友だち追加

神奈川の子連れでいける2017花火大会まとめ!

シェアする

fireworks-180553_1280

夏の思い出と言えば、何を思い出しますか?海、プール、キャンプ……。

いろいろあると思います。中でも、花火大会が記憶に残っているという方は多いのでは。

神奈川県では今年も花火大会が数多く開催される予定です。子連れで行きたい花火大会をまとめてご紹介!

子連れでの花火大会はここに気をつけよう!

fireworks-1222593_1280

花火大会はそれぞれに趣向を凝らした内容になっていて、地元の方々はもちろん、各地から観覧客が訪れ賑わうイベントです。

どの花火大会も多くの人出がありますので、お子さんから目を離さないようにしましょう。迷子になっても困りますし、昨今は小さい子が狙われる事件も多発しています。

思わぬケガ等も心配……。

楽しい雰囲気に思わず気が緩む可能性もありますが、夜間で暗がりです。気を付けましょうね。

1.鎌倉花火大会

人気の観光スポット鎌倉での花火大会ですが、今年の夏は中止が表明されていました。

しかし、一転開催することに!

開催費用の一部をクラウドファンディングで集めるなどして、開催にこぎつけることができたそうです。

伝統行事を絶やしたくないという、関係者の思いが実った形です。

【開催日程】
近日発表
【会場】
鎌倉:由比ヶ浜海岸、材木座海岸
【アクセス】
江ノ島電鉄由比ヶ浜駅、和田塚駅より徒歩5分
【問い合わせ】
0467-23-3050

2.久里浜ペリー祭花火大会

近代日本の幕開けとなったペリー上陸を記念する久里浜ペリー祭り。開国バザール、巨大黒船フロートといった見どころ満載の祭りで、久里浜港から打ち上げられる3500発もの花火大会には、毎年約10万人もの観覧者が訪れます。

4種のスターマインや各種の打ち上げ花火を組み合わせたダイナミックな演出は見もの。

【開催日程】
2017年7月15(土)※時間は近日発表
【会場】
ペリー公園、久里浜海岸、旧ニチロ岸壁
【アクセス】
JR・京急久里浜駅下車
【問い合わせ】
046-822-2500

3.小田原酒匂川花火大会

酒匂川の河川敷で約9,000発もの花火が打ち上げられます。

音楽と花火のコラボレーションや全長300メートルにも及ぶ大ナイアガラなど、見応え抜群のプログラム!

エンタテイメント性の高い、まさにショーと呼べる華麗な花火大会です。

【開催日程】
2017年8月5(土)※時間は近日発表
【会場】
酒匂川スポーツ広場
【アクセス】
JR東海道線「鴨宮」駅から徒歩15分。 または、小田原駅から城東車庫行きバス「今井」下車徒歩10分
【問い合わせ】
0465-22-5002

4.湯河原温泉海上花火大会

夏季に2回、秋季に1回と年間3回開催される花火大会です。

特に夏場の開催は、湯河原海水浴場沖合で打ち上げられるため、海水浴の後の夏の思い出にぴったりと好評を博しています。

砂浜での鑑賞の他、浄水センター屋上の一般開放もあります。

【開催日程】
2017年7月17日(月・祝) 、8月3日(木) 午後8時〜午後8時30分
【会場】
湯河原海水浴場沖合
【アクセス】
湯河原駅から真鶴駅行きバスにてバス停「海の家」下車、徒歩すぐ
【問い合わせ】
0465-63-2111

5.えびな市民まつり

「夏!!みんな集まれ かがやく海老名」をキャッチフレーズに、恒例のえびな市民まつりが開催されます。

花火大会は、まつりのフィナーレを飾るもの。市内の飲食店やコンビニに、花火募金箱が設置され、まさに市民の力で打ち上げられる花火です。

昨年の開催では、ポニーとのふれあいやキッズランドなど子供が楽しめるイベントも多数用意されていました。

【開催日程】
2017年7月23日(日) 〜午後8時30分
【会場】
海老名運動公園
【アクセス】
海老名駅東口、市役所よりシャトルバス運行
【問い合わせ】
046-235-4793

6.芦ノ湖夏祭りウィーク 湖水まつり花火大会

芦ノ湖の守り神九頭竜を奉る「湖水祭り」を皮切りに、「例祭」、「御神幸祭」、「龍神祭」、「鳥居焼祭」と祭事が続きます。

まさに「夏祭りウィーク」の名がぴったり!

期間中に芦ノ湖湖畔では、合計18,500発もの花火が打ち上げられます。

遊覧船に乗っての花火大会は、他では味わえない迫力。

【開催日程】
近日発表 ※昨年は、7/31~8/5間
【会場】
芦ノ湖
【アクセス】
箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根町行バスで約40分、箱根町停留所下車徒歩すぐ
【問い合わせ】
0460-85-5700

7.横浜スパークリングトワイライト

スパークリング花火の名で打ち上げられる3,000発もの花火。パレードやライブステージ、グルメ、海上イルミネーション等、山下公園一帯が華やかに彩られるフェスティバル会場になります。

家族そろって丸一日楽しめちゃう!

【開催日程】
2017年7月15日(土)、16日(日)19:30~20:00
【会場】
山下公園及び周辺、公園前海上
【アクセス】
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩約3分
【問い合わせ】
045-681-2353

8.あつぎ鮎まつり大花火大会

市民が憩うイベント「鮎まつり」の目玉として行われる花火大会。相模川、中津川、小鮎川の合流点付近が打ち上げ開場。

協賛金によるスターマインは「みんなの花火」として、市民の思いを乗せて打ち上げられます。

フィナーレを飾るナイアガラは、県内最大級として見ものとなっています!

【開催日程】
日程未発表
【会場】
相模川河川敷(三川合流点)
【アクセス】
小田急小田原線本厚木駅北口から徒歩15分
【問い合わせ】
046-225-2820

花火大会で夏を体感!

神奈川県内の各地で競うように開催される花火大会。そのどれもが、地形や各地の特色を活かした、その地域ならではの花火大会となっています。

祭りやイベントと同時開催される花火大会も。

レジャーのフィナーレとして楽しむのもいいですし、夏の風物詩として体感しに行くのもいいですね。どれも見応え抜群の花火大会ばかりです!

神奈川の子連れでいける2017花火大会まとめ!
この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
[PR] comolib x TABICA 728×90
スポンサーリンク
Responsive
スポンサーリンク
Responsive