今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

関東・東海のあじさいの名所10選!子どもと一緒にあじさい鑑賞を楽しもう

雨が多い梅雨の時期。湿気が多くジメジメしたこの季節は不快な気分になることも多いですよね。そんな梅雨の時期、あじさいに癒してもらいませんか?青や白などの鮮やかな花々が憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれますよ。

そこで今回は、関東・東海のあじさいの名所のおすすめを紹介します。アクセス良好で移動が楽だったり、大型遊具があったり、美味しい食事やデザートを楽しむことができるレストランやお茶屋があったり、普段はあまり見ることができないゲンジボタルに会うことができたりと、子どもが飽きてしまうことのないよう、あじさいを見物する以外にも楽しいことが満載のスポットを集めました。ぜひ参考にしてみて下さいね。

1. 清水公園

清水公園は約28万m²の敷地を持つ自然豊かな公園。園内には敷地約7万㎡の総合花園「花ファンタジア」があり、梅雨の時期にはあじさいが綺麗に咲きます。西洋アジサイ、ガクアジサイ、カシワバアジサイ、アナベルと多彩なあじさいが周りの風景を彩ります。

あじさいを見た後は、園内にあるアクアベンチャー・ポニー牧場・マス釣り・BBQなど子どもが更に喜ぶスポットに寄って遊んでから帰ることができるのも魅力的です。

【住所】
千葉県野田市清水906

【アクセス】
(車)
常磐自動車道流山ICより松戸野田道路経由で約12km
(公共交通機関)
東武野田線線清水公園駅西口より徒歩約5分

【問い合わせ】
04-7125-3030

【営業時間】
常時開放
(有料施設 9:00~17:00)

◆11月1日~30日 9:00~16:15
開園時間に変更はなく、各施設の「受付終了時間」が早まります。
◆12月1日~2月11日  9:30~16:15

2. 本光寺(幸田町)

本光寺は6月になると山門までの参道の両側に15種類1万本の咲き、「三河のあじさい寺」とも呼ばれています。紫・青、白色のあじさいと、白い壁・朱塗りの山門とのコントラストが美しい形式を作り出してくれます。

最寄りの駅から近く、無料の駐車場も完備され、アクセス良好なことが移動が大変な子連れには嬉しいですね。

【住所】
愛知県額田郡幸田町大字深溝字内山17

【問い合わせ】
幸田町 環境経済部 産業振興課 商工観光グループ
0564-62-1111

【アクセス】
JR「三ヶ根」駅から東へ約300m

【営業時間】
24時間参拝可能

3. 花野辺の里

あじさいをはじめとするたくさんの花々を楽しむことができる自然園。6~7月には里山一帯に6万株のあじさいが咲き誇ります。

子どもと一緒に訪れた際のおすすめは、あじさいを眺めながら行う七福神めぐり。七福神を探しながら園内を散策します。コース途中にはお食事や甘味が楽しめる茶屋もあるので、のんびりとお散歩を楽しむことができますよ。

【住所】
千葉県勝浦市串浜1830

【問い合わせ】
0470-70-1127

【アクセス】
(公共交通機関)
JR内房線勝浦駅下車 タクシーで5分
(車)
館山自動車道 市原IC 国道297経由で約48km

【営業時間】
9:30 ~ 16:30

4. はままつフラワーパーク

浜名湖畔にある植物園。四季折々、約3,000種の彩り豊かな様々な花々を楽しむことができます。6月にはあじさいが見頃。

観覧用の乗り物「フラワートレイン」に乗れば、園内の移動も簡単なので、体力がない子どもとでも散策しやすいのが嬉しいです。カフェやレストランも充実しているので、休憩しながらじっくり楽しむことができますよ。

【住所】
静岡県浜松市西区舘山寺町195

【問い合わせ】
053-487-0511

【アクセス】
JR東海道線浜松駅下車
北口バスターミナル1番のりば(遠鉄バス)「舘山寺温泉行き」乗車約40分「フラワーパーク」下車すぐ

【営業時間】
9:00~17:00(3月~9月)/9:00~16:30( 10月~11月)/10:00~16:30( 12月~2月)

5. あしかがフラワーパーク

様々な花々を楽しむことができる「あしかがフラワーパーク」。94,000㎡の広大な園内にある多彩な種類の花々を眺めながら親子で散歩してみてはいかがでしょうか。

藤の花で有名な「あしかがフラワーパーク」ですが、6月上旬~7月下旬にはあじさいも見事。白と青の1,500株のあじさいが癒してくれること間違いなしですよ。

【住所】
栃木県足利市迫間町607

【問い合わせ】
0284-91-4939

【アクセス】
(車)
東北道佐野藤岡ICから国道50号経由18分
(公共交通機関)
JR両毛線あしかがフラワーパーク駅より徒歩1分

【営業時間】
9:00~18:00

6. 茨城県フラワーパーク

茨城県フラワーパークは約30ヘクタールの広さがある花と緑でいっぱいの公園です。園内には「アジサイ園」があり、梅雨時期には色鮮やかな姿で楽しませてくれます。あじさいの他にも、バラ・ボタン・ベゴニア・カトレアなど、様々な花を見ることができますよ。

アスレチックや花のすべり台など、大型遊具も充実しているので、子どもも飽きずに楽しく過ごすことができるスポットです。

【住所】
茨城県石岡市下青柳200

【問い合わせ】
0299-42-4111

【アクセス】
(車)
・常磐自動車道:千代田・石岡ICから14㎞(20分)
・常磐自動車道:土浦北ICから12km(15分)
・つくば学園都市から27㎞(40分)
・筑波山から9㎞(15分)
・笠間から25㎞(35分)
・水戸から40㎞(60分)
・国道6号線石岡市内から12㎞(20分)

(公共交通機関)
JR常磐線石岡駅下車
・タクシーで約20分
・バスで約30分(関鉄グリーンバス1番のりば『フラワーパーク経由 柿岡車庫行き』)

【営業時間】
9:00 ~ 17:00

7. 昭和の森

昭和の森は千葉市内最大級の都市公園です。季節ごとに様々な花を見ることができ、6月の梅雨の時期には約3,000株のあじさいが咲きます。7,000平方メートルの盆地状の敷地に一斉に咲くあじさいは圧巻。とても見応えがあります。

全長約109mのローラーすべり台・アスレチックなど、遊ぶ施設も充実しているのが子連れには嬉しいですね。

【住所】
千葉県千葉市緑区土気町

【問い合わせ】
043-294-2884

【アクセス】
(車)
東京方面からは千葉東金道路の土気中野インターで下り、土気停車場千葉中線で大網街道へ、更に大網方面へ2km程度。
(公共交通機関)
JR外房線土気(とけ)駅南口より徒歩20分

【営業時間】
8:30~17:00(4月~9月) / 8:30~16:30(10月~3月)

8. 形原温泉あじさいの里

約5万株のあじさいを楽しむことができるのが「あじさいの里」です。毎年6月の1か月間は「あじさい祭り」が開催され、多くの見物客で賑わいます。

期間中は夜間にライトアップされた風景を楽しむこともできます。昼間とはまた違った幻想的な風景は大人はもちろん、子どももウットリすることでしょう。運が良ければ、ゲンジボタルを見ることができるかもしれないですよ。

【住所】
愛知県蒲郡市金平町一之沢28-1

【問い合わせ】
0533-57-0660

【アクセス】
蒲郡駅から車で約15分

【営業時間】
入園自由
あじさい祭り:例年6月の1か月間
(あじさい祭り期間中は8:00~21:30)

9. 吾妻山公園

自然がいっぱいの公園。園内の花木園や散策路には花々もたくさん。梅雨時期にはあじさいも見事に咲きます。あじさいを見ながら家族でお散歩してみては?

あじさい観賞の前後に遊ぶことができるスポットも完備。富士山も綺麗に見ることができる展望台・思いっきり走り回れる芝生の広場・長さ102メートルのローラー滑り台・小動物園など、子どもが喜ぶ設備が充実していますよ。

【住所】
神奈川県中郡二宮町山西1084

【問い合わせ】
0463-72-3611

【アクセス】
JR「二宮駅」北口より公園入口までは徒歩で約5分、そこから階段、山道を登り、山頂(標高136.2メートル)の展望台までは徒歩約20分

【営業時間】
8:30~17:00 (小動物園は9:00~16:30)

10. 多摩川台公園

多摩川岸の丘陵地に広がり、晴れた日には遠く丹沢や富士山を見ることもできる広大な公園です。6月頃には約3,000株のあじさいが見事に咲きます。

園内には運動広場・自由広場(滑り台・砂場・ブランコ)等の子どもが喜ぶ施設も充実しているので、子どもも飽きることなく一緒に楽しくあじさいを見ることができるスポットです。

【住所】
東京都大田区田園調布1-63-1

【問い合わせ】
03-3726-4300

【アクセス】
東急東横線、多摩川線多摩川駅下車徒歩1分

【営業時間】
9:00~17:00(1月、2月)/9:00~18:00(3月)/9:00~19:00(4月~8月)
9:00~18:00(9月)/9:00~17:00(10月~12月)

 

梅雨の時期に合わせた準備を

あじさいが見頃を迎える季節は6月上旬から7月上旬の梅雨の時期です。晴れている日でも突然雨が降ってくることもあるかもしれません。傘などの雨具は必ず持参して下さいね。濡れても大丈夫なようにタオルなども持っていると安心ですよ。

また、気温はそれほど高くなくても湿度が高くなるのもこの時期の特徴。少し動くと汗だくなんてことも。今回紹介したスポットは遊具などの体を動かして遊ぶ設備も充実しているので、汗をかいた後に着替えられるように準備しておくこともおすすめします。