友だち追加

【割引リフト券】親子スキーは湯沢中里スノーリゾート!アクセス抜群!無料サービス多数!

シェアする

[PR]

「誰もが安心!自然遊びデビュー!のお手伝い」をコンセプトに、子連れファミリーが安心して銀世界を満喫できる「湯沢中里スノーリゾート」。今シーズン旧称の「湯沢中里スキー場」からリブランドし、うれしいサービスの数々がますますパワーアップ!「今年は子どもをゲレンデデビューさせてみようかな?」「子連れファミリーにやさしいスキー場ってどこ?」というパパママに、湯沢中里スノーリゾートの魅力をたっぷりとお伝えします!

コモリブ限定の特別リフト券なら、大人4,200円、小学生2,200円の1日券が、なんと、大人2,700円、小学生1,500円に割引されるという大盤振る舞い!ウインターリゾートがますますおトクに楽しめますよ!

>>comolib限定!2017-2018シーズン 大人1,500円OFF、子供700円OFF!特別リフト1日券はこちら!

アクセス抜群!改札を通ればそこはもうゲレンデ!

スキー場選びをするとき、一番最初に気になることといえば「アクセス」ですよね。移動だけで1日が終わっちゃう、着いたと思ったら駅やインターチェンジからゲレンデが遠い…となると、とくに子どもの小さいファミリーは躊躇しませんか?

湯沢中里スノーリゾートがうれしいのは、このアクセスが抜群!ということ。東京から電車で約1時間半、車なら約2時間圏内で、日帰りスキー旅行でも十分楽しめる利便性です。

さらにすごいのは、最寄りの湯沢インターからわずか10分という距離、そして、上越線・越後中里駅に降り立つと、湯沢中里スノーリゾートのスキーセンターと改札が直結しているという事実!最寄り新幹線駅の越後湯沢駅からは、無料シャトルバスも運行されています。これなら、移動疲れを感じることなく存分にゲレンデを満喫できるはず。近いって、それだけでポイント高い!

おしゃれパパママも納得!板が選べるレンタルスキー&ボード

できるだけ荷物を減らしたい子連れファミリーにとって、スキーやボードのレンタルはマスト。湯沢中里スノーリゾートでは、リブランドを機にスキーセンターの貸しだしアイテムを一新!子ども用のスキーは70cm〜、スノボは90cm〜揃っています。

また、マウンテンテラスのレンタルショップでは、スタッフが用意した道具を使うのではなく、豊富なアイテムの中から好みにあったギアを自分で選ぶことができる「ブランドバイキング」を採用。しかも、レンタル時間内であれば何度でも板の交換が可能だから、午前中はスノボ、午後はスキーを楽しむといった欲張りな使い方もできちゃいます。

お先に楽しんだパパママからの口コミ・評判は?

湯沢中里スノーリゾートを実際に訪れたファミリーはどんな感想を持ったのでしょう?過去にこちらを利用したパパママの声をピップアップしてみました。リアルな口コミを読めば、きっとあなたも行きたくなるはず!

スクールや専用エリアでゲレンデデビューを全力応援!

せっかく子どもを連れて行くなら、思いっきり楽しんでほしいし、雪もスキーも好きになってもらいたいですよね。湯沢中里スノーリゾートでは、子どものゲレンデデビューを全力で後押し!初心者でも3つのエリア&ステップで、1日でもメキメキ上達できます。

1.「スマイルキッズパーク」で雪だーいすき!に

湯沢中里スノーリゾートでは、ソリ&雪遊びが存分に楽しめる広々とした「雪あそびパーク」、ちびっ子スキーヤー&スノーボーダーも安心のスノーエスカレーターを完備した「スマイルキッズパーク」という2タイプのキッズ専用エリアをご用意。

他のコースから完全にわかれているので、子どもたちが安全に遊べるのもパパママにとってはうれしいポイント。パーク内で使うソリや遊具は入場料を払うと無料で貸しだししてもらえるので、「まだ、スキーやスノボは早いかな?」という子どもでも銀世界を満喫できます。

2.選べるスクールで楽しく基本をマスター!

大人の言うことをしっかり聞ける年齢になったら、スクールに子どもを入れてみるのもひとつの方法。湯沢中里スノーリゾートでは、子どもの年齢や教えてほしい内容別に2つのスクールから選ぶことができます。

30年以上の歴史と確かな実績を持つ「中里スキー学校」ならスキーは4歳、スノボは5歳から。元全日本スキー連盟ナショナルデモンストレーターの中澤美樹さんが教える「ママミキーキッズスノースクール」は、スキーのみで3歳〜小学6年生まで。

親子で「中里スキー学校」に入るもよし、専用キッズルームを併設しランチ付きのワンデースタイルのレッスンを行う「ママミキー〜」に子どもを預けて、パパママは存分にゲレンデを滑走するもよし、少し成長して雪に慣れた子どもがいるファミリーならスノボに挑戦してみるもよし。いろいろな習い方ができるので、出かける前にシミュレーションしておくといいでしょう。なお、「ママミキーキッズスノースクール」への参加は事前の予約がおすすめです。

そして、スノーボード初心者は要チェックなのが、「無料!スノーボード教室 スマイルレッスン」。こちらは小学4年生以上の初心者対象で、スノーボードの基本動作やゲレンデでのマナーが無料で教えてもらえるというもの。先着10名、10時から30分程度のレッスンなので、お見逃しなく!

★各スクールの詳細は下記をチェック

・「中里スキー学校」 http://www.sportsprize.net/
・「ママミキーキッズスノースクール」 http://www.mama-miki-ski.com
・「スマイルレッスン」http://www.yuzawa-nakazato.com/winter/cms/news/25727/

3.「なんちゃってスノーパーク」で遊びながら特訓!

雪や板に慣れてきたら、いよいよリフトデビューしてみましょう!専用エリアから広いゲレンデに出るのはちょっぴりドキドキするけれど、平均斜度9°の緩やかな「第三ロマンスゲレンデ」なら初めてだって大丈夫!

オススメは、コースの途中にある「なんちゃってスノーパーク」

トンネルくぐりやボールパンチといった障害物をクリアしていく「なんちゃってアスレチック」、バンクとウェーブのコンビネーションでレース気分も味わえる「なんちゃってクロス」、規則正しい小さなコブを乗り越えることでターンの基本が身につく「なんちゃってモーグル」の3エリアに分かれていて、楽しみながらチャレンジするうちにどんどん上達していきます。大人も利用できるので、パパママと一緒にトライ!

初心者&ファミリー向けコースが大充実!

第三ロマンスゲレンデに限らず、湯沢中里スノーリゾートのゲレンデはファミリーにやさしいのが特徴。コースの70%が傾斜の緩い初級&中級者向けで、最長2,000mの爽快滑降が可能な「パノラマコース」や、コース内の木の上に隠れた動物キャラクターを探しながら、ゲーム感覚で森林滑降が楽しめる「森の探検コース」など、ワクワクしながらスキー&スノボが楽しめる工夫もいっぱい!

しかも、湯沢中里スノーリゾートの雪質はエリアでも屈指のパウダースノーが自慢!ふわふわとした独特の感触が楽しめるパウダースノーは、転んでも痛くないうえ少しくらいスピードが出てもあまり怖さを感じないんです。つまり、初心者のレベルアップにももってこい!ということ。子連れファミリーに湯沢中里スノーリゾートがぴったりなわけは、こういった自然由来の理由もあるんです。

パパママ感涙!うれしすぎる無料サービスの数々!

なにかと物入りになりがちなファミリーでのお出かけは、ちょっとでも安かったり割引があったりするとうれしいですよね。湯沢中里スノーリゾートでは、割引どころか“そもそも無料”なサービスがたくさん!その一例を挙げてみると…。

  • 新幹線JR越後湯沢駅からゲレンデまでのシャトルバスが“無料”!
  • ゲレンデからすぐの駐車場が平日だけでなく土日祝日も“無料”!
  • 未就学児はリフト代が“無料”! ※子ども1人に大人1人の同伴が条件
  • 小学4年生から習えるスノボ教室「スマイルレッスン」が“無料”!
  • アフタースキーのお楽しみ、大浴場「スパベルク」だって“無料”!

ゲレンデで冷えた身体を温めることができるお風呂まで無料なんてうれしすぎ。「おサイフのことなんて気にせず存分に楽しんで!」という、湯沢中里スノーリゾートの心意気が伝わってくるようです。さぁ、冬のゲレンデを遠慮なく遊びつくしましょう!

休憩所がたくさん!だから子どもが小さくても大丈夫

湯沢中里スノーリゾートには、無料で利用できる休憩所がぜんぶで6ヵ所も!

「寒くてもう滑りたくない!」「ママ、おしっこ!(えー、さっきおトイレは?って聞いたのに…)」などなど、予測不能なわがまま&アクシデントが炸裂することもある子どもとのお出かけ。すぐにトイレ休憩が取れたり、目先を変えて子どもの機嫌を回復させたいときなどに、休憩所が点在しているのはとっても助かります。

ショップやスキー&スノボレンタル、キッズルームやレストランまで揃うワンストップタイプの大型休憩所(中里スキーセンター、マウンテンテラス)、実際に走っていた電車をそのまま利用した子どもたちに大好評の“ブルートレイン中里”など、いろいろなタイプがあるので、施設めぐりをするのも楽しいですよ。「ちょっと疲れたな」と思ったら、気軽に立ち寄ってみましょう。

越後中里駅直結の中里スキーセンターには、オムツ換えベッドや授乳室などもあります。

豊富な「ゲレ食」バリエーションでおなかも満足!

スキー場で食べるごはんってどうしてあんなに美味しいんでしょう!湯沢中里スノーリゾートでもゲレンデで食べられるごはん、略して「ゲレ食」は自慢のひとつ。特筆すべきはバリエーションの豊富さ。とくに、テイクアウトして楽しむ軽食、スナック類がとびきり充実しています。

薪のピザ釜で焼く本格ピッツァ、カルビクッパなど熱々メニューが食べられる屋台村、ホットサンドが絶品のオシャレカフェ、定番スナックのテイクアウトスタンドやたこ焼き屋さんなどなど、美味しそうなモノがありすぎて休憩ばかりしちゃうかも!?

もちろん、中里スキーセンター内や周辺にはレストランや食堂もあるので、ガッツリ食べたい食いしん坊ファミリーのおなかもしっかり満たしてくれます。

親子イベントでゲレンデをもっと楽しんじゃえ!

湯沢中里スノーリゾートでは、シーズン中、親子または子どもが楽しめるイベントをたくさん用意しています。毎週土日祝日は「ちびっこ宝さがし」(200円)を実施。奮って参加して、さらにたくさんの思い出を作っちゃいましょう。そのほか、下記に掲載しているイベントはすべて参加無料です。

雪上運動会

【開催日】

2018年1月3日(水)、3月11日(日) 各13時〜

ソリレース、雪玉入れ、雪上綱引きに抽選会など、盛りだくさんのまさに運動会!

ファミリーそり大会

【開催日】

2018年1月14日(日)、2月18日(日)、3月18日(日) 各10時〜

親子ペアになってソリでゲレンデを滑走!勝ち抜き戦で手に汗握る!

湯沢中里スノーカーニバル

【開催日】

2018年3月10日(土) 19時〜

湯沢中里スノーリゾートのシーズン最大のイベント!夜空に大輪の花を咲かせる花火、たいまつ滑走、きなこ餅や豚汁、地酒のふるまい、抽選会やゲーム大会も。

車でも電車でもひょいっと行って楽しめる子連れにぴったりのスキー場!

東京から車でも2時間、電車なら2時間切っちゃう!そんなアクセス至便なスキー場なら、まずは試しにと出かけることもできそうです。コモリブ限定の特別リフト券を使って、気軽におトクに子どものゲレンデデビューを飾ってみませんか?子どもの年齢にかかわらず1日まるっと銀世界を楽しむことができる湯沢中里スノーリゾート。これから冬の計画を立てるファミリーは、ぜひ検討してみてくださいね。

comolib限定2017-2018シーズンの割引リフト券販売中!

リフト1日券の通常価格は、大人4,200円、小学生2,200円。comolib限定割引の特別リフト券によって、大人2,700円、小学生1,500円で購入できます!

>>comolib限定!2017-2018シーズン 大人1,500円OFF、子供700円OFF!特別リフト1日券はこちら!

コモリブ限定の特別リフト券は枚数に限りがあるのでご利用はお早めに。

Sponsored by Smile Resort

この記事をお届けした
comolib Magazineの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!