友だち追加

大阪に2018年夏オープン!バラエティスポーツ施設「VS PARK」特集!

シェアする

現代人の運動不足が叫ばれるようになって、かなり久しいですが、皆さんは何かスポーツをされていますか。

小さな子どもがいたりすると、なかなかスポーツをする機会を見つけるのも難しいですよね。

でも、そんな時に、子どもと一緒に気軽なレジャー感覚でスポーツを思いっきり楽しめる施設があるとしったらいかがでしょう。

ぜひ行ってみたいと考える人も少なくないのではないでしょうか。

この春、大阪のランドマーク、万博公園EXPOCITYにそんな体験型のエンタメ系バラエティスポーツ施設が誕生しました。

その名も「VS PARK」

家族みんなが一緒になって体を動かして楽しめるとても魅力的な施設で、4月のオープンと同時に話題になっています。

今回はこの新しい施設についてご紹介したいと思います。

「VS PARK」ってどんなところ?

「VS PARK」は大阪万博公園内にあるEXPOCITYにオープンしたスポーツ施設。

運営会社はバンダイナムコアミューズメントということもあり、まさに新しい遊びの世界を実現してくれています。

ここで体験できるスポーツは全 37 種類

本気で楽しめる短距離走は猛獣逃げきりアクティビティで、対戦相手の動物を選び、壁に投影された動物(映像)と対決するというもの。

プロジェクションマッピング融合の新感覚ボルダリングなどもあり、デジタルとスポーツが融合したデジタルアクティビティが楽しめます。

ビリヤードとサッカーが掛け合わされたビリッカーに、声でドッジボールを楽しめるワーワードッジなど、従来のスポーツにユニークなガジェットを追加し遊び感覚でスポーツを楽しめるエキストラスポーツも充実しています。

さらに、氷上のチェス・カーリングや、回転する障害物から逃れるJump×Jumpなど、ネットやテレビで紹介された話題のスポーツも体験できます。

大人も子どもも一緒に夢中になって楽しめる、そんなアクティビティが目白押しです

子連れでも楽しめるおすすめポイント

「VS PARK」内にあるアクティビティはほとんどのものが小学生以上であれば挑戦可能

体力や体格に左右されないものも多くあるので、親子で一緒になって楽しめるものがほとんどです。

アトラクションへの挑戦は難しい未就学児の場合、入場は無料なので、家族連れでも安心して来場できます。

おむつ交換シートも設置されており、ベビーカーでの入場もOKです。

子ども連れで荷物が多い場合には施設内にある無料のロッカーを利用すると身軽に楽しめます。

小学生以上の子どもがいるご家族であれば、家族みんなで対等に対戦ゲームを楽しんだりできる「VS PARK」。

また、屋内施設なので天候の心配もないのもうれしいポイント。

施設内全てのアクティビティを楽しむのに必要な時間は約2時間ほどなので、2時間チケットで全てのアクティビティを楽しむこともできちゃいます。

なお、チケットは基本の2時間チケットで、一般2700円、学生2160円、小学生は1620円となっています。

アプリ登録で割引になるサービスもあります。

各種カード(交通ICカード類含む)での支払いも可能となっています。

お出かけの際の注意ポイント

家族で楽しむのにもおススメの「VS PARK」。

営業時間は平日10:00~21:00、土休日は9:00~21:00となっていますので間違えの無いよう注意しましょう。

なお、お出かけの際、最も気を付けておきたいところは、服装です。動きやすい服装と靴が基本です。

特にヒールやサンダルなどは安全上の問題もあるので避けたいところ。

加えて、一部のアクティビティでは靴や靴下を脱いだり、履き替えが必要になるものもありますので、脱着しやすいものを選んでおくのが安心です。

また、アクティビティは小学生以上が対象のものがほとんどですが、中には身長や体重制限があるものも。

特に、お子さんに「これはぜひやりたい!」というアクテビティがある場合には、事前にHPや電話などで確認しておくことをお勧めします。

なお、施設内に飲み物の自動販売機が設置されており、飲食物の持ち込みはお断りとなっていますので、マナーやルールを守って過ごしたいですね。

家族での楽しいレジャーにはぴったりの「VS PARK」。

次のお休みには家族みんなでお出かけして、大人も子どもも一緒になって挑戦してみませんか?

【住所】
大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
【問い合わせ】
06-6369-7186
【アクセス】
大阪モノレール「万博記念公園駅」下車、徒歩2分
【営業時間】
10:00~21:00

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!