今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

2019年北海道の子どもと行けるお花見イベント10選

全国的に「お花見イベント」といえば、通常は桜の花見が定番。

しかし、ここ北海道では、雪が解けて一気に春が訪れるので、さまざまな花が一気に咲き誇ります。

このため、桜だけでなく、梅やライラック、さらに芝桜などいろいろなお花見が楽しめるのが特徴。

桜の花見ももちろんのこと、今年は、ちょっと趣向を変えた花見を楽しんでみるのもおススメです。

北海道で、子どもと一緒に楽しめるお花見イベントをご紹介します。

1.平岡公園 梅まつり

平岡公園春の一大イベント「梅まつり」。

平岡公園を代表するのが、6.5ヘクタールの敷地に約1200本植栽されている梅林。

紅白の梅林が札幌に春の訪れを告げます。

毎年10万人以上もの花見客で賑わうほど人気のイベントとなっています。

臨時売店「ひらおか梅ほんぽ」では梅スイーツや梅グルメなどオリジナル商品も豊富に並び、毎年人気を集めています。

【日時】2019年4月27日(土)~5月19日(日)

【会場】平岡公園 北海道札幌市清田区平岡公園1-1

【問合せ先】011-881-7924

【アクセス】地下鉄東西線「新札幌駅」「大谷地駅」よりバス

2.円山公園 花見期間

札幌でも桜の名所として名高いのが円山公園。

普段は火気厳禁となっていますが、毎年この時期だけは特別火気使用可能期間として一部のエリアに限り炭火の使用が許可されます。

北海道の花見といえばジンギスカンやバーベキューパーティー。

コンロセットの貸し出しや、道具の販売などもあるので手軽に楽しめるのも魅力となっています。

【日時】2019年4月28日(日)~5月6日(月)

【会場】円山公園 北海道札幌市中央区宮ヶ丘他

【問合せ先】011-621-0453

【アクセス】地下鉄東西線 『円山公園駅』下車  3番出口 徒歩 5分

3.北海道大学植物園 みどりの日無料開放

毎年みどりの日は、年に一度の無料入園日となる北海道大学植物園。

春の草花を探したり、芝生でゆっくりくつろいだり…都会のオアシスで春のひとときを楽しめます。

植物園には約4000種類の植物が栽植されていて、春の訪れるこの季節にはいろいろな花に出会うこともできます。

園内は広く、子どもたちが走り回れるような芝生の広場があったり、ベンチがあったりと一日ゆっくり過ごすのにもぴったりです。

【日時】2019年5月4日(土)

【会場】北海道大学植物園 北海道札幌市中央区北3条西8丁目

【問合せ先】011-221-0066

【アクセス】JR札幌駅から徒歩約10分

4.パンジー・ビオラCollection

道内最大級となる約380品種のパンジー・ビオラの展示が行われ、園内がカラフルな花々で彩られるパンジー・ビオラCollection。

個性的なパンジーやビオラも豊富に揃い、園内は花の香りに包まれています。

滝野すずらん公園で生まれた青いビオラ「滝野ブルー」をはじめ、誕生日ごとに366品種を選定した「バースデーセレクション」での展示も是非チェックしたいところ。

園内では押し花を使ったクラフト体験やガイドボランティアによるツアーなども開催され人気を集めています。

【日時】2019年4月27日(土)~6月9日(日)

【会場】国営滝野すずらん丘陵公園 北海道札幌市南区滝野247

【問合せ先】011-592-3333

【アクセス】札幌市街から車で約50分

5.さっぽろライラックまつり

ライラックは昭和35年に札幌の木にも選ばれ、どこの家の庭先でも見かけるほど市民にも親しまれる木。

ライラックまつりは札幌に初夏の訪れを告げるおまつりとして市民の間にも定着し、札幌を代表する春のイベントです。

約400本のライラックが咲き誇る大通会場では、ライラック音楽祭、野外でお茶を楽しむ野だて、スタンプラリーなど期間中、さまざまなイベントが開催されます。

半年余りの長い冬からようやく開放され、野外散策を楽しむ季節到来のファンファーレとして愛されるお祭りです。

【日時】2019年5月中旬~下旬

【会場】大通公園 北海道札幌市中央区大通公園西5丁目~7丁目

【問合せ先】011-281-6400

【アクセス】地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」下車すぐ

6.しずない桜まつり

毎年全国各地から20万人もの花見客が訪れる人気のイベント「しずない桜まつり」。

幅二十間(36メートル)・直線約7キロにわたり、エゾヤマザクラを中心とした約3000本の桜が咲き誇り、「日本の道百選」や「さくら名所100選」、「北海道遺産」などにも選ばれている桜の名所、二十軒道路が会場となります。

見どころは二十間道路の中心部に位置する「花のトンネル」。

桜並木が全長約300メートルにわたって連なる散策路は、空を覆うように広がる桜が楽しめるだけでなく、期間限定の土産物などがイベント広場で販売されています。

【日時】2019年5月上旬

【会場】二十間道路桜並木 北海道日高郡新ひだか町静内田原~静内御園

【問合せ先】0146-42-1000

【アクセス】日高自動車道日高厚賀ICから国道235号を経由し新ひだか町方面へ

7.松前さくらまつり

桜の名所100選に選定されている松前公園。

園内には約1万本250品種の桜があり、1ヶ月間にわたり、早咲き・中咲き・遅咲きと「時差開花」し競演の様子を見せてくれます。

津軽海峡を眺めながら見る桜はまさに圧巻。

期間中には武者軍団パレード、松前物産フェア、郷土芸能の披露、山車巡行、など多彩なイベントも繰り広げられ大勢の観光客でにぎわいます。

【日時】2019年4月27日(土) ~ 2019年5月15日(水)

【会場】松前城 北海道松前郡松前町字松城

【問合せ先】0139-42-2726

【アクセス】JR木古内駅から函館バス松前出張所行き乗車約1時間30分

8.ひがしもこと芝桜まつり

春の訪れとともに、広大な敷地一面に芝桜が咲き誇る「ひがしもこと芝桜公園」。

ご当地グルメが楽しめる売店や、ゴーカートに釣堀、日帰り温泉、歴史を感じさせる神社などもあり、1日たっぷり楽しめます。

広い敷地内には芝桜に覆われた緩やかな丘があり、下から見上げる景色、上から眺める景色はともに壮観と話題となっています。

展望台や、山津見神社のピンク色の鳥居など、園内には見どころも盛りだくさんです。

芝桜公園には売店や食堂があり、ご当地グルメや、新鮮な野菜に名産のチーズなど特産品の販売も行われています。

【日時】2019年5月3日(金) ~ 2019年6月2日(日)

【会場】ひがしもこと芝桜公園 北海道大空町東藻琴末広393

【問合せ先】0152-66-3111

【アクセス】JR網走駅より車で約40分

9.かみゆうべつチューリップフェア

およそ200種類ものチューリップが咲き誇る「かみゆうべつチューリップ公園」。

7ヘクタールの広大な敷地内に咲くチューリップは、色も形もさまざま。

これほど多くの品種のチューリップを一度に目にする機会はなかなかありません。

園内は広く、周遊バスでの移動が便利。

公園入口では、オランダ民族衣装を貸し出しています。

チューリップの名所オランダ気分での記念撮影も楽しそうです。

【日時】2019年5月上旬~6月上旬

【会場】かみゆうべつチューリップ公園 北海道湧別町上湧別屯田市街地358-1

【問合せ先】01586-8-7356

【アクセス】札幌から車で約3時間30分

10.あっけし桜・牡蠣まつり

厚岸湖を望む12万平方メートルの園内に約1200本のエゾヤマザクラなどが咲く子野日公園。

桜と、特産の牡蠣やアサリなどの海産物を求めて、毎年多くの地元の人や観光客で賑わう春の一大イベントとなっています。

購入した海産物を炭で焼き、桜の木の下で味わえ贅沢な花見を楽しめます。

期間中の日曜日には、『ちびっ子アサリつかみどり』や『厚岸名産牡蠣のつかみどり』などのイベントも。

桜前線の最終到着地・道東で、最後の春を楽しみましょう。

【日時】2019年5月11日(土) ~ 2019年5月19日(日)

【会場】子野日公園 北海道厚岸町奔渡6丁目9

【問合せ先】0153-52-3131

【アクセス】釧路外環状道路釧路東ICから車で約55分

お花見イベントに参加する際の注意ポイント

北海道にもようやく遅い春がやってきたとばかりに出掛けるお花見イベントですが、まだまだ気候が不安定な季節です。

日陰や風が吹くと、体感気温が急激に下がることもありますし、朝晩と昼間の気温差も大きくなります。

お花見イベントはどうしても屋外での活動時間が長くなりますので、薄手の上着は必須アイテムになりそうです。

日のあたる場所を思いっきり駆け回ると子どもたちは汗ばむほどの陽気になることもありますから、体温調節には気を遣いそうですね。

また、イベントによっては大勢の人出が見込まれるものもあります。

迷子にならないよう、細心の注意を払って、今年も素敵なお花見の思い出を残しましょう。