今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

2019年10月に東京で開催される子ども向けイベント10選

空も高くなり、すっかり秋の空気に包まれる10月。

文化の秋、芸術の秋から、食欲の秋まで・・・。

いろいろな秋がうたわれますが、この季節は天候も良くいろいろなことを楽しむのにも絶好の時期ということ。

皆さんは今年の秋はどんな秋になる予定でしょうか。

今回は、子どもと一緒に東京で楽しめる10月のイベントをご紹介したいと思います。

ぜひ、素敵な秋の思い出を家族で作ってくださいね。

1.フェスティバル/トーキョー19

フェスティバル/トーキョー(F/T)は、同時代の舞台芸術の魅力を多角的に発信し、社会における芸術の新たな可能性を追究するフェスティバル。

2009年の開始以来、国内外の先鋭的なアーティストが毎年秋に集結し、演劇、ダンス、音楽、美術、映像等のプログラムを、東京・池袋エリアを拠点に、上演・実施しています。

「人と都市から始まる舞台芸術祭」として、都市型フェスティバルの可能性とモデルを更新するべく、挑戦を続けています。

オープニングプログラムは、「2019年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業」として、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会との主催により開催します。

【日時】2019年10月5日(土)~11月10日(日)

【会場】東京芸術劇場/あうるすぽっと/シアターグリーン 他

【問合せ先】03-5961-5202

2.TeNQ5周年×絵本「はらぺこあおむし」誕生50周年記念『エリック・カールと宙(そら)展』

宇宙ミュージアムTeNQは、2019年7月8日に開業5周年を迎えました。

これを記念し、6月28日(金)からTeNQ5周年×絵本「はらぺこあおむし」誕生50周年記念 『エリック・カールと宙(そら) 展』の開催しています。

世代や国境を超えて愛され続けているエリック・カールの絵本の中で描かれた「宙(そら)」に注目し、美しい創作の秘密や、作品に登場する星や月をTeNQならではのアカデミックな視点で紹介。

タブレット上でエリック・カールのデザインを使った切り絵体験ができたり、代表作「パパ、お月さまとって!」の世界を、人気声優の中村悠一さんによる、本企画展のために録りおろした感情豊かなリーディングとスライドショーで楽しめたり。

TeNQでしか体感できない企画を展開しています。

【日時】2019年6月28日(金)~11月4日(月)

【会場】宇宙ミュージアムTeNQ  東京都文京区後楽1-3-61

【問合せ先】03-3814-0109

【アクセス】JR「水道橋駅」西口

3.マンモス展

約4000年前に絶滅したと言われている大型哺乳類のマンモス。

本展では世界初公開の貴重な標本が続々展示されています。

近年ロシア連邦サハ共和国の永久凍土から発掘された世界初公開を含む数々の古代の動物たちの冷凍標本を展示。

冷凍標本から得られた組織を使って世界各国で研究が進む「マンモス復活プロジェクト」についても詳しく紹介しています。

日本の近畿大学生物理工学部の研究を紹介し、最先端生命科学の“今”とこれからの生命科学のあり方について考えていきます。

貴重な展示物を通じて太古の生物に思いをはせるとともに、生命科学の未来について来場者の皆さんとともに考えます。

【日時】2019年6月7日(金)~11月4日(月)

【会場】日本科学未来館 東京都江東区青海2-3-6

【問合せ先】03-3570-9151

【アクセス】新交通ゆりかもめ 「東京国際クルーズターミナル駅(旧船の科学館駅)」下車、徒歩約5分

4.恐竜博2019

アメリカで発見された肉食恐竜が、「恐ろしいツメ」を意味するデイノ二クスと命名されたのが1969年。

そこから恐竜研究の新しい時代が始まりました。

本展では1969年以降50年の恐竜学の歩みと現在、そして近未来を展望します。

世界初公開・日本初公開の貴重な実物化石や全身復元骨格を一堂に紹介しています。

抱卵や子育て、色、性別、絶滅の謎など、ここ50年で塗り替えられてきた恐竜研究の「新常識」についても詳しく紹介。

最新研究による数々の新発見にも迫ります。

【日時】2019年7月13日(土)~10月14日(月)

【会場】国立科学博物館 東京都台東区上野公園7-20

【問合せ先】03-5777-8600

【アクセス】JR「上野駅」(公園口)から徒歩5分

5.新宿フィールドミュージアム2019

「新宿フィールドミュージアム」は、新宿区の文化芸術の魅力を創造・発信する、区の事業のひとつです。

新宿のまちでは、音楽・美術・演劇・芸能・パフォーマンス・まち歩き・歴史探訪など多彩なイベントが日々開催され、多くの方々を楽しませています。

こうしたイベントの主催者が協議会を立ち上げ、文化芸術イベントを集約・発信することにより、文化芸術の振興を図るとともに、賑わいを創出する事業が新宿フィールドミュージアムです。

9回目の開催となる今年は、期間を2カ月拡大し、7月から11月に開催します。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、これまで以上に多彩なイベントを区内全域で繰り広げます。

期間中は、新宿区の文化芸術の魅力を特に集中的に発信します。

新宿のまち全体が、アート&カルチャーイベントの博物館になる5ヶ月間です。

ぜひ新宿のまちをお楽しみください。

【日時】2019年7月1日(月)~11月30日(土)

【会場】新宿区立新宿文化センター 他各所

【問合せ先】03-5909-3060

6.東京よさこい(ふくろ祭り)

「東京よさこい」は池袋西口の4商店会が中心となり、昭和43年に始まった『ふくろ祭り』の後半、毎年10月に開催されます。全国から100以上のチームが参加し、元気な掛け声とともに踊りを披露します。

曲作りの基本は「よさこい」をもとにして、「東京音頭」などのその土地の民謡の一部を織り込んで作ります。

友好都市の観光物産展と協賛企業ブースが並ぶ豊島区民が誇るお祭りを大いに楽しみましょう。

しめくくりに「東京よさこいコンテスト」が行われます。

【日時】 2019年10月12日(土) ~13日(日)

【会場】池袋駅西口 他

【問合せ先】fukuro@yosakoitokyo.gr.jp

【アクセス】JR池袋駅下車

7.東京ラーメンショー

全国最大規模を誇る野外ラーメンイベント「東京ラーメンショー」 。

11回目の開催となる今年は、12日間の開催期間となります。

毎年おなじみ、日本各地で愛される「ご当地ラーメン」のほか、ここでしか食べられないオリジナル「コラボラーメン」など、様々なラーメンが一挙に集結します。

日本各地に存在する「ご当地ラーメン」は、昔から親しまれているものから、近年では街興しの一環として地元の食材を使ったラーメンまでさまざま。

「ご当地ラーメン」と一緒に地域観光にも寄与できるような取り組みも進めています。

【日時】2019年10月24日(木)~ 11月4日(月)

【会場】駒沢オリンピック公園 東京都世田谷区駒沢公園1-1

【問合せ先】03-3490-3810

【アクセス】東急田園都市線「駒沢大学駅」駒沢公園口より徒歩約12分

8.神楽坂まち飛びフェスタ 2019

1999年に、まち全体をアートスペースとした「まちに飛びだした美術館」を原点とし、翌年にはこれに神楽坂ゆかりの伝統芸能など様々なイベントを加えた「第1回神楽坂まち飛びフェスタ」として発展・継承されました。

毎年回を重ねて今年で21年目を迎えます。

期間中は茶道、能、箏曲、小唄などの伝統芸能をはじめ、ダンス、音楽、アート展示、体験・催事など約60〜70のイベントが神楽坂のどこかで開催されています。

最終日はフェスタのハイライト「坂にお絵描き」。

神楽坂通りの坂上から坂下まで全長700mにロール紙を敷き、道行く人々に自由にお絵描きできる、老若男女に楽しめるイベントとなっています。

【日時】2019年10月12日(土)〜11月3日(日)

【会場】神楽坂周辺

【問合せ先】info@machitobi.org

【アクセス】東京メトロ 東西線「神楽坂駅」、南北線「飯田橋駅」下車

9.東京金魚ワンダーランド2019

昭和の雰囲気漂うレトロな展示空間で金魚鑑賞に浸ることができる「東京金魚ワンダーランド2019」が開催されているすみだ水族館。

令和元年となる今年は、“懐かしさ”をテーマにすみだ水族館の江戸リウムに、“レトロかわいい”金魚展示空間「東京レトロ金魚」が登場。

ビーズの暖簾をくぐると、昭和時代を感じる広告看板や雑貨、金魚ちょうちんなどの装飾、オリジナルアロマの香りや音楽に包まれるレトロな空間が広がります。‌

さらに、床の映像の上を歩くと水面のように波紋が広がるインタラクティブな演出も取り入れ、ノスタルジーな空間を体感しながら金魚鑑賞を楽しむことができます。‌

【日時】2019年7月12日(金)~10月31日(木)‌

【会場】すみだ水族館 東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F

【問合せ先】: 03-5619-1821

【アクセス】東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」駅 すぐ

10.へんないきもの展3+うんこ

東京池袋のサンシャイン水族館では、「へんないきもの展3」の展示内容を変更し7月12日~10月14日に新展示が行われています。

新コーナーは「うんこ」をテーマにしたもので、ためグソをするケープハイラックスや、自分のうんこを食べるアンゴラウサギなど、うんこがへんな生き物の展示が行なわれています。

生き物たちのうんこの臭いを嗅げる「教育実臭(じっしゅう)」、サンシャイン水族館で飼育している生き物からとれたホヤホヤの「今日のうんこ」の展示など、さまざまな角度からうんこを紹介しています。

同コーナーの解説も、「へんないきもの」シリーズの著者・早川いくを氏の描き下ろしとなっています。

【日時】2019年7月12日(金)~10月14日(月)

【会場】サンシャイン水族館 東京都豊島区東池袋3-1

【問合せ先】03-3989-3466

【アクセス】池袋駅より徒歩約8分

秋のお出かけ

秋は暑すぎず寒すぎず、お出かけにもピッタリの季節。

とはいえ、変わりやすかったり1日の中での気温差も大きくなり、体調管理には気を遣う時期でもあります。

せっかくの秋のお出かけを楽しむには、体温調節などへの工夫も大切です。

また、空気も乾燥してきますので、心地よい気温ではありますが、肌の保湿や水分補給なども大切です。

ぜひ、準備は万全にしながら、秋の日のお出かけを家族でお楽しみください。