友だち追加

3連休の大阪のお出かけスポットおすすめ10選

シェアする

日本第二の都市、大阪!大人はもちろん子どもも楽しめる、エキサイティングな街です。もうすぐ3連休!大阪で子連れで行くのにオススメのお出かけスポットをご紹介!

泊りで行くもよし、日帰りで行くもよし、大人も子供も楽しめちゃう、大阪のスポットが勢ぞろいです。

1. レゴランド・ディスカバリー・センター大阪

大人気のブロック「レゴ」をテーマにした屋内施設!

レゴブロックを使って自分だけの車を作り、レーストラックで走らせる「レゴ®レーサー: ビルド&テスト」や、小さな子供向けの「デュプロ」や滑り台がいっぱいの「デュプロ®ファーム」など、カラフルなレゴの世界観の中でレゴブロックを満喫することができます。

ライド系のアトラクションもあり、一日中遊べそう!

【住所】
大阪府大阪市港区海岸通1-1-10天保山マーケットプレース3F
【営業時間】
10時00分 ~20時00分
【休業日】
不定休(天保山マーケットプレースの休館日に準ず)
【入場料】
大人2,500円  子ども2,000円
【問い合わせ】
06-6573-6010
【アクセス】
大阪市営地下鉄中央線「大阪港」駅下車 徒歩6分

2. ATCあそびマーレ

大阪最大級の室内遊び場がこちら。広い施設内には、大きなふわふわでできた「ふわふわすべり台」や、中に入って転がって遊べる「ローラーズ」、大きな「ジャンボブロック」など子どもが楽しめる遊具がいっぱい。

女の子向けにはかわいい衣装を着て撮影できる「なりきりストリート」などもあり、一日中遊べます。さらにうれしいのがマッサージ機などもあること!お疲れ気味のパパママもこれで癒されそう。室内なので天気に関係なく遊べるのも◎。

【住所】
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10大阪南港ATC
【営業時間】
09時00分 ~20時00分
【休業日】
不定休
【入場料】
2歳~大人 平日/900円 土・日・祝/1,100円
【問い合わせ】
06-6616-7622
【アクセス】
地下鉄四つ橋線「住之江公園」から約16分。「トレードセンター前」下車直結。

3. みさき公園


動物園、遊園地、イルカショーと一日中遊びつくせる総合公園!夏はプールも登場するのだそう。2月29日(月)まではカピパラが温泉に浸かる姿を見る「カピパラの湯」も開催されます。動物ふれあい体験も多く、ペンギンの散歩やカンガルーの餌やり体験などもあり、子どもが喜ぶこと間違いなし。

さらに電車好きのお子さんにはほんものの電車に触れて遊べる「わくわく電車らんど」も!丸一日いても飽きないオススメスポットです。

【住所】
大阪府泉南郡岬町淡輪3990
【営業時間】
9:30~17:00
12月~2月は10:00~16:30
【休業日】
不定休
【入場料】
大人(中学生以上) 1,350円 子ども(3歳から小学生) 700円
【問い合わせ】
072-492-1005
【アクセス】
南海線みさき公園駅より徒歩すぐ

4. 海遊館


世界最大の魚「ジンベエザメ」が見られる大人気スポット!
さらに人気なのが2013年にOPENした新体感エリア。ワモンアザラシやイワトビペンギンなどを驚くほど近くで見ることができたり、エイやサメにタッチすることができる水槽があるなど、見るだけでなく体感できる水族館になっています。

期間限定でダイオウグソクムシやアオリイカも展示されているのでぜひ足を運んでみて。

【住所】
大阪府大阪市港区海岸通1
【営業時間】
10:00~20:00(季節によって変更あり、入館は閉館の1時間前まで)
【休業日】
不定休
【入場料】
大人(高校生・16歳以上)2300円 子供(小・中学生)1200円 幼児(4歳以上)600円 ※3歳以下無料
【問い合わせ】
06-6576-5501
【アクセス】
地下鉄中央線大阪港駅より徒歩約5分

5. ひらかたパーク

「ひらぱー」でおなじみの遊園地!ジェットコースターなどのアトラクションはもちろん、小さな子供でも乗れるほのぼの系ライドが充実しているのがポイント。1歳でも乗れるアトラクションも多いので、小さな子連れでも安心して行けるのがうれしい!

園内には他にも動物と触れ合える「どうぶつハグハグたうん」や2月28日までの期間限定でスケートリンクなどもあるのでチェックしてみて。

【住所】
大阪府枚方市枚方公園町1-1
【営業時間】
10:00~17:00 7月17日~26日、9月の平日は16:00まで
【休業日】
不定休
【入場料】
大人(中学生以上)1400円 子供(2歳~小学生)800円
【問い合わせ】
072-844-3475
【アクセス】
京阪本線枚方公園駅より徒歩約3分

6. Bb箕面船場店


カラオケ、ボウリング、ダーツ、ビリヤードなど、様々な遊びが楽しめる屋内レジャー施設。こちらの魅力と言えば子供向けのキッズスペースが充実していることなんです。キッズエリアには、アスレチック、ボールプール、ふわふわゾーンなど子どもの大好きな遊具がいっぱい。

さらにうれしいのがベビーコーナーが分けられていること。小さな赤ちゃん連れだと、大きな子たちが勢いよく遊ぶところでは安心して遊べないことがありますが、エリアわけされていることで赤ちゃん連れでも安心して過ごせます。

パパママは設置されたマッサージチェアでリラックスしながら子どもの様子をみることができるので、連休最後はここでまったりするのも◎。

【住所】
大阪府箕面市船場東3-13-11
【営業時間】
24時間営業
【休業日】
年中無休
【入場料】
小学生以上15分毎に100円 1歳~2歳 300円 3歳~6歳(小学生未満)600円
【問い合わせ】
072-726-3955
【アクセス】
阪急北千里駅から無料シャトルバス

7. キッズプラザ大阪


日本ではじめての本格的なこどものための博物館。遊びや体験を通じて、社会の仕組みや科学について学ぶことができます。

実際に触れて五感を刺激しながら学べる「展示」と、自分で参加して体験できる「プログラム」があり、全身を使って様々な体験をしながら楽しく学べるのが魅力です。
イベントも様々なものが開催されているので、ぜひチェックしてみてください。

【住所】
大阪府大阪市北区扇町2-1-7
【営業時間】
9:30~17:00(土日祝は19:00まで)
【休業日】
月曜(祝日の場合は翌日)
【入場料】
小・中学生800円(3歳以上500円) 大人(高校生以上)1400円
【問い合わせ】
06-6311-6601
【アクセス】
大阪市営地下鉄堺筋線扇町駅2番出口よりすぐ

8. 天王寺動物園


大正4年に開園した、日本で三番目に古い動物園がこちら。広い園内にはホッキョクグマ、コアラ、ライオンなど様々な動物たちが暮らしており、その姿を見ることができます。

景観をなるべくその動物たちが暮らしていた場所に近づけ、その自然な姿を見られるようにする「生態的展示」が人気のポイント。また、中学生以下は無料、大人も500円とお財布に優しいのもうれしい!子どももママも大喜びすること間違いなしのスポットです。

【住所】
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
【営業時間】
9:30~17:00(入園は16:00まで)
【休業日】
月曜(祝日の場合は翌日)
【入場料】
大人(高校生以上)500円 中学生以下無料
【問い合わせ】
06-6771-8401
【アクセス】
大阪市営地下鉄堺筋線扇町駅2番出口よりすぐ

9. 大型児童館ビッグバン

銀河鉄道999の作者、松本零次さんが名誉館長を務める大型児童館。松本さんが考案した“宇宙からの訪問者「ベアル」と「メロウ」の壮大な旅物語”をテーマに作られた体験型の遊具が揃い、その世界観に圧倒されます。

身体を動かして遊んだり、廃材などを使って工作をしたり、小さな赤ちゃんから小学生まで一日中夢中になって遊べるオススメのスポットです。

【住所】
大阪府堺市南区茶山台1-9-1
【営業時間】
10時00分 ~17時00分(入館は16:30まで)
【休業日】
月曜(祝日の場合は翌日)
【入場料】
大人(高校生以上)1,000円 中学生 800円 小学生 600円 幼児(3才以上) 400円
【問い合わせ】
072-294-0999
【アクセス】
泉北高速鉄道・泉ヶ丘より徒歩3分

10. スパワールド世界の大温泉

冬でもプールが楽しめる温泉リラクゼーション施設!小さな子供でも楽しめる遊具がいっぱいの「スパプーキッズ」などがあり、小さな子連れでも楽しみやすいのがうれしい!

プールだけでなく、屋内キッズパークの「キディパーク」もあり、こちらではボールプールやスライダーを楽しめます。最後は温泉でまったりすれば、帰って寝るだけなのもママにとってはうれしい!

【住所】
大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-24
【営業時間】
24時間営業。プールの営業時間は10:00~22:00
【休業日】
月曜(祝日の場合は翌日)
【入場料】
(12歳以上)1,200円 (10:00~翌8:45) 小人(12歳未満)1,000円(10:00~翌8:45)
【問い合わせ】
06-6631-0001
【アクセス】
地下鉄動物園前駅5番出口より下車すぐ。

大阪のオススメスポットで楽しい連休を!

子どもと一緒に楽しめるスポットが充実している大阪!連休のお出かけにピッタリのエリアです。一日中遊べるスポットで過ごせば、子どももパパママも素敵な思い出が作れるはず。

格安のスポットもあり、懐具合で行先を選べるのもうれしいですね。ぜひいろいろチェックして、子どもと一緒に楽しく連休を過ごしてみてくださいね。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
[PR] comolib x TABICA 728×90
スポンサーリンク
Responsive
スポンサーリンク
Responsive