友だち追加

東京のブルーベリー狩りができる農園おすすめ10選!食べ放題も!

シェアする

子供たちが大好きな果物。イチゴ、リンゴ、ミカン、バナナ、ブドウ…

そんな果物の中でもブルーベリーには、アントシアニンという成分や食物繊維が多く含まれていて、視覚機能や便秘の改善など健康にも効果があるとされています。

鮮やかな紫の色合いとほどよい甘さと酸味がとっても美味しく、体も元気にしてくれるブルーベリー。

子供に積極的に摂取してもらいたいなと考えている親御さんもいるのではないでしょうか?

ジャムやヨーグルトなど、確かにブルーベリー味の食品はたくさんあります。

ですが、家庭でブルーベリーの実をまるごと食べる機会というのはあまりありませんよね。

新鮮で美味しいブルーベリーの実を子供に食べさせたい!

そこで今回は、東京でブルーベリー狩りが体験できる農園のおすすめスポットをご紹介いたします。

まあるくプクっと熟した美味しいブルーベリーを摘み取ったり、その場で味見したり…

なかには摘み取った分だけ食べ放題!という農園もありますよ。

ぜひ参考にされて、お子さまと一緒にブルーベリー狩り計画を立ててみてはいかがでしょうか。

知っていましたか?東京都はブルーベリーの大産地!

実は東京、何を隠そうブルーベリー栽培がとっても盛んなのです!

国内収穫量では第2位となっています。(第一位は長野県)

ブルーベリー栽培発祥の地である小平市を中心として、ブルーベリーの栽培に力を注いでいる農園はなんとおよそ100箇所

そしてどこの農園も無農薬・無除草剤など、栽培方法にこだわりを持って、愛情を込めてブルーベリーを育てています。

だから子供にも安心安全

ピクニック気分で地元のブルーベリー狩りができる農園に行くのも良し。

ちょっとしたお出掛け気分で他の地区の農園に行ってみるも良し。

とにかくたくさんの農園があるから迷ってしまいます。

今回こちらで紹介する10箇所は、そんな数ある農園からピックアップしたおすすめの農園です。

直売所で買うより“自分で摘み取る”という経験が大切

確かに直売所に行けば新鮮なブルーベリーを買うことができます。

しかし、せっかく直売所まで行って買うのなら、好奇心旺盛な子供にブルーベリーを“自分で摘み取る”という体験をさせてあげたいですよね。

ブルーベリーの木の高さは高くても2mほどで、下の方にも実がたくさんつく植物。

小さな子でも十分にブルーベリー狩りを楽しむことができます。

※完熟したブルーベリーの実は少し触るだけでも地面に落ちやすいです。
子供には「優しく摘まんでクルっと回して摘み取る」イメージをお家で伝え、イメージトレーニングしておくと良いかもしれませんね。

ブルーベリー狩りを体験することで子供が感じる自然の学び

  • 自分で収穫するという喜びを感じることができる。
  • ブルーベリーが木に実るということを知ることができる。
  • ブルーベリーの本当の美味しさを味わい知ることができる。
  • 農家の方が心を込めて一生懸命育ててくれたことを感じることができる。

ぜひこの夏は家族でブルーベリー狩りに出かけましょう!

1.萬田ブルーベリー農園

東京都立川市にある「萬田ブルーベリー農園」。

広い敷地内に15種類、約200本のブルーベリーの木が並んでいて、味見を楽しみながらお好みのブルーベリーを摘み取ることができます。

農薬や除草剤を使用することのない無農薬栽培で実ったブルーベリーだから、子供にも安心の味。

また園内はバリアフリーのため、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に来ても、ブルーベリー狩りを安全に堪能することができますよ。

【料金】
幼児(食べ放題!):入園料300円のみ
小学生(味見OK):入園料500円、摘み取り500円
中学生以上(味見OK):入園料500円、摘み取り1000円~(量によります)
【営業時間】
毎週水・土・日
午前:9時~11時半まで/午後:15時~17時まで
※ブルーベリー狩りは1時間以内。予約が必要です。

【住所】
東京都立川市若葉町3-31-1
【電話番号】
080-3253-9897(夏季営業中のみ通じます)
【アクセス】
・JR中央線「立川駅」から立川バス「若葉町団地行き」に乗車。「砂川九番」バス停にて下車。そこから徒歩約5分。
・JR中央線「国立駅」から立川バス「けやき台団地行き」に乗車。終点「けやき台団地」バス停にて下車。そこから徒歩約7分。
・西武拝島線「東大和市駅」から西武バス「立川駅北口行き」に乗車。「砂川九番」バス停にて下車。そこから徒歩約8分。
・車の場合、国立府中インター出口から約7km、約20分。
【HP】
https://mandafarm.jp.net/

2.スモールフルーツランド ベリーコテージ

東京都青梅市にある「スモールフルーツランド ベリーコテージ」。

ハイブッシュ・サザンハイブッシュ・ラビットアイといった品種のブルーベリーを農薬を使用せず、無化学肥料で栽培しています。

ブルーベリー狩りを楽しめることはもちろん、敷地内にある喫茶店ではフレッシュベリーをふんだんに使ったデザートも。

手作りのフレッシュベリージュースやケーキ、ブルーベリーソフトなど、たくさんの新鮮なベリーを美味しく味わうことができます

ベリー尽くしですが、お腹も心も満たされる…きっと素敵な1日になりますよ。

【料金】
入園料:大人500円/小人300円
量り売り:100gあたり200円
【営業時間】
毎週月曜定休日
10:00~17:00

【住所】
東京都青梅市新町2-11-5
【電話番号】
0428-31-3810
【アクセス】
・JR中央線「新宿駅」~JR青梅線「立川駅」~JR青梅線「小作駅」。そこから徒歩約12分。
・車の場合、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「青梅IC」より約6分。
【HP】
http://www.berry-cottage.com/

3.ブルーベリーファーム田中

東京都府中市にある「ブルーベリーファーム田中」。

平成元年からブルーベリー栽培をされています。

せっかく自分で摘み取るのだから、ぜひ完熟したブルーベリーを見極めることも楽しんでもらいながら、“甘くてちょっと酸っぱい美味”を味わってもらいたい。

田中さんのそんな想いがこもっています。

ちなみに、実が紫色だからといって完熟しているとは限りません。

紫色になって尚且つ、大きく実が膨らんでいるものが完熟したブルーベリーだそうです。

分からないときは田中さんに気軽に尋ねてみましょう。

【料金】
入園料:無料
指定容器1杯(1kg以上入ります)につき2,000円
【営業時間】
毎日9:00~
※予約が必要です。

【住所】
東京都府中市緑町2-13-1
【電話番号】
042-361-5413
【アクセス】
京王線東府中駅より徒歩約7分
【HP】
http://www.blueberrytanaka.com/index.html

4.相原ブルーベリー農園

東京都町田市、町田市立相原中央公園の隣にある「相原ブルーベリー農園」。

豊かな緑に囲まれていて、心地よい木陰のなか、小鳥たちのさえずりや森林浴などで心癒されながらブルーベリー狩りを楽しむことができます。

摘み取りが終わったら遊具や芝生広場、グランドやテニスコートなどが完備されている公園で子供と遊ぶことも可能。

お腹が空いたらシートを広げてお弁当を食べることもでき、ちょっとしたピクニック気分を味わうことができます。

また、雑木林の中はハイキング・お散歩コースにもなっていて、きれいな空気の中、非日常を存分に堪能することができます。

まさに普段はなかなか体験できない、自然の中でのブルーベリー狩り

ぜひお弁当を持って出掛けてみてはいかがでしょうか。

【料金】
入園料:無料(※摘みながら食べることはできません。)
摘み取り料金:1㎏あたり2000円~2600円/500g以下は1000円~1300円
【営業時間】
直接お問い合わせください。
※予約が必要です。

【住所】
東京都町田市相原町2052
【電話番号】
080-5088-7588
【アクセス】
・横浜線「相原駅」西口より徒歩約15~25分
・車の場合、町田街道相原町の諏訪神社入り口信号から、相原中央公園方面に向かって約1.2㎞
【HP】
http://www2.tba.t-com.ne.jp/aiharabb-nouen/

5.南町田ブルーベリー園

東京都町田市にある「南町田ブルーベリー園」。

2010年より、広大な敷地で10品種400本のブルーベリーを栽培しています。

地元の方や常連のお客さんも多く、たびたび取材で取り上げられたりしています。(取材の様子はHPでチェックすることができます。)

ここはなんと言っても食べ放題コースがあるのが魅力。

40分間好きなだけ摘みたてのブルーベリーを食べることができます。

時期が来るとブログでブルーベリーの成熟状況などを載せてくれるので、気になる方は早めにチェックして予約するようにしましょう。

【料金】
~Aコース(摘み取り)~
入園料:大人300円/小学生200円/幼児(3歳以上)100円
※シーズン2回目の入園は無料となります。
摘み取り料金:100gあたり200円
~Bコース(40分食べ放題)~
入園料:大人1200円/小学生800円/幼児(3歳以上)500円
※お土産としてブルーベリー100gもらえます。
【営業時間】
毎週火・木・土・日開園予定
午前9時~12時
※予約が必要です。

【住所】
東京都町田市鶴間1017
※HP上では「東京都町田市鶴間5-12-38」となっていますが、ナビ設定は上記で間違いありません。
【電話番号】
090-9645-5511
【アクセス】
東急田園都市線「南町田駅」 より徒歩約10分。
車の場合、東名横浜入口交差点を通過、コスモ石油の先を左折して100m付近。
【HP】
http://inouefarm.com/

6.小山田ブルーベリー園

東京都町田市にある「小山田ブルーベリー園」。

ブルーベリーの美味しさに魅了され、ついには自らブルーベリーを栽培する農園を開くことになったという代表の小川さん。

子供たちにも安心安全なブルーベリーを提供したいと、農薬や除草剤を一切使わずに毎日大切に育てています。

こちらは食べ放題ではありませんが、試食程度であれば摘みながら食べることができます。

また「養蜂学」も学んだ経験を生かして、美味しいハチミツも販売されています。

新鮮なブルーベリーとハチミツで美味しいデザート作りを楽しんでみるのも贅沢ですね。

【料金】
入園料:大人(中学生以上)500円/子供(小学生以下)300円
摘み取り料金:100gあたり200円

【営業時間】
火・水・土曜日
9:00~12:00
日曜日
9:00~12:00/13:00~16:00
※予約推奨。事前に開園の確認を取りましょう。

【住所】
東京都町田市下小山田町1014
【電話番号】
042-719-5486
【アクセス】
・京王相模原線・小田急多摩線・多摩都市モノレール「多摩センター」から、京王バス日大三高行きに乗車。「扇橋」バス停で下車。そこから徒歩約10分。
・JR横浜線・小田急線「町田」から多摩丘陵病院行きに乗車。「扇橋」バス停で下車 。そこから徒歩約10分。
【HP】
http://oyamada-blueberry.com/map.html

7.ブルーベリーガーデンHIRANO

東京都国分寺市にある「ブルーベリーガーデンHIRANO」。

木と木の間の間隔がスペース広めにとってあるため、成熟した実を探しやすく摘み取りやすくなっています。

また、こちらでは味見しながらブルーベリーを摘み取ることができます。

子供たちもお腹を満たしながら、自分好みのブルーベリーを見つけることができるかもしれません。

大粒でみずみずしくて甘いと大好評のブルーベリーをたくさん収穫できそうです。

【料金】
入園料:無料
摘み取り料金:100gあたり216円/500gあたり1050円/1㎏あたり2100円/2㎏あたり4200円
【営業時間】
不定休
8:00~18:00
※来園時は電話にて確認を取りましょう。

【住所】
東京都国分寺市戸倉3-44-2
【電話番号】
042-301-1893
【アクセス】
「西国分寺駅」からぶんバス(日吉町ルート)に乗り、「戸倉神社」下車すぐ
「国立駅北口」から立川バス(戸倉循環行き)に乗り、「万福寺」下車。徒歩すぐ
【HP】
http://kokufu.tokyo/spot_detail.html?id=462(国分寺・府中の観光紹介ページ)

アクセス:西国分寺駅・ぶんバス【日吉町ルート】「戸倉神社」下車すぐ
国立北口・立川バス【戸倉循環行き】「万福寺」下車すぐ

8.やまはち農園

東京都練馬区にある「やまはち農園」。

23区内とは思えないような豊かな自然環境のもとで栽培されているブルーベリーは、15品種・約290本。

園主のこだわりで完全無農薬栽培となっています。

また、水分や養分など細やかな気遣いで育てているブルーベリーは、どの粒も大きくて甘く、食べても口の中に皮が残りません。

こちらは食べ放題ではありませんが、試食程度であれば摘みながら食べることができます。

【料金】
入園料:無料
摘み取り料金:100gあたり200円
【営業時間】
2017年は土曜日だけでした。
土曜日のみ。各日:9時30分~11時30分
※事前に電話で確認。予約しましょう。

【住所】
東京都練馬区土支田4-45-10
【電話番号】
03-3924-0254
【アクセス】
・都営大江戸線「光が丘駅」より、みどりバス(保谷ルート)または西武バス(土支田循環)乗車。「土支田一丁目」バス停で下車。そこから徒歩約6分。
・東武東上線「成増駅」または東京メトロ地下鉄「成増駅」より、西武バス(石02、03)石神井公園駅北口行きに乗車。「土支田一丁目」バス停で下車。そこから徒歩約6分。
・東武東上線「成増駅」または東京メトロ地下鉄「成増駅」より、西武バス(泉33)大泉学園駅北口行きに乗車。「南大和」バス停で下車。そこから徒歩約9分。
【HP】
http://yamahachi.tokyo/

9.中里ブルーベリー園

東京都清瀬市にある「中里ブルーベリー園」。

毎年ブルーベリー狩りに来る常連の来園者の方も多く、こちらも評判の農園です。

愛情いっぱいかけて大事に育ててきたブルーベリーをより新鮮なうちに味わって欲しいという園主の配慮により、食べ放題ではないものの、試食程度ならOK。

摘みたての実をそのまま口に運んで、フレッシュなブルーベリーを味わうことができます。

また、完熟したブルーベリーは少し触れただけでも地面に落ちてしまいやすいです。

こちらの農園では、そのような“もったいない”をできる限り防ぐため、子供が摘み取る場合には、できるだけ大人の方がサポートすることを来園者に気を付けてもらっています。

ブルーベリーの実、1粒1粒が農園の方にとってどれだけ大切なのかを改めて感じますね。

【料金】
入園料:無料
摘み取り料金:大人 600円(約300g)/子供 400円(約200g)/幼児 200円(約100g)
【営業時間】
8:00~12:00/14:00~17:00
※お盆期間は午前中のみ。いずれも予約制です。

【住所】
東京都清瀬市中里1-1646
【電話番号】
090-2234-5421
【アクセス】
西武池袋線「清瀬駅」より徒歩約10分
【HP】
http://matsu-village-farm.com/main/

10.石坂ファームハウス

東京都日野市にある「石坂ファームハウス」。

ブルーベリーだけでなく野菜やお米も栽培しています。

大地の恵み、きれいな湧き水、澄んだ空気という大自然の中で丹精込めて栽培されています。

さらには、雑草が生えても除草剤を使わずにすべて手作業で抜いていくんだとか。

そんな手間暇かけて育てられたブルーベリーは、とても美味しくジューシーです。

また、過去には夏のイベントで「ブルーベリー摘み採り体験」ということも実施されています。

他にも、昔ながらの井戸水で手を洗ったり、大きなケヤキの木の下で休憩したり、火鉢・ダイヤル式の電話を見ることができるなど、貴重な経験も可能。

ブルーベリー狩りを体験するだけでなく、ちょっとした昔へのタイムスリップを体験することもできるようです。

興味のある方は、HPやブログでチェックしてみましょう。

【料金】
入園料:無料
摘み取り料金:500gあたり1050円
【営業時間】
毎週木曜定休日
6:00~11:00
※できれば予約しておいたほうが確実です。

【住所】
東京都日野市百草672-1
【電話番号】
042-591-6477
090-4203-6022
【アクセス】
市内連絡バス三沢台路線「聖蹟桜ヶ丘駅」〜「高幡不動駅」。「倉沢」バス停下車。そこから徒歩約3分。
【HP】
http://ishizaka-farm-house.com/access.html

 夏が待ち遠しくなる!今からブルーベリー狩りの計画を

ブルーベリーの収穫シーズンは夏。

早いところで6月から開園している農園もありますが、多くは7月中旬~8月下旬となっています。

真夏なので事前の暑さ対策(帽子など)と、虫よけ対策(長袖を用意するなど)は必須です!

ぜひしっかりと準備して、楽しいブルーベリー狩り計画を立ててみてくださいね。

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!