友だち追加

【2018年】3月に東京で開催される子連れにおすすめイベント10選!

シェアする

気温も少しずつ暖かくなり、梅の花や桜の花が咲き始めるといよいよ春の気配。

何かが始まるそんな予感に街中も包まれます。

子どもたちにとっても入園入学や進級など新しいステップへの期待と、卒園や卒業などのお別れの不安に気持ちも揺らぎがち。

そんな時こそ、楽しく家族でお出かけを楽しみ、前向きな気持ちで心を落ち着かせてあげたいですね。

3月には東京都内でも、各地で素敵なイベントがたくさん開催されています。

3月のイベントあれこれ

季節は春。

花が咲きほころび始めると、自然と人の気持ちも明るくなりますね。

この季節は、梅の花や桜の花などの開花を喜んでの梅まつりや桜祭りが各地で開催されています。

花の名所はさまざまな場所にありますので、いろいろなお祭りに顔を出してみるのもおススメです。

また、由緒あるイベントごとも多い時季ですので、日本情緒を感じてみるのも、大人にとっても新鮮な体験となりそうです。

1.文京梅まつり

文京梅まつりは、道真公をお祀りする湯島天満宮において毎年2月上旬~3月上旬に開催されます。

白梅を中心に約300本もの梅の木が植えられている会場内で、期間中にはさまざまなイベントが催されます。

文京花の5大祭りのひとつに数えられ、この季節の風物詩となっています。

【日時】
2018年2月8日(木)~3月8日(木)
【会場】
湯島天満宮(湯島天神) (東京都文京区湯島3-30-1)
【問合せ先】
03-3836-0753
【アクセス】
東京メトロ千代田線「湯島」駅より徒歩2分

2.せたがや梅まつり

羽根木公園は全体が小高い丘になっている、都内でも屈指の梅の名所です。

現在は紅梅270本、白梅380本の650本が植えられています

期間中はさまざまなイベントが開催され、実行委員会が運営する売店では梅にちなんだ各種おみやげが販売されます。

ここでしか買えない商品もありますので、ぜひご家族で足を運んでみてください。

【日時】
2018年2月10日(土)~2018年3月4日(日)
【会場】
羽根木公園(東京都世田谷区世田谷代田4-38-52)
【問合せ先】
03-5432-3333
【アクセス】
小田急線「梅ヶ丘」駅より徒歩5分

3.深大寺だるま市

深大寺の最大の行事が厄除元三大師大祭

これにあわせて境内では、大師様のご威力にあやかる縁起だるま市も開かれ、日本三大だるま市のひとつとして全国的にも有名です。

寺の境内には大小約300余の縁起だるま店を中心とした店が並び、それを買い求める参詣者で賑わいます。

【日時】
2018年3月3日(土)・4日(日)
【会場】
深大寺(東京都調布市深大寺元町5-15-1)
【問合せ先】
042-486-5511
【アクセス】
京王線「調布駅」「つつじヶ丘駅」、JR「吉祥寺駅」「三鷹駅」よりバス

4.立川シティハーフマラソン2018

陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路をスタート地点に、国営昭和記念公園及びその外周道路がコースとなります。

親子ペアレースなどもあるので親子で挑戦してみるのもおススメです。

マラソン広場内にイベントコーナーを設置されるので、アトラクションやステージでも楽しめます。

【日時】
2018年3月4日(日)
【会場】
陸上自衛隊立川駐屯地滑走路~国営昭和記念公園
【問合せ先】
042-534-1483
【アクセス】
JR中央線「 立川駅」より約15分

5.観梅市民まつり

JR日向和田駅付近の神代橋通りで行われる、吉野梅郷地域のおまつり。

地元のお囃子や獅子舞などの伝統芸能の披露に加え、警視庁騎馬隊のパレード、手作り甲冑隊による武者行列、などが楽しめます。

梅の公園、中道梅園およびオープンガーデンなど、周辺の観梅スポットも見ごろとなります。

【日時】
2018年3月中旬
【会場】
神代橋通り(東京都青梅市日向和田)
【問合せ先】
0428-24-2481
【アクセス】
JR青梅線「日向和田駅」より徒歩約5分

6.火渡り祭

真言宗智山派大本山である高尾山薬王院は、関東の三大本山の一角を占める名刹として広く知られています。

山伏が年一回行う荒行である火渡り祭は、薬王院で行われる伝統行事のひとつ。

この行事では、一般の方も鎮火後に裸足で渡ることができるので、ご家族で挑戦してみるのも良いかもしれません。

【日時】
2018年3月中旬
【会場】
薬王院(東京都八王子市高尾町2177)
【問合せ先】
042-661-1115
【アクセス】
京王線「高尾山口駅」より徒歩5分

7.浅草観音示現会

浅草寺本尊示現会は浅草の町の誕生を祝う行事。

仏法守護の金龍が天より舞い降りたという金龍山の山号の由来する浅草寺縁起にちなみ、浅草寺境内では金龍の舞が奉演されます。

浅草の町をあげて盛大に執り行われ、更なる発展を目指す行事となっています。

【日時】
2018年3月18日(日)
【会場】
浅草寺(東京都台東区浅草2-3-1)
【問合せ先】
03-3842-0181
【アクセス】
「浅草駅」より徒歩5分

8.としまえん桜まつり

ソメイヨシノや八重桜が園内に咲き誇り、都内で桜を楽しめる名所のひとつとなっているとしまえん。

35mまで上昇するイーグルやお子さまに人気のコースター・ミニサイクロンなど、のりものから桜を眺められるのは、遊園地ならではのお花見といえそうです。

ぜひ親子でお出かけしてみてはいかがでしょうか。

【日時】
2018年3月下旬~2018年4月上旬
【会場】
としまえん(東京都練馬区向山3-25-1)
【問合せ先】
03-3990-8800
【アクセス】
「豊島園駅」より徒歩1~2分

9.うえの桜まつり

桜並木が全国的に有名な上野恩賜公園、通称上野公園園内の中央通りを会場に行われるうえの桜まつり。

祭期には1000個のぼんぼりがつるされ、夜桜が宴の雰囲気を醸し出します。

青空骨董市などさまざまなイベントも執り行われます。

江戸時代からの桜の名所で春の訪れを楽しみましょう。

【日時】
2018年3月下旬~2018年4月上旬
【会場】
上野公園(東京都)
【問合せ先】
03-3833-0030
【アクセス】
「上野駅」より徒歩3分

10.隅田公園桜まつり

江戸時代から続く桜の名所、隅田川沿いの台東区側で開催される桜まつりです。

隅田公園の桜は約600本。

ソメイヨシノを始め、オオシマザクラ、サトザクラなど様々な種類の桜を楽しめます。

隅田川の屋形船や水上バスに乗って、両岸の桜並木を眺める風流な花見も魅力的です。

【日時】
2018年3月下旬~2018年4月上旬
【会場】
隅田公園
【問合せ先】
03-3844-1221
【アクセス】
「浅草駅」より徒歩5分

春のお出かけ

屋外でのイベントに出掛ける機会も増えるこの季節。身も心も軽くなりますね

日差しの暖かさに服装も軽くなりがちですが、この時期は寒暖差が大きい季節でもあります。

昼間は薄着でもOKでも夕方には肌寒くなったり、また昨日は肌寒かったのに今日はぽかぽか陽気、なんてことも。

気温差は体調不良にもつながりやすいので、重ね着などをうまく取り入れ調整するとよさそうです。

特に子どもは大人以上に敏感。

ぜひ気を遣ってあげたいですね。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!