七五三の基本と変わったプランを紹介。ハワイで七五三ができる?

もうそろそろ七五三のシーズン。お子様のせっかくの晴れ舞台なので、「ばっちり準備したい!」と気合いの入っている方も多いと思います。そこで、最近の動向から人気の神社、ちょっと変わった七五三プランまで、七五三の準備に役立つ情報をご紹介します!

七五三の基本。衣装、写真などに関する最近の動向

七五三の着物

もともと七五三は11月15日に祝うものとされていましたが、最近では15日にこだわらず、早いところでは10月中旬から11月末に行われています

男子は5歳(地方によって3歳も)、女子は3歳と7歳といった成長の節目の年に、子供の成長への感謝、将来の幸福と長寿への願いを込めてお祝いします。

また、かつては数え年でお祝いしていましたが、現在では満年齢でお祝いすることが一般的になっています。

<衣装の基本>

衣装について、基本的なマナーが年齢に応じて異なります

3歳「髪置き」:女の子は晴れ着に帯を結ばず、袖なし襟付きの「被布」を羽織る。履物は畳表の甲堀や金襴地張りの腰高の草履。男の子は羽二重熨斗目模様の紋付二枚襲(かさね)にへこ帯。履物は鼻緒の付いた平底の和装履物。

5歳「袴着」:羽二重の五つ紋付熨斗目模様又は色紋付の長着と揃いの羽織を合わせ、袴を着用。履物は畳表の草履。白い扇子と守り刀を身につける。

7歳「紐解」:肩上げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の絵付けや総柄の友禅模様を着用。丸帯をしっかりと結び、帯締めは錦織の丸ぐけか、紅白の丸組み紐を合わせる。草履は畳表のぼっくりか布製のもの。

<貸衣装の予約>

最近では、着る機会の少ない子供の着物は購入ではなくレンタルが主流になってきています。衣装のレンタルは、着物の柄にこだわるのであれば早めの準備が必要です。

例えば明治神宮文化館では、8月上旬から衣装の予約会が始まっています。

衣装を選ぶ前に、呉服店の伝統的な柄の着物であったり、子供専用写真スタジオのモダンな着物であったりと好みのタイプを予めウェブサイトなどでリサーチするのがお勧めです。また、お参りする神社で用意されているプランもありますので、事前にご確認ください。

<記念写真のポイント>

近年人気なのが先撮り・後撮りプランです。当日は忙しくてバタバタしてしまうのに対して、時間を気にせずゆったりと撮ることができます。もし、当日に撮影もするのであれば、慣れない着物を長時間着ることによって、機嫌が悪くなったり着崩れしてしまう可能性もあるので、お参りの前の時間帯に予約されることをお勧めします

また、写真館でも様々なプランを用意しており、スタジオだけでなく神社まで同行するプランや、何パターンでも衣装選び放題であったり、前撮りをする場合に当日の貸衣装が特別料金になるプランなどもあります。

参拝したい人気のある神社

明治神宮

通常、七五三では近所の神社にお参りしますが、最近は駐車場の便の良さであったり、神社付随のプランの充実度や大手呉服店の着付け会場が近隣に設置されたりすることから、大きな神社にも人気が集まっています。

また、巫女による神楽舞の奉納を見ることができるのも大きな神社ならではです。そこで、代表的な人気のある神社をいくつかご紹介します。

<明治神宮>

東京で一番人気の神社といえば、日本一の初詣者数でも知られる明治神宮です。東京からだけでなく、関東近辺の七五三の年代の子供を持つ家族からも大変人気の神社です。

明治神宮文化館では、着物のレンタル・着付けからご祈願までがセットになった「七五三詣プラン」が用意されています。また、近くにある明治記念館では、会食プランや写真館もあり、こちらも併せて人気です。

住所:東京都渋谷区-代々木神園町1-1
初穂料:10,000円~
受付時間:9:00~16:00 (当日受付)

<住吉大社>

住吉大社は、1800年以上の間大阪の人々を守ってきたと言われる、由緒ある神社です。「すみよっさん」の愛称で地元の人々から愛されており、七五三の参拝先としても非常に人気があります。

住吉大社吉祥殿にて衣装の貸し出し・着付けとヘアメイクを行っています。また、プロのカメラマンによる境内の記念写真撮影は予約不要で11月中の土・日・祝日と15日に可能です。

住所:大阪府大阪市住吉区住吉 2-9-89
初穂料:10,000円/1人、15,000円/2人
受付時間:9:00~16:00 (当日受付)

<大宰府天満宮>

九州で人気の参拝先といえば福岡県にある太宰府天満宮です。天神様を祀る神社の総本山であり、「学問・至誠の神様」と慕われているため、子供の健やかな成長を願う七五三にぴったりです。11月中は境内で菊花展も開催されており、写真の絶好のロケーションとしても知られています。

大宰府天満宮で用意している七五三プランはありませんが、近隣には貸し衣装や写真館があります。

住所:福岡県太宰府市宰府4-7-1
初穂料:5,000円/1人、8,000円/2人、10,000円/3人
受付時間:8:45~17:00 (当日受付)

ハワイで七五三!?少し変わった七五三プラン

aloha-305853

ハワイで七五三が出来るのはご存知ですか?

ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮では、10月中旬から11月下旬の間、ご祈祷料に衣装の貸し出し(土・日曜日のみ)とヘアメイク、お札・お守り、千歳飴、お土産など全て含めて50ドル(+着付けチップ10ドル)でできるのです!

所要時間は約1時間。衣装の種類も豊富で、日系人の多いハワイでは、日本の伝統行事が受け継がれているのがわかります。しかも、ご祈祷中以外は写真が撮り放題というのも嬉しいポイントです。10月・11月はハワイのオフシーズンのため旅費も安く抑えられ、嬉しいこと尽くめ。特にこだわりがなければ、「七五三のお祝いにハワイへの家族旅行」というのもお勧めです。予約は9月1日から始まっていますが、もしまだ空きがあれば予約可能です。詳細はこちらのウェブサイトhttp://www.e-shrine.org/shichigosanjusanmairi.html よりご確認ください。(日本語可)

またせっかくの機会ということで、ハワイの正装であるアロハシャツやムームーを家族お揃いで着用してフォトサービスを頼むという方もいます。

準備を万端にして、良い七五三を!

千歳飴

いかがでしたでしょうか?着物を着た我が子の姿に、今までとは違った一面を見てお子様の成長を感じられることでしょう。

せっかくの晴れの日ですので、ぜひ下準備を万全に整えて、思い出の一ページを鮮やかに残してください!