友だち追加

【2017-2018年】東北の年越しイベントおすすめ10選!

シェアする

大人になると1年1年過ぎるのがどんどん早くなってくるのは、一体全体どうしたことでしょう。あっという間に2017年も終わろうとしています。

12月は師走の名の通り、走り回るようなあわただしい毎日を過ごす方も多くいることと思いますが、年末から年始にかけては少しゆっくり家族での時間を持てるのではないでしょうか。

2018年をどこでどんな風に迎えるか。新しい年に楽しい期待を込めて、こんなイベントはいかがでしょうか。

東北地方の年末年始

帰省される方も多い年末年始。東北地方に実家があって、大都市圏から里帰りという方も多いかもしれませんね。

昔ながらの家族でのんびりの年末年始もいいですが、今年はちょっとこんなイベントに出掛けてみてはどうでしょうか。

カウントダウンでみんなで盛り上がるイベントだけでなく、伝統的な文化を大切にした情緒あるイベントも各地で開催されています。

1.星野リゾート アルツ磐梯 カウントダウン

12月31日にはホテル目の前のアルツ磐梯で年末イベントを開催。

ナイター営業を延長し、24時まで山頂年越しが楽しめます。

毎年恒例のカウントダウン花火も盛り上がります。雪山でみる花火はまた格別。

素敵な年越しをぜひアルツ磐梯で楽しみましょう。

【会場】
アルツ磐梯(福島県耶麻郡磐梯町大字更科清水平6838-68)
【問合せ先】
0242-74-5000
【アクセス】
JR磐越西線「磐梯町」駅下車、無料シャトルバスあり

2.白石城 除夜の鐘を鳴らす会

白石城では大晦日に除夜の鐘を鳴らすことができます。

当日は23時から先着108名に受付整理券を発行しています。甘酒の無料配布もあり、心を清め穏やかにして、新しい年を迎えます。

新年を迎えると天守閣から初日の出を拝む会も開催されます。

【会場】
白石城(宮城県白石市益岡町1-16)
【問合せ先】
0224-24-3030
【アクセス】
JR東北本線 「白石」駅下車、徒歩10分

3.慈恩寺大晦日花火大会 雪月華

一年の終わりを告げる除夜の鐘を聞きながら、冬の夜空に広がる大輪の花火が楽しめる慈恩寺大晦日花火大会・雪月華

約600発の花火を打上げ、本堂に続く仁王堂坂のライトアップも行われ大いに盛り上がります。

慈恩寺を彩る四季の華のひとつ、冬の花火を鑑賞しましょう。

【会場】
慈恩寺(山形県寒河江市慈恩寺地籍31)
【問合せ先】
0237-87-1302
【アクセス】
山形道「寒河江」I.C.より15分

4.雫石スキー場 カウントダウンイベント

雫石スキー場では、大晦日に花火大会が開催されています。

2017年の最後を飾るにふさわしい大迫力の花火大会で大いに盛り上がります。

家族連れに優しい雫石プリンスホテル・ゲレンデでは、小学生以下はリフト料金無料など家族連れに大人気のスポットとなっています。

【会場】
雫石スキー場(岩手県岩手郡雫石町高倉温泉)
【問合せ先】
019-693-1111
【アクセス】
東北自動車道「盛岡」I.C.より国道46号線経由で20km

5.青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸 カウントダウンイベント

メモリアルシップ八甲田丸をメイン会場に、カウントダウンイベントが開催されます。

アマチュアバンド演奏、もちつき大会、ビンゴ大会などがあるほか、飲食コーナーも設置され盛り上がります。

1月1日午前0時には、汽笛を合図に花火が打ちあがり鮮やかに彩られます。

【会場】
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸(青森市柳川一丁目112-15地先)
【問合せ先】
017-735-8150
【アクセス】
JR「青森」駅下車、徒歩5分

6.安比高原除夜の花火

松明滑走&除夜の花火で人気の安比高原のカウントダウンイベント。

ゆく年に感謝しくる年の平穏無事を祈って、108発の花火を打ち上げます。

さらに、午前零時とともに、新年を祝う700発もの大花火の乱れ打ちは大迫力。

108名のスキーヤーによる幻想的な松明滑走も幻想的です。

【会場】
安比高原スキー場(岩手県八幡平市安比高原)
【問合せ先】
0195-73-6119
【アクセス】
JR花輪線「安比高原」駅下車

7.西方水かけまつり

元日の恒例の西方水かけまつりは、無病息災・五穀豊穣・子孫繁栄を祈願する、無形民俗文化財にも指定された約500年続く伝統行事です。

かけあう井戸の水がなくなると、泥水までかけあうことから、「泥かけまつり」とも呼ばれていて、その迫力に多くの観光客が圧倒されます。

【会場】
塩竈神社(福島県田村郡三春町大字西方字中ノ内384)
【問合せ先】
0247-62-3690
【アクセス】
JR「三春」駅より車で20分

8.チャグチャグ馬コ初詣

毎年元旦に行われるチャグチャグ馬コが、馬の守り神・鬼越蒼前神社へその年の家内安全、五穀豊穣を祈願しに詣でる滝沢市の伝統行事。

新春の厳かな境内に、艶やかな装束をまとった馬たちが詣でる姿は、初夏のチャグチャグ馬コとは違った魅力があります。

【会場】
鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市鵜飼外久保)
【問合せ先】
019-684-2111
【アクセス】
東北道「盛岡」I.C.より15分

9.新春祭り in あさむし水族館

餅つき大会やワイワイ縁日コーナー、イルカショー正月パフォーマンスなど、楽しいイベントが満載の新春祭りin あさむし水族館

餅つき大会では希望者が餅つきに参加できたり、また、つき上がったお餅を来館者のみなさまに振る舞われ、喜ばれています。

【会場】
青森県営浅虫水族館(青森県青森市浅虫字馬場山1-25)
【問合せ先】
017-752-3377
【アクセス】
青森道「青森東」I.C.より15分

10.松島湾初日の出クルーズ

松島湾から昇る初日の出を拝み島巡りも楽しめる遊覧船コース

松島観光桟橋から出航し、湾内の島々を巡り、仁王島沖合で初日の出を遥拝して松島観光桟橋に戻ります。

その後、国宝瑞巌寺の初詣というのが松島の定番コースです。新たなる一年のスタートを松島湾で迎えましょう。

【会場】
宮城県塩竈市~松島町
【問合せ先】
022-365-3611/022-365-0997
【アクセス】
JR仙石線「本塩釜」駅下車、徒歩約10分でマリンゲート塩釜

年末年始のお出かけ

伝統行事も多い東北地方の年末年始。郷土の伝統に触れる良い機会となりそうです。

一方で、東北地方のこの時期は寒さもひとしお。特に子ども連れでのお出かけの際には、防寒対策は万全におこないましょう。

親子で、そして、おじいちゃんおばあちゃんと三世代で、2017年の締めくくりと2018年の始まりに忘れられない思い出が残せそうです。

スポンサーリンク
Responsive