今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

関西の子連れにおすすめ夏祭り&縁日2017まとめ

夏の思い出を彩る夏祭り。各地で個性あふれる夏祭りや地域に根差し地域の方々からも愛される夏祭りなどが開催されています。

関西地方でも、日本の三大祭りの一つとされるような伝統と歴史ある盛大なお祭りから、ボランティアの方々による手作りの夏祭り、さらにはこじんまりとした地域の夏祭りなどいろいろな形で夏祭りが開催されます。

子どもたちにとっても夏祭りは、楽しみなイベントの一つ。是非今年も家族で夏祭りにお出かけしてみましょう。

子どもと夏祭りに行く際の注意点

夏祭りは、やはり、人出が多いもの。抱っこひもを活用したり、子どもとは必ず手をつなぐなど、人ごみの中で迷子にならないよう注意が必要です。

また、昼間から夕方、さらに夜間まで行われる祭りも珍しくありません。開催時間に合わせて、体温調整ができるような簡単に羽織れる上着なども用意しておくと安心です。

夏祭りの中には地域に根差した歴史ある文化的なお祭りも。是非、そんな風土・文化と触れ合う機会にもしてあげたいですね。

1.天神祭

日本三大祭りの一つ。大阪の夏祭りといえば、やはり天神祭

船渡御など、ここでしか見られない歴史と伝統ある行事も多数。ぜひ一度は体験したいお祭りの一つです。期間は6月下旬から7月25日の約1か月間。

大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿から火と水の祭典といわれています。

【開催日】
2017年7月24(月)
【開催地】
大阪天満宮 他
【問合せ先】
06-6353-0025

2.だいがく祭

大阪府指定文化財であるだいがくを境内に据え置き、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全を祈願するお祭です。

玉出西公園では、女性だいがくや中型のだいがくを担ぐ姿が披露されます。また、神社境内では、子供だいがくが披露され、だいがく踊りが奉納されます。

【開催日】
2017年7月24(月)、25日(火)
【開催地】
大阪市西成区 生根神社
【問合せ先】
06-6659-2821

3.寺方提灯踊り

守口市の旧南寺方地域で江戸時代から続いている郷土芸能寺方提灯踊り

河内音頭にあわせ太鼓を使った囃子と、片手に提灯を持った独特の踊りは全国的にも珍しいものです。

市指定無形民俗文化財にも指定され、守口市駅前において開催されます。

【開催日】
2017年7月17(月)、18日(火)
【開催地】
京阪守口市駅前 京阪百貨店前広場(カナディアン スクエア)
【問合せ先】
06-6995-3158

4.玉造稲荷神社 夏祭り

玉造に縁のあるものが主役のお祭。江戸時代に栽培されていた玉造黒門越(白)瓜が復活、さまざまなメニューに料理され、色んな味で食すことができます。

小獅子おどりが奉納され、境内は一層にぎやかに。また、漫才作家:秋田實を偲んで奉納演芸が行われます。

【開催日】
2017年7月15(土)、16日(日)
【開催地】
大阪市 玉造稲荷神社
【問合せ先】
06-6941-3821

5.祇園祭

衹園祭は八坂神社の祭礼で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつ

歴史の長さ、豪華さ、祭事が1ヶ月にわたる大規模なものであることで有名です。

ハイライトは7月17日と24日に行われる33基の山鉾巡行。毎年7月1日から31日まで、1ヶ月にわたっておこなわれます。

【開催日】
2017年7月17日(月)、7月24日(月)
【開催地】
京都市内各山鉾町 八坂神社
【問合せ先】
075-561-6155

6.金刀比羅神社夏祭

1811年讃岐の金毘羅大権現の分霊を迎えて建立された金毘羅神社

「丹後のこんぴらさん」と呼ばれ、海難救助、男女和合、縁結びの神様として親しまれています。

9日の宵まつりは金刀比羅神社境内に露店が並び、丹後一円からたくさんの人々が訪れにぎわいます

【開催日】
2017年7月9日(日)、7月10日(月)
【開催地】
京丹後市 金刀比羅神社
【問合せ先】
0772-62-0225

7.海フェスタ

今年は神戸開港150年を迎える記念すべき年

海の総合展では展示・セミナー・ステージ・体験ブースなど、子供から大人まで楽しめるイベントを。帆船フェスティバルでは、帆船パレードや一般公開、など帆船の魅力を堪能。

毎年みなと神戸の夜空を彩る夏の風物詩として親しまれる花火大会も開港150年を記念した充実の内容です。

【開催日】
2017年7月17日(月)、7月24日(月)
【開催地】
神戸市 メリケンパーク
【問合せ先】
078-322-0220

8.夏祭り(えびす万燈籠)

境内の全灯ろうに灯がともされ幻想的な空間が広がるえびす万燈篭。

境内330基の石燈籠と約5000個のろうそくに御神火が次々と灯され、光の列が浮かび上がります。陽が沈み薄暗くなる中で、浮かび上がる幾千の光が幻想的な風景で参拝者を楽しませてくれます。

【開催日】
2017年7月20日(木)
【開催地】
西宮神社
【問合せ先】
0798-33-0321

9.バサラ祭り

奈良で行われるストリートダンスを中心としたお祭りです。

ライブ感覚あふれる市民参加型の夏祭りで、各団体(踊り隊)がアイデアを凝らした衣装、踊りで繰り広げる ダンシングパフォーマンス・パレードを繰り広げます。

若者たちの熱気と情熱、古都の粋と賑わいが魅力です。

【開催日】
2017年8月26日(土)、27日(日)
【開催地】
奈良市街 他会場
【問合せ先】
0742-27-6700

10.ふるさと夏まつり〜木之本地蔵大縁日、長浜市木之本大花火大会〜

古くから眼病平癒の仏様として全国に信者を持つ木之本地蔵院の大縁日

地蔵坂や北国街道沿いにはたくさんの露店が所狭しと並び約10万人の参拝者が訪れます。25日には木之本大花火大会が行われ、縁日のフィナーレを華々しく彩ります。

【開催日】
2017年8月22日(火)~25日(金)
【開催地】
滋賀県長浜市 木之本地蔵院
【問合せ先】
0749-82-5900

特色あふれる夏祭り

夏祭りと一口にいっても、特徴はそれぞれ

踊りを見たり、踊りに参加したり、花火や神輿などの迫力に触れたり、縁日を楽しんだりと、楽しみ方もそれぞれです。

歴史あるものから、近年市民の手で作られたものまでありますが、そんな地域の文化に触れるのも夏祭りの魅力の一つでもあります。

開催期間も1日のものから1か月程度のものまであるので、今年の夏は各地の夏祭りに是非お出かけしてみてください。