今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

【今日の読み物】深夜0時でも寝てくれない…夜更かし息子にネットで話題の寝かしつけ法をたくさん試した結果

パパママのみなさんに質問です。
子どもが寝ないとき、どうしてますか?

我が家の息子こーくんも、なかなか寝ない日が多くて困っています。
そこで今回、ネット上で話題の「寝かしつける方法」をかたっぱしから試してみることにしました。

子どもが必ず眠りにつく方法を探したいと思います。

うちの息子、本当に寝ないんです…

息子のこーくんがどれだけ寝ないかを紹介しておきたいと思います。

時計はまもなく深夜0時。

しかし、リビングで余裕のYouTube鑑賞です…。
おもちゃで遊ぶ動画を延々と見続けるので困ります。

以前、スマートフォンで見ているときは本当にひどく、取り上げるまで永久に見続けるような勢いでした。

以前、夫婦ともに寝落ちしてしまい、気が付いたら深夜3時。物音がするなと思って目を覚ましたら、暗闇の中スマホでYouTube動画を見続けるこーくんの姿が…。

深く反省した僕ら夫婦はお互いのスマホをこーくんに与えないことを決め、YouTubeはテレビで見せるようにしたところ、以前に比べてYouTubeへの異常な執着はなくなりました。

しかし、大体23時半くらいまで延々と見続け、眠くなったら自分で「寝ようっと」といいながら、自分で布団に向かいます。

自分の意思で眠くなったら眠るのは偉いのですが、子どもにしては寝る時間が遅すぎるので、何とかしたいのです。

方法1 足を温める

こーくんは今日も21時を過ぎてもYouTubeを鑑賞中。

「こーくん、くるくるしよう」

と声を掛け、こーくんを寝室に呼びます。

こーくんの足を布団でくるくる巻いて、足を温めてみました。

この布団でくるくるにしてあげたのが、よっぽど嬉しかったようでごきげんに。
カメラを向けるとピースサインをされてしまいました。

眠るどころかむしろテンションUP!
赤ちゃん向けの方法なので、3歳児のこーくんには効果がなかったのかもしれません。

でも「くるくるしよう」と呼びかけたことで、寝室に呼び寄せることには成功しました!

方法2 数を一緒にゆっくり数え続ける

足を温める作戦がまったく効果がなかったので、次の作戦に移ります。
子どもと一緒に数を数えていると、だんだん子どもが眠くなってくるそうなので、試してみましょう。

数を数えるポスターを準備して、こーくんに一緒に数を数えようと誘ってみます。

「いーち、にー、さー……」
「うるしゃーい」

あろうことか、僕がこーくんに注意されてしまいました。

それでも僕は構わず、数を数えつづけます。

「いーち、にー、さーん……」
「うるしゃーい!!!!」

ばっ

あーっ!!!!

なんと僕の数える声が耳障りだったこーくんは、腹を立てて数字ポスターをビリビリに破ってしまいました。

「せっかくわざわざ無料素材サイトでダウンロードして、印刷したのに……」

うーん、こーくんはやっぱりなかなか手強いようです。

方法3 絵本を読み聞かせる

まだまだ方法はあります。
王道の方法である「絵本の読み聞かせ」にチャレンジしましょう。

「こーくん、一緒に絵本読もうか?」
「うん!!」

すると、こーくんは嬉しそうにいくつか絵本を持ってきました。
さっそく、こぐまちゃんの本を読むことに。

ふたりで一緒にお布団に入ることに成功しました。これだけでもなんだか行ける気がします。

「もいっかい!」「はーい」
「つぎはこっち!」「はーい」

「もいっかい!もいっかい!」

読めば読むほど元気が増していくこーくん。
次から次に絵本を持ってこられてギブアップ。

これもだめでした…。

方法4 おやすみ用ミュージックを流す

ずっと気になっていた「おやすみ用ミュージック」。
YouTubeで検索するといくつも出てきたので、そのうちの一本を流してみました。

リビングのテレビから流れるやわらかな音楽が眠気を誘います。
これは確かに効果がありそうです。

やっぱり音楽の力は凄いですね。心地よくて、心がスーッと落ち着いてきます。寝かしつけ効果が期待できそうです。
大人の僕でも眠くなってきましたよ!

大人の僕が寝ました。

こーくんに負けました。
後は奥さんに任せて、最後の手段です。

方法5 部屋を真っ暗にして寝たふりをする

最後の手段は部屋を真っ暗にして、お父さんとお母さんは寝たふりをするというもの。

僕は寝たふりというか、本格的に寝てしまったので奥さんにも寝たふりをしてもらいます。

こーくんははじめは「あーん!」と騒ぎ、布団につっぷしてグズりはじめましたが……

そのままほったらかしておくとものの3分ほどで寝てしまったそうです。

自然に寝室につれてきて横にするのが大切

今回の作戦ではこーくんを眠らせることはなかなかできませんでしたが、寝室で横にさせることができました。

まずは布団の上でしっかり横になってもらう態勢をつくることが大切だと思います。
布団の上でいっしょに遊んだら、とにかく電気を消してしまい、最初はグズるかもしれませんが、そこを我慢して待てば疲れて寝てしまうことも多いのではないでしょうか。

今回、作戦成功まで意外と難航しましたが、実際は21時45分に寝かしつけることに成功しました。いつも23時半くらいまで起きるこーくんにとってはかなりの早寝だと言えます。

これからもなるべく早い時間に布団に入らせることが習慣になるように、夫婦で力を合わせて働きかけていきたいと思いました。

今回、こーくんを寝かしつけるまでの効果は見えませんでしたが、数を数えたり、おやすみ用ミュージックで眠れる子どももいます。

ぜひ、寝かしつけるアイディアのひとつとしてお試しください。

フリーランスのライター。1987年生まれ。2014年に結婚し、2015年に第1子、2019年4月に第2子誕生。最近、「夫婦とはチームワークさえあれば、恋愛感情なんてゼロでもうまくいく」ということに気づき始めた。