今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

2019年に九州で開催される花火大会10選!夏休みは子どもと一緒に花火鑑賞に出かけよう

熱く暑い九州の夏。

各地の花火大会がさらに大いに盛り上げます。

規模の大きな花火大会も多く開催される九州地方。

地元客だけでなく、九州各地、また、日本各地から観光客が訪れるほど有名な花火大会もあります。

今年は、そんな人気ある九州の花火大会で、さらに夏を満喫したいですね。

1.筑後川花火大会

水天宮奉納花火として始まった350年以上の歴史を持つ久留米市の花火大会。

筑後川に映る迫力満点のナイアガラや尺玉など、1万8000発が打ち上げられるスケールの大きさは西日本屈指と言われています。

2ヶ所から打上げられる花火が、夏の夜空にあでやかに咲き乱れます。

市内はもとより全国各地から大勢の人が訪れる、久留米の夏の夜を彩るビッグイベントです。

【日時】2019年8月5日(月) 19:40~21:10

【会場】水天宮対岸河川敷、篠山城跡対岸河川敷

【問合せ先】0942-32-3207

【アクセス】JR鹿児島本線「久留米駅」から「京町会場」まで徒歩約10分、「篠山会場」まで徒歩約15分

2.くきのうみ花火の祭典

打上花火や仕掛花火など各種の花火が繰り広げられるくきのうみ花火の祭典。

洞海湾の夏の夜を彩る風物詩として、毎年30万人近くの来場者で賑わう、北九州市を代表する花火大会となっています。

台船上からの大玉10号をはじめとした打上げ花火や若松エルナードでの音楽花火、若戸大橋を舞台とした長さ260mの仕掛花火「ナイアガラ」を実施します。

海上花火ならではのロケーションの良さと、真上に打上がる大迫力の大輪の花火は見応え十分です。

【日時】2019年7月20日(土) 20:00~20:40

【会場】洞海湾(若戸大橋周辺)

【問合せ先】093-771-3559

【アクセス】若松側:JR若松駅から徒歩3分  戸畑側:JR戸畑駅から徒歩5分

3.佐賀新聞社 唐津市 唐津観光協会主催 第67回九州花火大会

佐賀県唐津市の夏の風物詩となっている花火大会。

20万人を超える県内外の観覧客が見守る中、仕掛け花火、打ち上げ花火など約6000発の花火が夜空を多彩に染め上げます。

直径480mに及ぶ大輪の花を開く20号の大玉、全長500mの仕掛花火や水中花火が、観客を魅了します。

クライマックスでは唐津城と共に楽しむ2尺玉とナイアガラが見ものとなります。

会場の西の浜海水浴場はJR唐津駅にも近く、周囲に日本三大松原のひとつ「虹の松原」や、鏡山、唐津城など唐津のシンボルがある白砂青松の景勝地です。

【日時】2019年7月14日(日)20:00~21:00

【会場】唐津市・西の浜

【問合せ先】0952-28-2151

【アクセス】JR唐津駅から徒歩15分

4.ハウステンボス・真夏のスペシャル大花火

ハウステンボスで、名曲に乗せて、レーザー光線と花火が打ちあがります。

ここでしか体感できない、スペシャルな花火エンターテインメントショーが楽しめます。

誰もが知っている“あの名曲”とぴったりシンクロしたスペシャル花火は必見。

「スペシャル大花火」は各日3部で構成され、第1・2部は、国内外の花火師の中から世界一の花火師を決める国内唯一の大会「世界花火師競技会」の予選を実施します。

第3部は、花火・音楽・レーザーを組み合わせたショーが開催されます。

【日時】2019年7月13日(土)8月10日(土) 20:00~21:00

【会場】ハウステンボス

【問合せ先】0570-064-110

【アクセス】JRハウステンボス駅下車

5.熊本復興祈念 TKU 江津湖花火大会2019

水の都・熊本市水前寺江津湖公園広木地区で開催される「江津湖花火大会2019」

今年も、平成28年熊本地震からの復興を願って開催します。

約1万発の花火が打ち上げられ、漆黒の夜空と湖面を絢爛豪華に彩ります。

音楽に合わせて花火を打ち上げる、「ミュージック花火」も見所の一つです。

夜店も並び、大勢の観客で賑わいます。

【日時】 2019年8月31日(土) 19:30~20:30

【会場】下江津湖周辺(水前寺江津湖公園広木地区)

【問合せ先】096-328-2948

【アクセス】市電「健軍町」電停で下車、徒歩20分

6.やつしろ全国花火競技大会

熊本県八代市のやつしろ全国花火競技大会。

全国の有名花火師30業者がその技を競う西日本で唯一の全国花火競技大会となっています。

北は秋田県から南は鹿児島県までの30の有名花火師がその腕を競います。

5号玉、10号玉、スターマインの3部門の競技花火のほか、ミュージック花火なども予定されています。

ラストは「花火師との光の交流」で締めくくる。

ハイレベルな花火の競演は「八代の花火」として有名で、九州以外からも注目を集めています。

【日時】2019年10月19日(土)

【会場】八代市球磨川河川緑地(新萩原橋上流)

【問合せ先】0965-33-4132

【アクセス】JR八代駅・肥薩おれんじ鉄道八代駅から徒歩約10分

7.大分合同新聞納涼花火シリーズ 大分合同新聞花火大会

県下最大級の夏まつり「大分七夕まつり」の最終日に行われる花火大会。

会場の大分川河川敷は整備されており、ゆったりと花火を見ることができます。

光の花が川面に映る姿も見事で、毎年多くの見物客が訪れてにぎわいをみせています。

音楽とシンクロする花火など、多彩な花火が見る人の目を楽しませ、夜空を花火が華やかに彩ります。

【日時】2019年8月4日(日)20:00~

【会場】JR大分駅から車で10分、大分道大分ICから車で15分

【問合せ先】097-538-9646

【アクセス】JR大分駅から車で10分、大分道大分ICから車で15分

8.都城市高城観音池まつり

ゴーカートや観覧車、オートキャンプ場など遊びどころ満載のレジャーパークとして、宮崎の人々に親しまれている観音池公園での夏まつりです。

観音池堤防の安全と五穀豊穣を祈願する伝統花相撲の奉納や、ステージイベントが会場を盛り上げます。

夜の花火大会では観音池を覆うように打上がる色とりどりの花火約3000発が、公園一帯を鮮やかに照らします。

池からの風が心地良く、花火とともにひとときの夕涼みを満喫できます。

【日時】2019年8月25日(日) 21:00~21:30

【会場】 観音池公園

【問合せ先】0986-23-2615

【アクセス】JR日豊本線・吉都線都城駅からタクシーで20分

9.さつま黒潮きばらん海 枕崎港まつり花火大会

1時間で1万発が打ち上げられる、まさに集中砲火のような迫力がこの花火大会の特徴となっています。

100発の同発花火やワイドスターマイン、尺玉などが次々と打ち上げられる中、創作花火など芸術性で魅せる花火も登場し、楽しませてくれます。

大漁みこしや大灯籠などのイベントでにぎわう、南薩摩最大級のまつりとなっています。

まつりの最後には九州唯一の超特大の三尺玉の打上げが堂々とフィナーレを飾ります。

【日時】2019年8月4日(日)20:00~21:00

【会場】枕崎漁港一帯

【問合せ先】0993-72-1072

【アクセス】JR枕崎駅より徒歩15分

10.鹿児島市制130周年記念 第19回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会

2000年を機にスタートした鹿児島の夏の風物詩。

桜島と波静かな錦江湾という世界に誇れる自然景観を背景に開催する九州最大級の花火大会となっています。

今回の目玉は、新元号及び鹿児島市制130周年を祝した2尺玉1発を含む特別スターマインや九州最大の1尺玉130連発などこだわった演出。

約15,000発の花火が夏の夜空を彩ります。

なお、有料観覧席は、大会当日のかごしま水族館入館割引などの特典付きです。

【日時】2019年8月24日(土) 19:30~20:40

【会場】鹿児島港本港区

【問合せ先】099-808-3333

【アクセス】JR九州新幹線鹿児島中央駅から有料シャトルバスで15分

花火大会へのお出かけ

九州地方での花火大会は全国的にも人気のものも多くあり、毎年多くの観光客が集まります。

また、夏祭りとあわせて開催されるものも多いので、昼は夏まつり、夜は花火大会という楽しみ方もできちゃいます。

一方で人出が多いイベントになりますので、子ども連れでは迷子などの心配もつきものです。

穴場スポットを狙ったり、有料席を確保したりするなどの工夫も大切です。

また、虫除け対策などは忘れずに行ってあげたいですね。

家族みんなで、快適に花火大会を楽しみましょう。