今日は子どもとドコに行こう?

子どもとのおでかけが楽しくなる口コミ共有サイトcomolib(コモリブ)の編集部より、パパ・ママに今読んでほしい情報をお届け!

子連れにオススメ!東京のスーパー銭湯10選

子連れでお出かけとなると、走る!はしゃぐ!遊ぶ!のような、元気いっぱい系が多くなりがち。でもねー、本音を言えば、たまの休日ぐらいのんびりリラックスしたいですよねー。

ん!?そんなお出かけにぴったりの場所があるじゃない?しかも、寒い季節にぴったり。それは、魅惑のリラクゼーション施設スーパー銭湯!気軽に行けちゃう東京のスーパー銭湯をピックアップ。子連れでお出かけしながらも癒されたいパパ&ママにお届けします。

スーパー銭湯は何が「スーパー」なのかしら

7ec36624f8c15f5e07a849bf06fe18ab_s
通常の銭湯に比べて料金は割高の場合が多いですが、その分設備が充実しているのが最大の特徴。たくさんの種類のお風呂があったり、休憩室があったり、食事をする場所があったり。来場者に楽しんでもらう為の色々な工夫を凝らしています。エンターテインメント性抜群の銭湯。それがスーパー銭湯です。

子連れで楽しめる東京のスーパー銭湯10選

施設によってはオムツが取れていない赤ちゃんについて入浴に制限がある場合も。ベビーバスの有無や入浴条件をご確認の上、お子さまの年齢に最適なスーパー銭湯を選んでくださいね。

1. 大江戸温泉物語(お台場)


天然温泉を大規模な内風呂や露天風呂で楽しめる、まさに温泉のテーマパーク。食事や休憩施設が充実している上、縁日コーナーや浴衣のまま楽しめる全長50mもの足湯コーナー等家族皆で楽しめるエリアがあります。授乳室も完備。

【住所】
東京都江東区青海2丁目6番3号
【電話】
03-5500-1126(受付時間9:00~19:00)
【交通】
ゆりかもめ テレコムセンター駅 徒歩2分、りんかい線 東京テレポート駅 無料シャトルバス7分
【料金】
大人(中学生以上)2,480円~、小人(4歳~小学生)1,000円、4歳未満 無料
【営業時間】
11:00~翌9:00

2. 前野原温泉 さやの湯処(板橋区)


都内とは思えない風情のある佇まいが魅力。風呂場は決して広くはないものの、源泉かけ流しにこだわっています。日本庭園や昭和を感じる和風の邸宅造りに、パパ&ママは日ごろのストレスから解放されるでしょう。子どもにも和の良さを伝えたいですよね。

【住所】
東京都板橋区前野町3丁目41番1号
【電話】
03-5916-3826(さやのふろ)
【交通】
都営三田線「志村坂上」駅下車 A2出口 徒歩8分
【料金】
大人(中学生以上)830円~、小人(小学生以下)520円~
【営業時間】
10:00〜25:00

3. 高井戸駅前天然温泉 美しの湯(杉並区)


自然の木々や岩に囲まれた露天風呂と、ジェット風呂や寝ながらくつろげる寝湯など「アトラクション風呂」があります。土日祝は、小学生以上なら併設されている温水プールを利用することもできます。泳ぐのが好きなお子さんは喜びますね。

【住所】
東京都杉並区高井戸西2-3-45
【電話】
03-3334-0008
【交通】
京王井の頭線高井戸駅より徒歩2分
【料金】
大人(中学生以上)900円~、小人(3歳~小学生)700円~
【営業時間】
9:30~24:00

4. 天然温泉 平和島(大田区)


炭酸が多く含まれた「高濃度炭酸泉」が特徴。美肌効果が高いということで、ママは嬉しいですね!無料の映画上映があるリラックスルームや、和・洋・中の多彩なお料理が楽しめるレストランも便利。羽田空港に近い立地というころで、早朝便や深夜便を利用する旅行者も多く、空港間の送迎がセットになったプランもあります。

【住所】
東京都大田区平和島1-1-1 ビッグファン平和島2階
【電話】
03-3768-9121
【交通】
京急 平和島駅・ワンコインバス3分(100円)
【料金】
大人(中学生以上)1,800円~、小人(3歳~小学生)900円、3歳未満 300円
【営業時間】
24時間営業

5. THE SPA 西新井(足立区)


体が温まりその効果が持続するといわれるナトリウムの天然温泉です。女湯で人気の「つぼ湯」はひとり用なので、その間はパパに子どもをちょっと見てもらって、たまにはママもひとりでゆっくりお湯に浸かってみてはいかが?

【住所】
東京都足立区西新井栄町1-17-10 セントラルウェルネスタウン3階
【電話】
03-5888-1526
【交通】
東武スカイツリーライン 「西新井駅」西口より徒歩3分
【料金】
大人(中学生以上)1,020円~、小人(3歳~小学生)510円~
【営業時間】
10:00~23:00

東京在住。やんちゃ盛りの5歳の男の子と、「魔の」2歳女の子、2人を子育てしながら、家事に育児に仕事に奮闘するワーキングマザーです。
WEB媒体のコンテンツを中心としたライター業で精進中!