今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

【今日の読み物】3歳児に鉄板は危ない?お好み焼き「どんどん亭」のお子様無料メニュー体験レポート

こんにちは。3歳児と0歳児の父親ライターの大塚拓馬です。

これまで「子供には大きな鉄板のあるお店は危ない」と思って、どんなに食べたくても我慢をしてきました。

しかし、なんとお好み焼きの「どんどん亭」にはまだ小学校に行っていない子どもでも楽しめる無料メニューがあるという情報をGET。

3歳の息子が本当に熱くて危険な鉄板で楽しめるのか体感してきたところ、リピート確実だったのでご紹介します!

お好み焼き「どんどん亭」の子ども向けサービスとは?

まず、どんどん亭と今回検証するお子様向けの無料サービスについてご紹介します。

お好み焼き「どんどん亭」とは?

お好み焼き「どんどん亭」とは福岡県を中心に山口、大分、佐賀、熊本、長崎に40店舗以上展開する、お好み焼きの専門店です。

どんどん亭の魅力は大きな鉄板をみんなで囲んで、ひっくり返したり、鉄板焼きを楽しんだりできること。

調理を店員さんにお任せすることもできますが、僕は家族で自宅では不可能なサイズの鉄板を共有し、みんなでワイワイ楽しむのがどんどん亭の醍醐味だと思います。

メニューはお好み焼きをはじめとしてもんじゃ焼きや広島風のお好み焼き、焼そばや、鉄板焼きメニューなど充実しています。

お値段もお好み焼きは500円台からとリーズナブルで、ファンの多いお好み焼き店です。

どんどん亭のお子様無料メニューとは?

2019年4月1日からどんどん亭全店で始まったのが「未就学児のお子様向け特別メニュー」です。

子どもが自分でおむすびをつくる「チャレンジ・ザ・おむすび」(290円)と、自分でチヂミ焼をひっくり返す「トライ・ザ・チヂミ」(290円)のどちらかを、未就学児の場合に限り、無料で楽しめます。

はじめての調理体験をさせてあげられるという点で、食育にもつながるような試みですね。

さらに「じゃんけん・DE・プチソフト」というサービスもあり、じゃんけんをして勝ったらデザートの「プチソフト」が無料、あいこなら半額、負けたら定価(190円)となっています。

どれも子どもが楽しんでくれそうな上に、お得で良いなあと感じるサービスです。

いざ体験!と思いきや、超不機嫌な息子

お店でさっそくみんなで食事を……と思ったのですが、MAXレベルで不機嫌な息子のこーくん(3歳)。

「ほら、ポテトとからあげだよ、たべようよ」
「いらんっ!」

僕の提案はすべて拒まれ、座敷席でぐっすり眠り始めてしまいました。

これはまずい……。

せっかくどんどん亭のお店まで来たし、もう注文までしてしまっているのに、ここで眠ってしまうなんて。

何のレポートも残せないかもしれない。また来店しなおさないといけないかもしれない……。

「こーくん、こーくん、たべようよ」
「ねんねだよー」
「ごはんだよっ」
「ねんねだよ~……」

確固たる意志をもって眠ろうとしているこーくんを大人の都合で無理やり起こして、お好み焼きを食べさせるのは、親としてどうなのか……と思い、とりあえず自分たちの食事をとることにしました。

僕は左側のぶた玉の大盛(740円)、妻は福岡風ねぎチーズ玉(690円)を注文。

青のりと魚粉、かつおぶしをたっぷりとかけて完成。自分で焼いたとは思えないくらいフワフワでとってもおいしいです。大満足。

夫婦で満足し終わったころ、こーくんが目を覚ましました。

3歳で“返し”デビュー!「トライ・ザ・チヂミ」は成功する?

「トライ・ザ・チヂミ」には子ども用のお椀にチヂミの玉が入れられています。

「これ食べよっか」
「いらんっ!」

まだご機嫌ななめなこーくんに「トライ・ザ・チヂミ」の説明をしてみました。

「こーくん、これを混ぜ混ぜしてね、アチチな鉄板でジュージュー焼いてね」
「うん」
「このヘラを使って、よいしょっ!ってひっくり返すんだよ、やってみる?」
「うん!」

急に眼がキラキラしだしたこーくん。

「おお!すごい!こーくんできるの?」
「こーくんできるーっ!」

こーくんはすっかり機嫌をなおしました。

カメラを向けてもピースサインをするほどに。「トライ・ザ・チヂミ」のわくわくパワーは強いようです。

こーくんといっしょにチヂミ玉をまぜまぜして、鉄板の上へ。

小さなチヂミはものの数分でひっくり返し時を迎え、こーくんがヘラを手にしました。

こーくんはやる気満々。

せーの!!

パシッ!!

おおおおー!!!!

思った以上に軽々成功しました。

チヂミが小さいうえ、中のチーズがつなぎの役割を果たしています。

子どもでもひっくり返しやすいように、チヂミが崩れにくい工夫がなされているのですね。

ひっくり返せたのが嬉しかったこーくんは、チヂミを何度も何度もひっくり返した後…

「はい、どーじょ」

なんだこの紳士は。ナチュラルにママにプレゼントしました。

「#息子は小さな彼氏」みたいなハッシュタグをインスタで見たことあります。「ハイハイ」って感じで鼻で笑ってた僕でしたが「こういうことか」とショックを受けました。これはウカウカしてられませんね……。

3歳児が挑む人生初のおむすびづくり「チャレンジ・ザ・おむすび」

お子様向け特別メニューにはチヂミのほかに、もう一つおむすびをつくるメニューもあります。鉄板はまだ危ないなというようなお子さんの場合は、おむすびがよいでしょう。

具材には揚げ玉や干しエビが入っていて、間違いなくおいしそうです。

そんな間違いないご飯をぐるぐる混ぜていきます。

ビニール手袋をはめた手にご飯を乗せてあげて……。

人生初のおむすびにぎにぎ!!

「にぎにぎ」「にぎにぎ」と声を出しながら丁寧に握って……

無事に完成しました!記念すべき、初おむすびです。

その後、自分で調理したチヂミやおむすびをおいしそうに食べていました。あんなに不機嫌だったのに、すっかりご機嫌に。夕食を食べてくれてよかった。

楽しんでくれたようでなによりです。

どんどん亭のお子様無料メニューは3歳児でも楽しめる!

最後に「じゃんけん DE プチソフト」にも挑戦!

店員さんとじゃんけんをして、無事勝利!190円のプチソフトが無料になりました。

こーくんは自分で調理したものがおいしくて、ずーっと楽しそうでした。いい思い出になって、とってもよかったです。

とくに3歳のこーくんは「こーくんがやる!」「こーくんできる!」という主張をよくします。いつもなら「ダメ」と言われることを、おもいっきりやれて、よかったなと思いました。

ヤケドの心配をしていた鉄板も、最初に「これはアチチだから気をつけてね」と教えると注意してくれていたようでしたし、逆に僕が「とーしゃん!アチチよ!」と注意されるほど。思ったより大丈夫なんですね。

みなさんもぜひどんどん亭でお子さんと一緒にチャレンジしてみてください。

フリーランスのライター。1987年生まれ。2014年に結婚し、2015年に第1子、2019年4月に第2子誕生。最近、「夫婦とはチームワークさえあれば、恋愛感情なんてゼロでもうまくいく」ということに気づき始めた。