友だち追加

2018年春、名古屋にオープン!「LEGORAND Japan Resort」特集!

シェアする

レゴ®好きなら、子どもはもちろん、大人も夢中になること間違いなしのテーマパーク「LEGOLAND® Japan」。

そのレゴランド・ジャパンの隣接する敷地に、2018年4月15日(日)には水族館「SEA LIFE Nagoya」が、2018年4月28日(土)には「LEGOLAND® Japan Hotel」がグランドオープン!

「LEGOLAND® Japan Resort」として、体験・滞在型リゾートに生まれ変わりました。

東の東京ディズニー®リゾート、西のUSJ®に並ぶ、大型リゾートとして、注目を集める「LEGOLAND® Japan Resort」。

今回はそんな「LEGOLAND® Japan Resort」の新しくオープンした2つの施設をご紹介します!

SEA LIFE Nagoya

「見て、さわって、学んで」をコンセプトとした、体験型水族館。

世界50か所以上で展開され、生物に触れたり、生態について学ぶことで、海への興味をかきたてることを目的とした水族館。

目の前に広がる海の中の世界。

まるで自分が海の中に潜って、生き物たちと時を同じくしているような感覚を存分に楽しめそうです。

11のテーマが好奇心を育む

館内は、テーマごとに11 のゾーンに分かれています。

生き物に触れたり、生態について学ぶことで、海への興味や関心が自然と湧いてくるような造りになっています。

トンネルを抜けると、そこは、まるで竜宮城。

浦島太郎のおとぎ話の世界が広がるゾーンや、沈没船の中を進んでいくゾーン。

さらには、たくさんのエイが泳ぐ熱帯の海のゾーンに、海の生き物に触ることができるゾーンなど、レゴ®ならではの色彩豊かな世界が広がっていきます。

体験プログラムも

SEA LIFEレンジャーと呼ばれる水族館スタッフによるトークやショー、バックヤード体験ツアーなど、毎日さまざまな体験プログラムが開催されます。おすすめは、レンジャーミッションパック(別料金500円)。パックに入っているアイテムを使って、クイズを解いたり、おさかなの秘密を発見してミッションをクリアしていきましょう。海の生き物に詳しくなって、SEA LIFEジュニアレンジャーの仲間入りができますよ!

利用するにあたって、気をつけたいこと

個人利用の場合、施設内での食事や飲み物の持ち込みができません。

小さなお子さまとおでかけの際は、お食事はもちろん、事前に水分補給やおやつも済ませておきましょう。

また、施設内には、レストランがありません。

LEGOLAND® Japan Hotelのレストランを利用するか、近隣で済ませてご入場くださいね。

ベビーカーでの入館も基本的には大丈夫ですが、混雑時は断られる場合があるようです。

その場合は、水族館入り口でベビーカーを預けることになりますので、貴重品は各自で管理しましょう。

連休中や夏休みなど、ベビーカーを持ち込めない場合も想定して、荷物はできるだけコンパクトにした方がいいですね。

また、周辺は混雑が予想されるため、できるだけ公共交通機関のご利用をおすすめします。

【住所】
愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-7-1(LEGOLAND® Japanの正門から徒歩圏内)

【問い合わせ】
050-5840-0505

【アクセス】
電車の場合:名古屋駅からあおなみ線「金城ふ頭駅」を下車後すぐ
車の場合:伊勢湾岸自動車道の「名港中央IC」降りてすぐ

【料金】

当日(13歳以上)1,900円、(3歳から12歳)1,500円
※2歳以下は無料
※7日前までの事前購入の場合、上記料金から割引になります。
※LEGOLAND® Japan Hotelとのセットプランあり
※LEGOLAND® Japanとのお得なコンボチケットあり
※年間パスポートあり

【営業時間】
(平日)10時00分 ~ 17時00分
(土日祝)10時00分~18時00分
※最終入館は、閉館の1時間前まで
※日によって開館時間が異なります。公式ホームページ等でご確認ください。

LEGOLAND® Japan Hotel

外観から内装まですべてがレゴ®ワールド!

LEGOLAND® Japanの隣に、おもちゃ箱からそのまま出てきたのでは?と思わせる、夢のようなホテルがオープンしました。

LEGOLAND® Japanで思いっきり遊んで、その余韻を翌日まで満喫できます。

リゾート内の施設のチケットがセットになったお得なパッケージプランもあり、連泊もできます。

ファミリーで泊まると少々値が張りますが、レゴ好きにはたまらないホテルになっています。

8階建て、252室、宿泊定員は1044名です。

レゴ®ワールドさながらの客室

宿泊フロアは、パイレーツ、レゴ®ニンジャゴー、レゴ®フレンズなど、5つのテーマに分かれています。

フロアに降り立った瞬間、目の前に広がる空間に子どもも大人も大喜びすること間違いなし!

各客室には二段ベッドと専用のテレビが備わった子ども専用の部屋があり、トレジャーボックスが用意されています。

暗号を解いて宝箱を開けると、中に入っているレゴ®グッズを持って帰ることができますよ。

ブリックス・ファミリー・レストラン

レストランもカラフルなレゴ®ワールド。

天気の良い日にはプレイエリアもあるテラス席でも食事を楽しむことができます。

宿泊についてくるビュッフェスタイルの朝食では、約100種類の食材を使用したバリエーション豊富なメニューを楽しめます。

また、夕食は別料金ですのでご注意ください。

キッズ・プレイ・エリア

「キッズ・プレイ・エリア」は、レゴ®の室内こども用アスレチックがあるエリア。

誰も一度は、レゴ®で作った作品の中に自分が入ることを夢見たことがあるはず。

こちらではその夢を叶えることができます。

お城のかたちをしているアスレチックもあり、小さな子どもさんは喜ぶこと間違いなし。

また、ホテル内にあるので、パーク閉園後に子どもが遊び足りなくなった時など重宝しますね。

ウォーター・プレイ・エリア

「ウォーター・プレイ・エリア」は、レゴをテーマにした水遊びができるエリア。

水深は約60cmとなっており、未就学児でも楽しく遊ぶことができます。

1Fのコンシェルジュデスクで受付し、指定時間内で利用可能となっています。

また、3歳以下の子どもには、大人の付添が必要で、入る人は水着着用です。

LEGOLAND® Japan Resortで非日常の体験を!

いかがでしょうか。

上記に取り上げた以外にも「LEGOLAND® Japan Resort」には魅力がいっぱい!

2017年4月に先行オープンしていた「LEGOLAND® Japan」とあわせて、更に充実したレゴ®ワールドで、どうぞステキな時間を楽しんでみてくださいね。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!