150の公演活動を展開中の、クラシック音楽に絵本の役割をプラスするという発想で生まれた音楽団。

ウサギやライオン、オカピといった総勢40名(?)の愛らしい動物たちが、聴き馴染みのある童謡を奏でます。

「音楽の絵本」なだけに、0歳からの入場もOK。

「小さなころから本物の音楽に楽しみながら触れてほしい」そんなパパやママに嬉しいコンサートとなっています。

きっと心震わせる音楽体験になることでしょう。

2歳以下のお子様は、膝上鑑賞に限り無料です。

【住所】
サントリーホール
東京都港区赤坂1丁目13-1
【日程】
2018年8月4日(土)
【開催時間】
14時00分~15時30分※開場13時30分
【問い合わせ】
音楽の絵本事務局
042-765-7284
【アクセス】
電車の場合:東京メトロ銀座線「溜池山王駅」から徒歩約7分、東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」から徒歩約5分
【予約/応募】
要事前予約

4. 0歳から♪管弦楽コンサート&バイオリン・フルート体験

2部構成の参加・体験型コンサート。

0歳からOKが謳われているので、「下のお子さんが小さいけれど、上の子に音楽体験をさせてあげたい」とお考えのパパやママにも安心です。

会場内は自由席で、イス席とマット席あり。落ち着いて鑑賞できるお席を自由に選べるのもうれしいポイント。

また、おむつ換えスペースがあり、ベビーカーでの入場も大丈夫です。

なかなか、チャンスのない楽器体験。「楽器をやってみたい!」そんなお子さんにぴったりのイベント。

うれしそうな笑顔が目に浮かびますね。

【住所】
かつしかシンフォニーヒルズ リハサール室
東京都 葛飾区立石 6-33-1
【日程】
2018年8月11日(土・祝)
【開催時間】
14時15分~16時15分
【問い合わせ】
合同会社グローバルキッズ
050-5858-2834
【アクセス】
電車の場合:京成線「青砥駅」から徒歩約5分
【予約/応募】
要事前申込

5.そうめん流し

冷たくてつるっとした触感は、暑さで食欲がないときでも、不思議と食べられるものですよね。

夏の風物詩と言えるそうめんの理想の食べ方といえば、やはりそうめん流し。

このイベントでは、本物の竹を使った本格的な「そうめん流し」を体験することができます。

山から切り出してきた竹で作った手づくり台の大きさは、なんと約60メートルにも及ぶのだとか。

流れてくるそうめんをキャッチして食べる「そうめん流し」。

お子さんだけでなく、大人も童心に返って夢中になりそうですね。

定員は、期間中各日500人。時間制で8回開催されます。

事前予約は必要なしとのことですが、人気のイベントのため、時間等の詳細はお問合せください。

【住所】
夕やけ小やけふれあいの里
東京都八王子市上恩方町2030
【日程】
2018年8月17日(金)〜8月19日(日)
【開催時間】
10時00分~12時00分
【問い合わせ】
夕やけ小やけふれあいの里
042-652-3072
【アクセス】
電車の場合:京王「高尾駅」、JR「高尾駅」からバスで約30分
【予約/応募】
事前予約不要※当日受付

6.妖怪を探そう展

根強い人気のアニメ「妖怪ウォッチ」、4月からリメイク版のテレビ放送が始まった「ゲゲゲの鬼太郎」。

今日本ではひそかに妖怪ブームがきているようですね。

アニメなどをみて、妖怪に興味を持ち始めたお子さんもいるのではないでしょうか。

会場内の物陰や隙間に隠された60種類の妖怪を、探しながら楽しく鑑賞できるこの体験型のイベント。

全部を見つけられたら、限定の記念品のプレゼントも。

親子一緒に探していけば、ひと味違った夏の思い出になるのではないでしょうか。

日本ならではの妖怪に触れてみる楽しい機会になりますよ。

【住所】
AreaA(アエリアー)
東京都千代田区東神田3-4-12 5階
【日程】
2018年7月30日(月)〜8月18日(土)
【開催時間】
11時00~18時00分
【問い合わせ】
Arcty株式会社
0338622606
【アクセス】
電車の場合:JR総武線・都営浅草線「浅草橋駅」から徒歩約3分、JR山手線「秋葉原駅」から徒歩約8分
【予約/応募】
事前予約不要

7.清瀬ひまわりフェスティバル

夏を代表する花「ひまわり」。

子どもたちの笑顔のように、暑い夏、太陽に向かって咲くその姿は、いつ見ても気持ちがいいものですよね。

そんなひまわりをおなかいっぱい楽しむことのできる「清瀬ひまわりフェスティバル」。

約2万4千平方メートルもの広大な敷地に、約10万本のひまわりが咲き誇るその景色は圧巻です。

暑い夏。いっそのこと、思いっきり暑さを体験しに、お子さんとひまわり畑に出かけてみてはいかがでしょうか。

【住所】
東京都清瀬市下清戸3丁目地区
石井ファーム・小寺ファーム
【日程】
2018年8月18日(土)〜8月28日(火)
【問い合わせ】
清瀬ひまわりフェスティバル
042-492-5111
【アクセス】
電車の場合:西武池袋線「清瀬駅」からバスで約10分
【予約/応募】
事前予約不要

8.第37回浅草サンバカーニバルコンテスト

昭和56年にスタートした「浅草サンバカーニバル」。

50万人の人出でにぎわう、浅草の夏の風物詩のひとつになっています。

浅草寺前の馬道通りから雷門通りまでを、サンバのダンスを踊りながらパレードが行われます。

暑い夏、リオデジャネイロの太陽に思いをはせながら、お子さんと一緒に異文化体験してみてはいかがでしょうか。

【住所】
浅草浅草寺前 馬道通りから雷門通り
東京都台東区浅草
【日程】
2018年8月25日(土)
【開催時間】
13時00分~18時00分
【問い合わせ】
浅草サンバカーニバルコンテスト実行委員会
http://www.asakusa-samba.org/contact.html【アクセス】
電車の場合:東武スカイツリーライン・東京メトロ銀座線・つくばエクスプレス・都営地下鉄浅草線「浅草駅」から徒歩約5分
【予約/応募】
事前予約不要

9.OriFes!2018

子どもの頃から慣れ親しんだ「おりがみ」。

今や世界中に広まり、人気の日本文化のひとつとなっています。

そんな「オリガミ」ファンの方の聖地ともいえる場所「お茶の水 おりがみ会館」。

創業160周年を迎える記念の今年は、おりがみ教室とあわせ、スタンプラリーや楽しいイベントも開催されます。

奥が深い「オリガミ」。

夏休みの自由研究としても活用できそうです。参加費無料のイベントです。

【住所】
お茶の水 おりがみ会館
東京都文京区湯島1-7-14
【日程】
2018年7月20日(金)〜8月31日(金)※日・祝日は定休日
【開催時間】
9時30分~18時00分
【問い合わせ】
お茶の水 おりがみ会館
03-3811-4025
【アクセス】
電車の場合:JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」から徒歩約7分、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」から徒歩約5分
【予約/応募】
予約不要

10.特別展「昆虫」

夏休みといえば、「昆虫採集!」という方も多いのではないでしょうか。

昆虫は、現在見つかっているものだけでも約100万種が知られていますが、まだまだ未発見の昆虫がたくさんいることも推測されています。

この夏は、日本を代表する国立科学博物館ならではの切り口で紹介される昆虫展で、昆虫博士を目指しませんか?

特別展では、正しい昆虫採集の方法や注意点も紹介。

自由研究のテーマにもぴったりの特別展です。

開催期間が長いのもうれしいポイントですね。お得な前売チケットもあります。

【住所】
国立科学博物館
東京都台東区上野公園7-20
【日程】
2018年7月13日(金)〜10月8日(月・祝)
【開催時間】
(平日)9時00分~17時00分
(金・土)9時00分~20時00分
(8/12~16・8/19)9時00分~18時00分
※最終入場閉館30分前まで
【問い合わせ】
国立科学博物館
03-5777-8600
【アクセス】
電車の場合:JR「上野」駅から徒歩約5分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅から徒歩約10分
【予約/応募】
事前予約不要

屋外イベントも。熱中症対策を万全に!

元気なお子さんは、遊んでいると楽しくて夢中になるもの。

熱中症による体温の上昇やふらつき、のどの渇きなどはそっちのけになってしまうことも…

周囲の大人が気にかけて、日よけ対策、水分補給の声かけをするようにしましょう。

せっかくの夏休み、熱中症には十分気をつけて、楽しい思い出づくりにお出かけくださいね。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!