友だち追加

パパママ必見!最新の子ども向け英語学習法

シェアする

英語の幼児教育って、いつから何をすればいいの?

グローバル化が進む社会で、中学・高校で習った英語では対応できずに、大人になってからの英語習得に苦労したり、諦めてしまったというパパママはいませんか?

だからこそ、わが子には将来苦労しないように、役立つ「本当に使える」英語を身につけてほしい!と願う親心。今回は子育て世代の子どもの頃とはちょっと違う英語学習法をご紹介します。

英語につよい幼稚園・保育園はココに注目!Montessori Kindergarten Preschool Classroom

幼児への英語教育で一番に思い浮かぶのが、英語保育を実施している幼稚園・保育園。とはいっても、そのスタイルは多種多様で、何を基準に選べばいいのか悩むところ。

そんなときは、英語イマージョン=英語漬けの環境を与えられるかに着目して選ぶのがおすすめ。英語で生活しながら、英語以外のことを学ぶためのコミュニケーションの手段として英語を使うのです。これにより、よりネイティブに近い環境で自然に英語を身につけることができます。

この教育方法に一番近いのは、やはりインターナショナルスクール付属のプリスクールですが、金銭面や親にも英語力が求められるなどのハードルも高く、簡単には通わせられるものではありません。

そこで、次に注目したいのが、英語のみやバイリンガル保育を行うプリスクールです。ネイティブスピーカーやバイリンガルスピーカーの保育士が常在し、園児との会話は英語のみという方針の園がお勧めです。あとは、その英語保育士が占める割合が大きければ大きいほど、より理想に近い環境となります。

小学生になっても継続して英語環境を!

Text Summer camp written with chalk

せっかく英語を学べるプリスクールに通っても、小学校に入って英語に触れる機会がなくては英語力は落ちてしまいます。

そこでお勧めなのが、ネイティブスピーカーとの活動や宿泊生活が送れる英語キャンプです。子どもの頃、長期休暇中に子どもキャンプに参加し、ハイキングや工作、川遊び、ゲームなどをした思い出はありませんか?英語キャンプではそれらのアクティビティを英語で体験することができるのです!まさに、英語イマージョンです!!

初心者向けの英語で進行しつつ日本語でのサポートがあるものから、上級者向けの24時間英語のみで生活し、友達同士の会話も英語のみというコースまで、様々なレベルがあります。期間も2泊3日のコースからあるので、気軽に参加できるのも魅力です。海外のサマーキャンプに参加するのと比べて、費用的にも割安で、低学年から参加でき、病気や怪我などのいざという時には日本語が通じ、日本の病院へ行けるというメリットもあります。

大手では、KUMONやBerlitzなどが開催していますし、アメリカ大使館が後援するSCOAはスポーツをメインにしたアクティビティを楽しむことができます。

自宅で親子一緒に英語を楽しむ!

部屋でお絵描きをする母と子

英語教材を使えば、もっと早い段階から自宅での英語教育が可能になります。言語習得で大切なのはインプットとアウトプットのセット。せっかく吸収した英語も、実践で使う機会がないと身につきません。

そこで、英語教材を選ぶ際は、単なる勉強の道具ではなく遊ぶための教材か否かをポイントにしましょう。遊ぶと言っても、お子様の受動的な遊び、一人遊びではなく、親子で一緒に楽しんで、子どもからのリアクションを引き出すことが大切です。良い教材を使うと自然に遊びの中でアウトプットの実践の場が作られます。

お勧めなのがイード・アワード2014のこども英語教材の部門賞、「効果がある英語教材」を受賞しているベネッセの『Worldwide Kids』。遊び方を丁寧に説明したガイドなど、親子で楽しめる工夫がつまっていて、英語が苦手なパパママも無理なく英語と触れ合えます。そのうえ、会員限定の英語イベント(有料)があるのもアウトプットのチャンスとなり魅力的です。

子どもの成長ステージに会わせた英語学習59ba5650-4228-4cb4-8b3f-bd93217e5621

こうみても、数十年前にはなかった英語に触れる機会が現在は沢山あるのがわかりますね!英語を武器に、自分の子どもが将来世界で活躍している姿を思い浮かべるとワクワクしませんか?そのためにも、今できることを子どもの成長ステージに合わせて楽しいと思える英語学習法を取り入れてはいかがでしょうか。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
[PR] comolib x TABICA 728×90
スポンサーリンク
Responsive
スポンサーリンク
Responsive